Huawei、IoTクラウドサービス2.0を発表し、接続性、クラウド、インテリジェンスを組み合わせて産業用IoTを実現

Huawei、IoTクラウドサービス2.0を発表し、接続性、クラウド、インテリジェンスを組み合わせて産業用IoTを実現 – 記事

HUAWEI CONNECT 2018で、Huaweiは正式にIoTクラウドサービス2.0をリリースし、IoT戦略(IoTインフラの提供とエコシステムの構築)を発表しました。拡張接続、クラウドサービス、およびAIを通じて、Huaweiはより強力な産業用IoTを構築し、業界のデジタル化を可能にします。

Huaweiが発表したグローバル産業ビジョン(GIV)2025レポートによれば、2025年に接続デバイス数は1000億に達すると予測されています。業界のアプリケーションでは、多数の高い価値のある接続が発生します。すべての意識と認識から生み出されたデータは、各産業が産業イノベーションを促進し、産業効率を改善し、産業の向上を促進するために完全に利用されます。

IoTインフラストラクチャを構築するための重要な要件は、接続を拡大し、クラウドサービスを強化し、AI機能を向上させることです。Huaweiは、すべての信頼性の高い相互接続性を実現し、クラウドサービスによる迅速なサービス展開とグローバルな到達性のサポート、業界パートナーがIoTアプリケーションを収益化するためのAI機能を向上させることを目指しています。Huaweiは過去30年間に培った通信技術でこれを実現することができます。

– 拡張接続:すべての信頼性の高い相互接続性を可能にします

接続はIoTの基礎です。Huaweiは、安全な基盤を構築するために、接続数を増やすことを目指すだけでなく、ネットワーク全体で継続的なカバレッジ、スムーズな進化、セキュリティ、および信頼性を達成できる管理可能で制御可能な接続を追求します。Huawei NB-IoTは低消費電力、広いカバレッジ、大容量を特長とし、5Gへのスムーズな進化をサポートします。Huaweiは成熟したオープンエコシステムを構築し、チップセット/OS、データ伝送、IoTプラットフォームをカバーするエンドツーエンドのセキュリティソリューションを提供しています。現在、Huawei IoTプラットフォームに接続しているデバイスの数は世界で2億台に達しており、そのうち900万台のIoTデバイスがChina Telecomのe-サーフィンクラウドに接続されており、世界中に100万台のスマートシテイインフラストラクチャデバイスが接続されています。

– クラウドサービスの高度化:ユビキタスIoTサービスの提供

将来的には、IoT接続の必要性は非常に高いでしょう。IoTクラウドサービスを強化する鍵は、いつでもどこでも利用できるようにすることです。
オーシャンコネクトIoTプラットフォームとオーシャンコネクエッジの連携により、カバレッジ、弾性サービス、統一された管理、サービスコラボレーション、データ連携が可能になり、IoTクラウドサービスがネットワークセンターからエッジにまで拡張されます。

AI機能の強化:IoT値の再構成

接続によって得られる大量のデータには、価値を生成するためのインテリジェントな分析が必要です。インテリジェンスは、IoTを収益化するための重要な技術です。「インテリジェンス」は、ネットワークセンターとエッジのアルゴリズム、およびデバイスの認識です。デバイスは、感覚器官が人間にとって何であるかを知的システムに向けるものです。目は、人間が情報を入手するために最も重要で効果的なツールです。したがって、完全に接続されたインテリジェントな世界のための「目」として活用することによって、スマートカメラは、産業IoTの情報を入手する貴重なツールになり、産業がより大きな価値を生み出すようになります。Huaweiは、AIチップセット、ソフトウェア装備のインテリジェントカメラ、エッジビデオ分析、オーシャンコネクトAIに多額の投資を行ってきました。Huaweiは、AI機能を進化させることで、業界のパートナーがIoTアプリケーションを収益化するのを支援します。

HUAWEI CONNECT 2017に、HuaweiはIoTクラウドサービス1.0(DMPとAEP)をリリースしました。Huaweiは、HuaweiのIoTインフラストラクチャ機能(接続性、クラウド、インテリジェンス)をより簡単に利用できるように、IoTクラウドサービス2.0をリリースしました。

第一に、デジタル化を完遂することを望む業界では、Huaweiは、接続車両、インテリジェント交通機関、スマートシティ、スマートキャンパスなどの事前統合された業界スイートとプラットフォームクラウドサービスを提供しています。
業界のパートナーは革新的なアプリケーションをより迅速に柔軟に開発できます。
さらに多くのシナリオを検討して、AI機能を統合する新しい価値のある業界ソリューションを特定することができます。

第二に、より多くの業界にまたがる接続を拡大するために、Huaweiは、IoTデバイスをよりシンプルで安全で費用対効果の高い方法でネットワークに接続できる、安全で信頼性の高い軽量デバイス管理サービスであるIoTハブという軽量クラウドサービスをリリースしました。

第三に、エコシステムパートナーを促進するために、Huaweiは、統合開発、導入、O&Mツールによる製品の革新、展示、取引のためのオーシャンコネクトマーケットをリリースしました。

Huawei Cloud Core Network Product Lineの社長、Michael Ma氏は次のように述べています。

「Huaweiはパートナーと手を組んで、IoTとインテリジェンスを組み合わせて産業IoTを促進し市場を拡大したいと考えています。Huaweiとパートナーは、完全に接続されたインテリジェントな世界のための提唱者とファシリテーターになることができます。」

HUAWEI CONNECT 2018は、HuaweiのICT業界における世界的な年次総会として、上海で2018年10月10日から12日にかけて開催されました。この会議では、顧客と協力して、新たな機会を創出し、賢明な未来を創造します。詳細については、以下をご覧ください。
https://www.huawei.com/cn/press-events/events/huaweiconnect2018?ic_medium=hwdc&ic_source=corp_banner_allwayson&source=corp_banner

注釈

  • 「産業用IoT」
    https://japan.zdnet.com/article/35124001/

    産業用IoTソフトウェアプラットフォームのリーダー企業とその強みとは–Forrester

    Forrester Researchによれば、産業用モノのインターネット(IIoT)関連の技術は急速に成熟しつつあり、この市場をけん引している企業(C3 IoT、IBM、Microsoft、PTC、SAP)は、アナリティクス、エンタープライズソフトウェアとの統合、デジタルツインなどの分野に強みを持っているという。
    同社は「Forrester Wave」のレポート(同社が作成している、IT分野のさまざまな市場のベンダーを評価するレポート)で、この市場をけん引しているリーダー企業としてC3 IoT、IBM、Microsoft、PTC、SAPを挙げた。
    これらの企業の共通点には、パブリッククラウドへの対応、アナリティクスを扱う能力、APIを使用した統合などを提供していることが含まれる。また興味深いのは、C3 IoTなどの一部の企業は、産業用IoTのアナリティクスの部分に取り組みを集中させ、実際のデバイスの接続といった部分は、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどに任せていることだ。C3 IoTは、AWSとAzureの両方のパートナー企業となっている。
    Forresterは、産業用IoTプラットフォーム市場を以下の図のように見ている。

    Forresterの各ソフトウェアベンダーに対する評価は、各社が現在提供している製品、戦略、市場プレゼンスなどの要素に基づいている。また戦略と製品はコンポーネントに分割され、重み付けした上で評価されている。例えばC3 IoTは、コネクティビティ機能、管理コンソール、セキュリティ、データ、サービスなど複数の面で高い評価を得ている。

原文はこちら: Huawei Releases IoT Cloud Service 2.0 to Enable Industrial IoT by Combining Connectivity, Cloud, and Intelligence

Huawei、IoTクラウドサービス2.0を発表し、接続性、クラウド、インテリジェンスを組み合わせて産業用IoTを実現 世界のIoTに関するレポート公開中