スタイリッシュに家を管理。米国で大人気なHive Viewスマートカメラ

スタイリッシュに家を管理。米国で大人気なHive Viewスマートカメラ – 記事

Hive Viewは、スマートホームブランド「Hive」の事業であるCentrica Connected Homeの屋内スマートカメラです。
インダストリアルデザイナーのYvesBéharがデザインしたカメラは、コンパクトでエレガントなデザインに最先端のテクノロジーと処理能力を備えています。カラーはブラック&カッパー、ホワイト&シャンパンゴールドの2色展開です。

Hive Viewと他の製品の大きな違いの1つは、「グラブ・アンド・ゴー」と呼ばれる機能です。キューブ型カメラは、マグネット式スタンドに設置されていますが、スタンドから取り外して家のどこにでも置くことができます。Wi-Fi接続と1時間の充電可能なバッテリーは、Logitech CircleやGoogleクリップのような永続的なモニターなしに、家族の一瞬を捉えることができます。

スタンドは270度回転します。前方と後方の動きがさらに増え、柔軟性がさらに高まります。Hive Viewには130度の広角レンズと最大1080pの解像度を持つHDビデオが搭載されており、最大8倍デジタルズームが可能です。他にもナイトビジョン、侵入者検出、内蔵マイクとスピーカー、デュアルバンドWi-Fiなど現代の屋内スマートカメラに期待される機能がすべて揃っています。

Hive Viewの機能はすべてHiveアプリで直感的に制御されます。ビデオ品質をデフォルトの720pから1080pに切り替え、画像の回転、ナイトビジョンの切り替え、動きや音の検出感度の変更、通知オプションの変更をすることができます。
動画は、Hiveアプリにライブストリーミングされ、スマートフォンでチェックすることができます。過去24時間の録画を再生したり、スマートフォンにダウンロードして後で見ることも可能です。

Hive Viewは、人物や動き、音が検出されたときに録画を開始し、スマートフォンに通知を送信します。また、人だけを検出し、ペットを除外するように設定することができます。
プライバシーを守りたいときは、Hiveアプリからプライバシーモードをオンにするとカメラがオフになります。また、カメラを動作させるスケジュールを設定し、スケジュール設定したときだけモニターすることも可能です。

双方向オーディオを搭載しているので、Hiveアプリのマイクボタンをタップし、家にいる子供たちや犬に話しかけることができます。

参考リンク

5Gの位置づけ:通信事業者のケーススタディ – 5Gの準備段階にある主要なモバイルデータ事業者の18のプロフ... 世界のIoTに関するレポート公開中