【株式会社キャプテンインダストリーズ】新技術『トライステート・テクノロジー』を採用  汚れに強いガラススケール 「ファゴール(FAGOR)G3, S3タイプスケール」

株式会社キャプテンインダストリーズ】新技術『トライステート・テクノロジー』を採用  汚れに強いガラススケール 「ファゴール(FAGOR)G3, S3タイプスケール」 – 記事

2018年11月1日開幕するJIMTOF2018当社ブースで発表・販売開始

世界各地からハイエンドな工業・産業用周辺機器や各種ツール・ソフトウェアを輸入販売している技術商社の株式会社キャプテンインダストリーズ(東京本社:東京都江戸川区、取締役社長:山下 宏、資本金:9,800万円)は、工作機械やロボットなどの位置決めなどに用いられる精密な物差しであるガラススケールの耐環境性能、耐振動性能、繰り返し精度を進化させた、汚れに強いガラススケールの新商品「ファゴール(FAGOR)G3, S3タイプスケール」を2018年11月1日開幕の「JIMTOF2018 第29回日本国際工作機械見本市」当社ブースで発表、日本国内で販売開始いたします。

なお、同日同時発表いたします、NGを出さない機上計測「インサイトゲージングシステム」のいち測定ツールとしても推進し、工作機械やロボットの位置決めなど精密測定が必要なあらゆる分野の製造工場をターゲットに販売します。


汚れに強いガラススケール-1

ファゴールG3, S3タイプスケール

https://www.capind.co.jp/product/detail.php?id=157

当社扱いリニア、回転スケール

https://www.capind.co.jp/product/search.php?cid=49#93

商品特徴

・大きく進化した耐環境性
計測するためのセンサーには光学式と磁気式があり、それぞれのメリットとデメリットがあります。光学式は、応答性に優れ、高分解能で高精度という特徴がありますが検出信号が光なので、複雑で耐環境性では弱いところもあります。磁気式は、光学式ほど高分解能ではないですが、シンプルでコンパクト、そして何よりも堅牢で、耐久性がある点です。
その双方の利点をいかす汚れに強い新技術『トライステート・テクノロジー』、ガラススケールにおけるCCD光源反射型技術、アブソリュートコードの完全比較による絶対位置検出技術を採用するとともに、ガラスと読み取り部間の距離を約3mmに拡張したことで、ガラス面に付着した汚れや液体による読み取りエラー発生率を25%改善しました。

・更に強化された耐振動性
耐振動性を30G(固有振動数:3,000Hz)に強化しました。
これにより切削中の振動による各種問題が解消され“安定と安心”が設備の生産性に貢献します。

・極めて正確な繰り返し精度
繰り返し精度は0.3μm以下。
更に高精密な微小線分切削が可能となり一歩進んだ精密加工の実現に貢献します。

詳細情報はファゴールG3, S3タイプスケール
https://www.capind.co.jp/product/detail.php?id=157

用途

工作機械やロボットの位置決めなど、精密測定が必要なあらゆる分野の製品

Fagor(ファゴールオートメーション)社について

ファゴールオートメーションはAotekという専門の研究センターを持ち、光学・電気・機械の分野で多くの特許とカスタマイズされたソリューションを生み出しています。また、品質・信頼性を確保するために、最新技術をベースにした生産技術と各種の検査技術を活用しています。
【出荷開始】 2018年11月

関連リンク

株式会社キャプテンインダストリーズ公式サイト: https://www.capind.co.jp/
当社Facebookページ: https://www.facebook.com/Captain-Industries-610184149084863/

会社概要

社名 : 株式会社キャプテンインダストリーズ
所在地: 〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-8-8 キャプテンビルディング
代表者: 取締役社長 山下 宏
資本金: 9,800万円
URL  : https://www.capind.co.jp/


FAGOR AUTOMATION社取扱商品

FAGOR AUTOMATIONは、スペイン・バスク地方を本拠とするMondragon Corporation傘下の企業です。兄弟会社のFAGORはスペイン最大、EU圏第5位の消費者向け電化製品を製造しており、同社は洗濯機、冷蔵庫、オーブンなどで知られたブランドです。
FAGOR AUTOMATIONは研究開発に力を入れており、同社の研究施設は85名のエンジニアと6名の博士を擁しており、毎年利益の10%以上を研究開発に費やしています。この研究拠点から開発にこぎつけたのが、今回日本でも販売を開始する線形フィードバックシステムで使用されるリニアグラスを製造するフォトリソグラフィの為の新しい設備です。
同社は、コンピューター数値制御システム(CNC System)、リニア及び角度・ロータリーエンコーダー、デジタル読み取りシステム(DRO System)分野を主要分野としており、日本に輸入されている製品には、アブソリュート方式のリニア・エンコーダの目盛りつきガラス・スケール、目盛りつきスチールテープ・スケールや、アブソリュート方式アンギュラのロータリーエンコーダ、目盛りつきガラスディスク、LAシリーズリニアエンコーダ(長尺対応のスチールテープ・スケール・タイプ)があります。
その他、FAGOR AUTOMATIONの提供する製品・システムには、リアルタイム・コントロール・ソフトウェア、オプト・エレクトロニクス、3Dシュミレーション・ソフトウェア、電磁気分野、などがあり、Industry 4.0に対応したソリューションを提供しています。

公式プレスリリースはこちら: 新技術『トライステート・テクノロジー』を採用  汚れに強いガラススケール 「ファゴール(FAGOR)G3, S3タイプスケール」

様々な分野で使われるAI。消費者、企業、政府部門の154のユースケースと29の業種における市場予測 世界のIoTに関するレポート公開中