リーン生産ラインの改善のためにIIoTを活用する4つの方法

リーン生産ラインの改善のためにIIoTを活用する4つの方法 – 記事

Industrial Internet of Things(IIoT)は、無限大のように見えるデータを企業が収集し、保存することを可能にします。梱包ラインマネージャー、プロジェクトマネージャー、工場マネージャーは、これらのデータを、パフォーマンス、生産性、ライン機器向上に役立てられます。このデータを手に入れることで、工場全体のパフォーマンスやプロセスの改善に関するより良い決定を行うことができるのです。
しかし、自動化とデータ収集と分析などの直接的なアプローチが苦手な人には、問題の原因を特定するために必要な洞察を速やかに提供する必要があります。
データが有益とはいえ、工場管理者や経営幹部にとって、判断を下すための適切なデータを収集することは難しいのです。以下より、そのような場合にも役に立つデータ使用の4つの方法を紹介しましょう。

これまで以上に有用なデータを収集する

データを収集する優れた技術がなければ、メーカーは1ヶ月分のデータを収集するのでさえ難しいでしょう。 IIoTの使用方法が進歩することによって、問題の原因を解決するために、1分間隔もしくは1秒間隔のデータでも掘り下げることが可能となります。
クラウドに接続されたあなたのプリンターは、そのデータ管理技術によって、膨大なデータを保存することが可能となるでしょう。測定を合理化し、単純化されたデータをクラウドに直接送ることで、データ収集からデータ分析へのリソース負荷がシフトします。これらのツールにアクセスできるメーカーは、その情報をきめ細かく把握し、長期的な傾向とリアルタイムの傾向を特定することができるのです。

データ収集から推測作業を単純化し、削除する

データの収集と管理のため万能な方法はありません。実際、最初にどのデータを取り込むべきか、そのデータで何をすべきかと、多くの人が同じように問題を抱えます。多くの工場では、データを取得することとそれらを理解することはとても複雑なことだと考えられています。
しかし、データ管理技術を活用し、すでにクリーンで一貫性のある使用可能な形式でデータを抽出することで、たった1回のプロセスで全てに対応することができるのです。そのようにして、工場管理者は、主要な問題と根本原因を特定することができます。

信頼性を高めるためにデータのばらつきを抑える

IIoTによって可能になった技術がなければ、区別できないデータは数え切れないほどあります。完了までに数秒かかるプロセスを想像してみてください。人がストップウォッチでプロセスを測定すると、残念なことに、反応時間は人によって異なり、測定しようとしている変動と同じくらい不正確なデータが生まれる可能性があります。測定値にばらつきがあると、そのデータは無駄になるのです。しかし、自動データ収集では、人間の反応時間や知覚の不一致に関連する無駄をなくすために、これらのばらつきを完全に理解し管理することができます。

梱包ラインの生産性と効率を向上させる

データ視覚化とソフトウェア分析を提携させることで、リーン生産がどこよりも速く改善する可能性があります。製造者はこれまで以上に多くのデータを収集し、その情報を解釈し、生産ライン上の問題や根本原因を特定することができるようになるからです。
さらに、データ視覚化およびソフトウェア分析は、データの収集や一貫性や正確さをさらに向上させます。自動的に収集されたデータの奥行きと細かさは、採用者が関心のある領域をより素早く特定し、無駄を減らし、改善活動の優先順位を決めることに役立ちます。また、問題をより早く特定することで、それに対する措置を速やかに実施することができ、より確実に効果的かつ一貫した結果を得ることができます。
リアルタイムでデータを受信することで、現在マニュアルで行われているプロセスを自動化できるようにします。たとえば、Kanbanでデータを監視する場合など、生産プロセスで、より多くの閉ループフィードバックシステムを作成する機能をエンジニアに提供します。データ管理技術はまた、kanbanシステムを起動して各ラインの効率を高める、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェアに警告を出すこともできます。
IIoTは、ビジネスの全体像を変えています。メーカーはこれまで以上に多くのデータにアクセスできるようになります。また、洗練された自動化によってライン上で無限のデータを保存できるようになりましたが、データを有効にするのに役立つデータ管理技術を採用することは、製造元にとってまだ難しい問題です。しかし、データ管理技術を早期に採用した人は、データ自動化の拡大とそれに伴う可能性を見出し、ビジネスとリーンプロセスを改善し、収益を上げる方法を見つけています。

原文はこちら: 4 Ways to Leverage IIoT for Lean Packaging Line Improvements

セルラーIoTと低電力ワイヤレスネットワークの最新動向と発展を分析。中国で新しい波が起こると予測 世界のIoTに関するレポート公開中