TechShare, DOBOT Magician用ロボットビジョンシステムDO Vision販売開始のお知らせ

TechShare, DOBOT Magician用ロボットビジョンシステムDO Vision販売開始のお知らせ – 記事

TechShare株式会社(本社:東京都、資本金:2000万円、代表取締役:重光貴明、以下「TechShare」)は、TechShareのロボットビジョン製品のオリジナルブランド「DO Vision」シリーズ製品の第1弾となるDOBOT Magician用ロボットビジョンエントリーキットの予約販売を2018年10月15日付で開始したことをお知らせいたします。

今回、販売を開始したDOBOT Magician用のロボットビジョンエントリーキットは、ワイドダイナミックレンジの200万画素のインダストリ―カメラ、光学レンズ、専用カメラスタンド、水平器などがセットとなったキットです。

DOBOT Magicianのような小型ロボットアームでは、どこにでも持ち運べて設置できるメリットはあるが、その反面、設置の度にカメラとロボットアームの相対的な位置関係を調整する必要があり、また、一旦固定した位置関係が簡単にズレてしまうことも多く、カメラの設置や調整の作業に想像以上の工数が必要となります。

DO Vision ロボットビジョンエントリーキットでは、カメラ位置とDOBOT Magicianの相対的な位置関係の調整が簡単にできるように、自社開発の専用カメラスタンドを採用しています。このカメラスタンドの台座には、DOBOT Magicianがすっぽり入る形状になっており、スタンドのブームの高さ、角度とカメラ設置位置を同一に調節するだけで、同一の相対位置が簡単に確保できる構成となっています。

更に、追加カメラと取付アームの追加オプションも用意されていますので、ピックアップエリアとプレイスエリアに2つのカメラが必要なケースなどにも対応することができます。

また、本キットで採用されているインダストリーカメラは、ローライト環境に対応したワイドダイナミックレンジのカメラを採用しています。十分な照明がない環境でも撮影可能で、2.8mm-12mmの光学レンズが搭載されているので、ズーム、絞り及びフォーカスが手動で調整可能です。手動調整できるので、意図しないオートフォーカスなどの自動機能で起こるビジョンプログラム側のトラブルを回避し、利用環境や用途に合わせて簡単にカメラ設定を調節できます。

本キットには、利用サンプルとして、Pythonプログラムも付属されているので、DOBOT MagicianとビジョンシステムをPythonプログラムで利用する方法で学習することも可能です。

DO Vision 固定インフラカメラ型ロボットビジョンエントリーキット

固定インフラカメラ型ロボットビジョンエントリーキット (品番TSI-DV001-01) ¥98,000-

1) インダストリーカメラ
2) 1.5m付属USBケーブル
3) 専用スタンド
4) 水平器
5) Pythonサンプルプログラム

追加インフラカメラキット(品番TSI-DV001-02)   ¥64,800-

1)インダストリーカメラ
2)1.5m付属USBケーブル
3)固定インフラカメラ用追加アーム
4)水平器

※本追加インフラカメラキット利用のためには、DOBOT Magician用固定インフラ型ビジョンキットに
付属の専用スタンドが必要です。

販売予約受付サイト:https://www.physical-computing.jp/
出荷開始時期:2018年11月20日(予定)

TechShareの代表取締役 重光貴明は、下記の通り述べています。「DOBOT Magicianのような小型ロボットアームが実際の作業現場で利用されるためには、実用的で低価格のロボットビジョンシステムが不可欠です。今回、販売を開始するDO Visionシリーズ製品は、小型ロボットアームに特化した当社オリジナルブランドのロボットビジョン製品です。TechShareでは、現在、複数の自社開発プロジェクトを進めており、今回販売を開始したインフラ型のビジョンシステムだけでなく、アーム先端にカメラを取付けるビジョンヘッド型、市販の画像認識カメラや深度センサーを利用したものなど様々な製品のリリースを予定しています。DO Visionシリーズの製品が、小型ロボットアームの更なる普及に貢献できることに大きな期待を持っています。」

今回販売を開始したDO Visionロボットビジョンエントリーキットの製品は、2018年10月17日~21日の期間中、東京ビッグサイトで開催されるWorld Robot ExpoのTechShareブースで製品展示を行います。

イベント名:World Robot Summit
開催期間:2018年10月17日~21日
会場:東京ビッグサイト 東6ホール
ブース番号:World Robot Expo E-01
URL: http://worldrobotsummit.org/

今後の販売については、TechShareの通販サイトPhysical Computing Labや直販の他、DOBOT Magician販売店、エンジニアリングパートナーなどを通じて、順次販売していく予定です。

TechShareについて
社名:TechShare株式会社
所在地:〒135-0016 東京都江東区東陽5丁目28-6 TSビル
設立:2012年1月
資本金:2,000万円
代表者:代表取締役 重光 貴明

TechShare株式会社は、シミュレーションソフトウェアとオープンソースハードウェア関連製品の開発・販売と受託開発・技術研修などの技術サービスを提供する企業です。物理シミュレーションや振動解析等のソフトウェア販売事業、Arduino、Raspberry Pi、BeagleBone、Tinker Board、LattePanda等のシングルボードコンピュータ及び量産用カスタムボード等の販売事業、ロボットアームや自律走行ロボットなどのロボット製品販売事業を3つの核として事業展開しています。自動車、建設機械メーカーから、ソフトウェアハウスや開発ベンチャー、官公庁、大学・高専等の教育機関まで、幅広い顧客にサービス提供しています。

オープンソースハードウエア事業関連サイト:http://www.physical-computing.jp/
TechShare公式サイト: http://www.techshare.co.jp/


TechShare株式会社取扱商品

TechShare株式会社は、Mathworks 日本法人にて、インダストリー・マーケティング担当のシニア・マネジャーであった重光貴明が、2012年に設立したベンチャー企業で、モデルベース開発のエキスパートです。
ソフトウェア・シュミレーション、シングルボード・コンピュータ、ロボット・プラットフォームを3つの核事業として展開し、これら技術の普及活動にも注力しています。
LEGO Mindstormsを使った制御テキスト、EV3回転型倒立振子セット、EV3車両運動制御セットなど、制御やモデルベース開発を学ぶ為の教育教材の開発や、オープンソース・ソリューションを利用したPBL教育ツール、プログラミング教育ツールなど、理工系大学の講義で使用されるクラスルーム・ソリューションを提供しています。又自社でも、TechShare Collegeを通じて、MATLAB/Simulinkを利用したモデルベース開発を 実践するために必要なスキル習得を支援するMBDエンジニア養成コース、MAABガイドラインコース、MBD実践コースなどを提供しています。
2016年8月より、Raspberry Pi、BeagleBoneの製品量産向けのカスタムボード製造サービスを展開していますが、2017年同社のカスタム版BeagleBone Greenがインフィックス(株)がサービスを手がけるIoTプラットフォーム「CareEye」の量産に採用されました。

公式プレスリリースはこちら: TechShare, DOBOT Magician用ロボットビジョンシステムDO Vision販売開始のお知らせ

IIoTで農業機器のリアルタイムデータを収集し、農業の生産性を向上させる 世界のIoTに関するレポート公開中