MIRAI株式会社、ロシアにおける大規模人工光型植物工場のシステム導入、および運営コンサルティングなどの各種契約を締結

MIRAI株式会社、ロシアにおける大規模人工光型植物工場のシステム導入、および運営コンサルティングなどの各種契約を締結 – 記事

2018年10月11日(木)ロシア・モスクワで開催されたロシア農業省主催「黄金の秋2018(ロシア農業展示会)」の中で、日本の農林水産省主催の「スマート農業に関する日露農業セミナー」枠においてMIRAI株式会社(President &CEO:椎名吉夫 本社:千葉 以下「MIRAI」)は、ロシア・ATB社(CEO:SIMAKOVA MARINA)とのモスクワにおける大規模人工光型植物工場のシステム導入、および運営コンサルティングを含む各種契約の締結を発表し、その場で調印式を行いました。

ATB社は既にロシア・極東ハバロフスクにおいて1棟目にあたる人工光型植物工場を2016年春より運営しています。MIRAIの宮城・多賀城工場のシステム、工場運営をベースにしたリーフレタス日産1万株相当のシステムを導入。今回2棟目にあたるプロジェクトを再びMIRAIに依頼。

事業を行う上で、システムだけでなく、工場運営ノウハウや販売におけるノウハウの共有、ロシア国内における植物工場事業の展開を鑑み、MIRAIとのタッグを組むことで合意し、今回の契約締結に至りました。

ロシアは極東に限らず全地域において葉物野菜の品質、国産調達に課題を抱えています。課題解決をするべく、積極的に太陽光型の施設園芸をはじめ、人工光型の植物工場事業にも関心が高まっています。MIRAIは日本国内で千葉(柏の葉工場)、宮城(多賀城工場)にて葉物野菜の「生産者」であり、生産物であるレタス類、ハーブ類を販売することで工場運営から販売まで一貫した取り組みによりノウハウを蓄積しています。

日本国外においてはロシアの他、中国でもパートナー企業である「未来智農(北京)科技有限公司」を介して本年既に2件のMIRAI式システム・ノウハウの導入を実現済であり、他の国・地域においても導入に向けた覚書を交わすなど精力的に事業を展開しています。MIRAIはこれからも「植物工場」産の野菜を栽培し、広げたい、という声やそれら生産物を「買いたい」「使いたい」「食べたい」という声に対して、日本国内外問わず、あらゆる形で関わってまいります。


(写真:多賀城工場 :宮城県多賀城市 みやぎ復興パーク内 )


MIRAI株式会社の取り組み

MIRAI株式会社は2004年9月創業、現在の形での設立は2015年11月となります。自らが生産者として、植物工場で野菜を生産し市場に提供することで、全く新たな植物工場野菜のマーケットの開拓を国内外で行っており、2017年時において、50以上の食品関連企業を顧客に持っています。

同社が事業としての植物工場の成果物で注力を傾けているのが:1)安全・清潔。2)際立つ美しさ、3)可食部95%でのロスの軽減、4)均一なサイズと見栄え、5)安定した供給、6)安定した価格と7)商業利用への際適度です。

この理念に基づき、50-100倍の生産性を達成し、農薬を使わず安定した生産性と品質を保ち、日本以外でのあらゆる環境にも対応可能なシステムを構築することに成功し、従来型の野菜生産よりも水の使用量を50分の1のレベルまで軽減することに成功しました。

同社は2014年に宮城県多賀城市において経済産業省の補助事業による人口光型植物工場を完成させました。全面的にLED照明を採用し、世界最大規模のレタス1日焼く1万株の収穫を可能としました。このプロジェクトを通じて、同社はIT技術を活用した人口光型植物工場内の環境制御の最適化とエネルギー効率及び栽培効率の実現に余計財政の確保を達成しました。

スマートファクトリー市場は2017年から2022年の間に9.3%のCAGRで成長。技術、コンポーネント、エンドユーザー産... 世界のIoTに関するレポート公開中