【動画】Dr. Mohamed Madkour – 未来の狭帯域インターネット(Narrowband IoT)

Wireless Network Marketing and Solutionsの副社長であるMohamed Madkour博士は、Narrowband IoTの将来について語っています。IoTはすべての「接続」の中心にあり、通信事業者やデジタル経済を成長を目指す国々のための機会を作ります。Huaweiは、さまざまな業界団体とのナローバンドIoTに幅広く取り組んでいます。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

相互通信能力は今や必要不可欠で、それらは全ての人、モノ、さらには飼っているペットまでを繋げます。通信技術はたくさんの携帯会社や色んな国々のデジタル経済を急成長させています。

Internet of Things(モノのインターネット:https://ja.wikipedia.org/wiki/モノのインターネット)は相互通信能力の心臓部に当たります。

HUAWEL社では、「1+2+1方策」を目指し取り組んでいます。それは、
1:全てのアプリケーションの普及を広範囲の業界が管理出来るプラットフォームを目指す。
2:接続技術、というのは一つは(1)携帯通信網、(2)ルーター通信網、この2つの拡張
1:身軽なオペレーティング・システム、というのは機械からの素早い反応と経費削減
の事です。

携帯型IoTはIoTの中でもとても信頼できます。携帯型IoTはオペレーターの強化、世界的基準、広範囲の普及地域、そして様々な携帯会社の核となる事が信頼できる要素で、コミュニティの多様性の発見に繋がる重要な事です。

携帯型IoTは消費者向けビジネスと同じ社会基盤施設を使っています。
GSMAは現在50万の携帯型IT通信がされており、2020年までには30億に拡大される予定です。

通信技術は「低電力広範囲相互通信能力」が使われています。これらは4つの要素があります。

  1. 幅広い主神地域
  2. 簡単な取り付け
  3. 多大なバッテリー寿命
  4. 手頃な価格の部品

現在の通信技術には、低電力広範囲相互通信能力が備わっていなく、無許可のIoT技術はこれらに相応しくありません。

HUAWEI社は大規模なナローバンドIoT技術に取り組んでいます。以下の事に取り組んでいます。

  1. 業界団体のサポート
  2. 業界標準の社会基盤施設(インフラ)
  3. 不安定な産業界のサポート
  4. 産業界での生態系を考えること

ナローバンドIoT技術はとても理想的な技術で、理想的ではなく現実的です。ナローバンドIoTは未来の通信技術を代表すると言えるでしょう。

HUAWEIについて

HUAWEI社は1987年に中国、深センに設立された従業員持株制による民間企業であり、世界有数のICTソリューション・プロバイダーです。HUAWEI社は通信事業者、企業、消費者の皆様に最大の価値をもたらすべく、競争力の高い製品やサービスを170か国以上で提供し、世界人口の3分の1にもおよぶ人々のICTソリューション・ニーズに応えています。
詳しくは、 http://www.huawei.com/us/ をご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

エネルギー、公益事業分野に変革をもたらすAI。再生可能エネルギー管理、需要管理、インフラ管理で進むAI技術を調査 世界のIoTに関するレポート公開中