ClevAirが最も優れたビルマネジメント・ソリューションである4つの理由

欧州委員会の調査によると、ビルからのエネルギー消費は、ヨーロッパの40%を占めています。全米でのCO2排出量は36%ですので、米国と非常に近い数字です。私たちはこの地球の天然資源を食いつぶし、同時にまた、多くのお金を失っているのです。ビルは商用・居住用であり、医療関係施設、ホテル、教育機関、ショッピングモール、企業オフィス等が含まれていますが、ビル管理はそれぞれ独自の方法で行われています。

つまり、これらのビルには適切なビルマネジメントシステム(BMS)が必要なのです。この時代の流れにのって、よりスマートな管理が必要です。よりグリーンな、エネルギー効率が良く地球に優しい管理方法は、財布にも優しいのです。

新しく建築されるビルはスマートな技術を採用しているのですが、問題となるのは、現存するビルの大部分を占める、古いビル設備です。膨大なエネルギー浪費の主な原因となるのは、照明と換気空調システム(HVAC)です。暖房と温水だけで見ても、ビルの総エネルギー使用量の60%に達しています。ビルマネジメント最適化の機は熟しているのです。

設備マネジメントはただ高価で利益を生まないものではありません。既にご存知かもしれませんが、「エネルギーを最も消費している場所はどこなのか?」「エネルギー節約のためにはどうしたらよいのか?」「自らの二酸化炭素排出力が国家的なベンチマークと比べて多いのか少ないのか?」というような質問の答えは全て、ビルのデータの中に隠れているのです。Continental Automated Building Association(CABA)のCEO、Ron Zimmer氏は、このデータはゴールドに匹敵するものだとしています。ここにあなたのビジネスの将来を左右する大きな価値があるのです。

どんなビジネスでも

ビル内のすべてのマシンとデバイスはデータを生成しています。そのデータは、一旦引き出されると、その活用の可能性は無限に広がります。IoTにより、このようなデータの抽出と収集が可能になりました。そのデータをさらに、私たちが理解出来るような実用的で合理的なものにしてくれるのがスマートプラントなのです。

これはIoTソリューションのもたらす最初の特質であり、ビルマネジメントソリューション(BMS)はまた別のものです。

  1. 無秩序なデータから有益な情報へ

    あなたのビル設備から抽出される生データは、実際のところ、1と0の無秩序な羅列に過ぎません。一歩進んで解読を進めてもなお、苦痛なほど長いテーブル上の1ポイントにしかならないのです。重要なのは、このデータを意味のあるものにし、それに基づいて行動したり理解したりできる有益な情報に変換することです。そしてビルをより効率的に管理し、同時にコストを節約したいと考えているでしょう? ClevAir のダッシュボードはまさにそのためのものです。

    そのインターフェイスを見れば、施設内のどの部分がどのような室内気候(湿度レベル、温度など)の状態にあるかが分かります。施設内の全ての場所からのセンサーデータのような情報がすべて1つの画面に集約されていますので、簡単に理解でき、洞察を促します。情報は明確に表示され視覚的にも優れています。

  2. 予知保全の実現

    悪い知らせがない人生を想像してください。あなたの施設のHVACシステムに関連する悪い知らせのことです。「コンプレッサーは動作を停止しました。」「フロア1は冷却されていません。」というような警告や、レストランの客がネクタイをゆるめて、店内が暑いとクレームを言う、というような事態がなかったら、どんなに素晴らしでしょう! HVAC機能の問題は、絶対に見つけられないような小さなものに起因することがあるのです。幸運なことに、ClevAirのプラットフォームでは、どこにある、どのデバイスが、いつ、不具合を起こしそうなのか、を予測できるアルゴリズムを持っているのです。

    このような情報を使用すると、事前に点検およびメンテナンス作業を行うことができるため、人々の快適さを維持し、室内設備の中断を防ぎます。これにより、高価な設備の交換に費やす負担が軽減されるだけでなく、資産の長寿命化にもつながります。さらに、設備の運用を停止することなく、適切な職員を配置するのに十分な時間をかけることが出来ます。そのうえ、デバイス/システムのダウンタイムに関連する費用も節約出来るのです。

  3. 既存システムとシームレスに統合

    デジタル化を採用する上で用心しなければならないのは、既存設備との統合です。 IoTの新興企業は、優れた接続システムのアーキテクチャーを持っているかもしれませんが、建築時においてのみインストール可能であり、それ以外の場合は配置に数週間又は数か月かかってしまうことがあります。さらに既存の設備の置き換えが必要で、非常にコストがかかります。

    しかし、スマートプラントは、最新のターンキーソリューションにより、既存のHVACシステムやその他既存のデバイスと統合が可能です。施設の新旧・サイズにかかわらずです。このタイプのプラグアンドプレイソリューションは、資産の最適化に極めて有効で、多大な時間の節約に繋がります。このソリューションは既存の制御システムに組み込まれ、設備からのすべてのデータを安全に収集・処理・出力します。

  4. 小さなステップから大きな跳躍へ

    最後に、これがいかに冒険的な一歩であるかはわかっています。多くの企業は依然として、スマートテクノロジと既存の設備に組み込むことは挑戦的な課題だと考えています。しかし私たちが完全にそれを理解出来たのは良いことです。今日の職場ではスタッフの訓練や学習の余地がありませんが、ビルマネジメントシステムのClevAirは、これまでのスタッフの努力を改善し強化するものです。しかし、このソリューションの最も魅力的なのは、それがオールインワンのソリューションではないということです。逆に巧妙にモジュール化されており、このため、最初は最小限に抑えて導入し、ビルの管理でどのように機能しているかをテストし、ROIを視覚化し、必要に応じてモジュールを追加して機能を増やすことができるのです。さらに、必要な場合はいつでもサポートを受けることが出来ます。

デジタル化された近代的な設備を取り入れることに伴うコストと労力は、思ったほど恐ろしいものではありません。現実的には、長期間に渡る無駄のないソリューションであり、高コストなメンテナンス、ダメージコントロール、或いは設備更新から解放されるのです。優先順位を決めて必要に応じた決断をすれば、デジタル化された新しい時代につき進むことが出来るのです。

原文はこちら: 4 Reasons ClevAir is Your Best Solution for Building Management

世界中でテストされている5G。その技術情報、テスト方法、投資情報を分析 世界のIoTに関するレポート公開中