世界で最も注目すべき10のスマートシティ。日本は何位?

世界で最も注目すべき10のスマートシティ日本は何位? – 記事

世界各地のスマートシティが絶えず変化する中で、どれを選ぶかは難しいですが優れたものをいくつか紹介します。以下の10つのスマートシティは、それぞれユニークで素晴らしいです。

1. シンガポール

シンガポールは1960年代からスマートな都計画の最前線にいました。その戦略は、リアルタイムの情報を収集するために都市全体のセンサネットワークを使用し、都市をインテリジェントな国家へ変えることです。

2.東京

世界最高のテクノロジー企業とさまざまな企業間のコラボレーションが、世界で最も人口の多いこの都市をさらに次のレベルへと引き上げました。鉄道システムのスマート機能によって、年間140億人の移動をより良い体験へと変えています。

3.バルセロナ

バルセロナのスマートな駐車システムにより、年間3650万ユーロを生み出すことができています。その他にも、自転車の共有プログラム、スーパーブロック(歩行者優先政策が適用される場所)、EVなどのクリーンな交通機関を促進しています。

4.ストックホルム

ストックホルムはスマート・グリーン・パーキング・システムが評価され、2009年にインテリジェント・コミュニティ・オブ・ザ・イヤーに、2010年にはヨーロッパのグリーン・キャピタルと宣言されました。駐車場のメーターはペーパーレスで完全にデジタルとなっています。

5.ロンドン

ロンドンの革新的でスマートな都市政策は、スマートな駐車システムと地下のWiFiが全体的な移動手段を向上させる一方、スマートな支払いシステムを介して、バス、列車、さらには共有車両のより良いネットワークをもたらしています。

6.パリ

パリは観光名所としてだけでなく、スマートな都市でも高い評価を受けています。公共交通機関には、自転車共有プログラムVelibが含まれており、同様のEVプログラムが進行しています。大規模なメトロシステムや高速列車に加え、大量輸送にはクリーン燃料が使用されています。

7.テルアビブ

機動性は、テルアビブのスマートシティプログラムの中核のテーマの1つです。 13歳以上の市民はDigi-Tel Clubに登録することができ、通常の旅行に基づいて交通情報などの個人情報を受け取ることができます。

8.サンフランシスコ

シリコンバレーを裏庭とする同市の機動性は、他とは少し異なっています。通勤車から車輪に至るまで、さまざまな通勤システムに加えて、スマートなパーキング、車の共有、公衆充電ステーションの幅広いネットワークを提供しています。

9.ニューヨークシティ

シスコやシティ24/7、IBMなどのスマート・テクノロジー企業との提携により、ニューヨークは世界で最もスマートな都市として2年連続で宣言されました。さらに同市は、すべての住民にインターネットアクセスを生成することによって、デジタル格差を緩和したいと考えています。

10.メデイン

メデリンは2021年までに最も革新的なラテンアメリカの都市になるという野望を持っています。ケーブルカーが最も貧しい地域と中心都市とを結び、メトロの使用は文化の創造や、イノベーションや技術や科学を加速させるさまざまなプログラムによって、盛り上げられています。

原文はこちら: 10 Smart Cities to Watch

AIの普及により高まるハイエンドプロセッサの需要。AI時代の新しい半導体産業の方向性 世界のIoTに関するレポート公開中