【IoTおすすめ本】実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント-IoTで設計開発革新-

IoTおすすめ本】実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント-IoTで設計開発革新- – 記事

全社による設計開発革新で日本製造業は再びナンバーワンを目指す。SCMの成否はECMが決める!設計開発領域の標準化・システム化はこうして進める。

内容紹介

SCM(サプライチェーン・マネジメント)を最大限機能させるため、設計・開発部門を効率化するエンジニアリング・チェーン・マネジメント・システムを整備し、「売れる製品の図面を、最少資源で、最短で」アウトプットするシステムを構築する方法を唱える。

目次

  1. 第1章: 設計根拠情報データベース
  2. 第2章: 設計開発知識ベース
  3. 第3章: ビジネス情報と製品仕様のデータベース
  4. 第4章: 設計検証システム
  5. 第5章: 原価企画と原価維持
  6. 第6章: 設計文書編集システム
  7. 第7章: ECM/SCM連携システム
  8. 第8章: ECM事例

書籍情報

書籍名 実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント-IoTで設計開発革新-
著者 日野 三十四
販売開始日 2017-08-10
金額 ¥2,592(本記事記事公開時点)
ページ数 288
出版社 日刊工業新聞社

関連情報

情報の更新: 2018年11月05日現在

産業用ロボット市場、2024年末までに700億ドル超。各分野の種類別、地域別、企業別の世界予測はどうなのか? 世界のIoTに関するレポート公開中