Carl Data Solutions、機械学習を改善するカスタムコントロールシステムを完成

Big-Data-as-a-Service(「BDaaS」)系開発者であるCarl Data Solutions Inc.(CSE:CRL)(FSE:7C5)(OTC:CDTAF)(以下「Carl」または「Company」) データインテグレーション、ビジネスインテリジェンス、インダストリアルインターネットオブソーツ(IIoT)アプリケーション向けのソリューションは、廃水インフラを監視し、機械学習製品を改良するためのEU Grant資金提供研究の一環として、独自の閉鎖制御システムを完成させました。

この低電力の高精度システムは、Carl Dataのハードウェアテレメトリー部門責任者であるAttila Bene氏によって設計され、構築されました。 制御システムは、利用可能な最新の技術に基づいて4つの加速度計によって監視される循環水供給を生成します。 Bene氏の背景には、天然ガスポンプステーションなどの産業環境用の制御システムを構築する数十年の経験があり、Carl Dataのデータ科学者がソフトウェアの画期的な機械学習能力を継続的に開発するために必要な詳細なハードウェア環境を構築できます。
Bene氏は、次のようにコメントしています。

「このような強力な学習分析ツールを作成するために、エンジニアリングと設計スキルを適用できることは素晴らしいことです。 センサーと制御システムは、インフラストラクチャーを常に監視する上でより効果的になっており、このプロジェクトは、そのデータをどのように利用できるかを示す大きな例となります。」

Carl DataのEUグラント研究は、機械学習がパイプラインの振動を正確に監視し分析する方法を探究する予定です。 インフラストラクチャーのこの予測的なメンテナンスは、極端な気象事象中の起こり得る災害を防ぎ、都市、ユーティリティー、およびビジネスを何百万ドルも節約することができます。 センサー異常検出は、制御されたテスト環境での継続的な開発の恩恵を受ける機械学習の重要な領域です。 

Carl Data CTOのPiotr Stepinski氏は、

「機械学習は、コンピュータプログラムを訓練する人工知能の一種です。 この高精度試験ツールを使用することで、今まで開発された廃水の中で最も強力な機械学習アプリケーションを訓練することができます。」

と、述べています。

Carl Data Solutions Inc.について

Carl Data Solutions Inc.は、データ中心の企業向けに次世代の情報収集、ストレージ、分析ソリューションを提供することに注力しています。 最近買収したCarlは、強力なデータ収集、監視、分析、レポートツールのプラットフォームを通じて、あらゆる種類の環境データを分析し、理解することができます。

Carl Dataは、新しいクラウド系大容量ストレージサービスと分析ツール(Big-Data-as-a-Service(BDaaS))を使用して、地方自治体、公益事業者、およびその他の産業界にスケーラビリティを提供するアプリケーションを開発し続けています。 SaaS(Software-as-a-Service)系アプリケーションを構築し、さまざまなソースからデータを収集し、意思決定のための深い洞察を提供することができます。詳細については、www.CarlSolutions.comを参照してください。

取締役会の代表:
Greg Johnston
社長兼最高経営責任者(CEO)、取締役
Carl Data Solutions Inc.

詳細については、下記までご連絡ください。
Kimberly Bruce
コーポレートコミュニケーション
Carl Data Solutions Inc.
電話番号:(778)379-0275
電子メール:kimberly@carlsolutions.com

カナダ証券取引所(CNSX Markets Inc.が運営)は、本プレスリリースの内容を承認も否定もしていません。

将来の情報に関する免責事項
このプレスリリースの特定の記述は将来の見通しに関する記述であり、本質的に将来性があります。将来の見通しに関する記述は、過去の事実に基づくものではなく、将来の事象に関する現在の予想および予測に基づいているため、実際の結果が将来の見通しとは大きく異なる可能性のあるリスクおよび不確実性ステートメントです。これらの声明は、一般に、「可能」、「する」、「できる」、「意図する」、「見積もる」、「計画する」、「予測する」、「期待する」などの将来見通しの言葉や「信じている」または「続ける」、またはその否定または同様の変化を含みます。このニュースリリースの今後の見通しには、Bene氏の背景に基づき、Carl Dataのデータ科学者が画期的な機械学習能力をソフトウェアに引き続き開発するために必要な詳細なハードウェア環境を構築することができるという声明と、カスタム閉制御システムがEUグラントの研究では、機械学習が解析用パイプラインの振動を正確に監視および分析し、数百万を節約し、極端な気象事象時の災害を防止するインフラストラクチャーの保守を予測する方法を模索し、センサー異常検出は制御されたテスト環境での継続的な開発の恩恵を受ける機械学習の重要な領域であり、機械学習の高精度テストツールを使用することで、今まで開発された廃水の用途で最も強力な機械学習の一部を訓練することができます。

当社は、将来の見通しに関する記述に反映された期待は合理的であると考えていますが、そのような期待が正しいと確信することはできません。このような将来の見通しに関する記述は、実際の業績、業績、または開発が、以下に関連するリスクを含みますがこれに限定されないで、この記述とは大きく異なる可能性があるリスクと不確実性に晒されています。Carl Dataのデータ科学者が画期的な機械学習能力をソフトウェアに開発すること、機械学習が期待される結果を達成できず、その成果が限定的であること、当社のサービス市場を確立する能力、業界における競争条件、カナダと世界の一般的な経済状況、追加の資金調達を確保できないこと、とりわけ、資本と熟練した人員との競争、サービスや設備投資の展開に関する計画の潜在的な遅れや変化、政府の政策や法律が変わる可能性があります。技術変化;当社の競争に関連するリスク当社は知的財産を十分に保護していません。情報技術システムの中断または故障;当社の事業、資金調達、および戦略的買収に関連する規制上のリスク。本プレスリリースに含まれる将来の見通しに関する記述は、本プレスリリースの日付時点で作成されています。当社は、適用される証券法で要求される以外の新しい情報、将来の出来事または結果またはその他の結果であろうと、将来の見通し情報を公に更新する意図または義務を否認します。 

原文はこちら: Carl Data Solutions Completes Custom Control System to Refine Machine Learning