コスト削減とビジネスプロセス改善を推進するプロセスオートメーション。成長が見込まれる地域、最新の開発、マーケットシェア、戦略を分析

コスト削減とビジネスプロセス改善を推進するプロセスオートメーション。成長が見込まれる地域、最新の開発、マーケットシェア、戦略を分析 – 記事

レポートの概要

世界のプロセスオートメーション市場は2017年に1084.3億米ドルと評価され、予測期間の2018年〜2023年の間に、CAGR 7.16%で成長し、2023年には1,658億7,000万ドルの価値に達すると予想されています。市場の範囲は、工業プロセス制御に使用される数タイプの制御システムおよび関連機器を対象としています。このようなシステムは、数千ものフィールド接続を備えた大規模な相互接続型や分散型の制御システムから、いくつかのモジュール式パネルマウントコントローラまで多岐に渡ります。

工業化事業の市場投入までの時間短縮とプロセス最適化の必要性が高まっており、政府のイニシアティブによる自動化の採用は、世界中のプロセスオートメーション市場を推進する上で重要な役割を果たしました。しかし、熟練労働力の不足は市場の成長を阻害すると予想されます。

コスト削減とビジネスプロセス改善に重点を置く
無線技術の発展は、品質の向上と生産の増加により、この市場の新たな道を切り開きました。これは、国における自動化の需要を押し上げると期待されています。DCS、PLC、SCADA、MESなどの技術により、オートメーション機器はより洗練され、低い運用コストでより複雑なアクションを実行します。また、センサー技術の進歩と相まって、これらの技術はスマートマニュファクチャリングの時代を迎え、ビジネスプロセスの改善をもたらしました。ブラジル、インド、中国などの開発途上国は、経済を支え、推進するために工業生産を増やす製造に注力しています。例えば、中国は製造のバリューチェーンを上げることを目指していますが、ここ数年で労働率が劇的に上昇しており、想定された低コストのオフショアリングは、もはや自動化への重大な投資なしには意味をなしません。また、資源が豊富で、人口統計学的に豊かであり、中上流層に入る人口の増加は、消費者の消費を増やし、生産を維持・向上させるための自動化の実施を可能にし、市場の成長を増大させます。

ブラジル、中南米市場を動かす
ブラジルの産業は国内総生産(GDP)の3分の1を占め、耐久消費財、鉄鋼、石油化学製品、航空機、コンピュータなどがあります。大規模産業のほとんどは、南部および南東部に位置しています。ブラジルは2008年の世界同時不況の直後に急速な経済成長を遂げました。ブラジルはロボットメーカーのメリットをメーカーとユーザーの両方で活用したいと考えています。国際ロボティクス連盟(International Robotics Federation)によると、ブラジルのロボティクスの輸入は、2012年から2016年の間に年5.3%増加しています。近い将来、価格が上昇すると予想されるため、産業オートメーションおよび制御システムの導入が増加していきます。ブラジルは、成長する経済のニーズを満たすために、工業生産、流通インフラ、電力容量を増強し、伝達を強化しています。同様に、(グローバルプレーヤーによる)自動車、石油・ガス、ユーティリティ(両政府の支援)に対する全国的な投資の増加が、ブラジルにおける自動化や制御の展開を促進することが期待されています。

最速の成長を目指す製造実行システム
製造実行システム(Manufacturing Execution Systems:MES)は、製造戦略の設計、計画、分析、および製造中の運用の管理と監視に使用されるITシステムです。MESは、地域の工業規格や政府の規制によって支えられており、品質管理と精度に対する要求が高まっていることから、製薬業界や食品飲料産業などのプロセス産業への導入が増加しています。MESアプリケーションは、コスト削減と運用改善の機会を提供し、地元メーカーのサプライチェーン全体で高い生産性を実現します。伝統的なMESシステムは分離され、供給と生産に重点を置いていましたが、現在のMESシステムは、ERP(エンタープライズ・リソース・プランニング)およびBPM(ビジネス・プロセス・マネージメント)システムと広範に統合され、より高い効果を発揮しています。MESセクターでは合併・買収が増えています。例えば、Siemens AGはElan社を買収し、医薬品およびバイオテクノロジー業界への提供を強化しました。また、GE、SAP、Microsoftなどのベンダーは、産業間の専門知識を活かして、改良されたモジュール式MESシステムを開発しています。

主な開発
2017年11月:ロックウェル・オートメーションは、産業オートメーションへの人工知能(AI)の応用に焦点を当て、イノベーターとテクノロジーの新興企業のエコシステムにアクセスするために、シリコンバレーの革新的基金と共同制作スタジオであるThe Hiveへの投資を発表しました。

2017年11月:Schneider Electricは、産業メーカーがPLCシステムを安全に近代化するための新しいサービスを開始しました。ダウンタイムを短縮し、運用を中断することにより、同社のModicon M580プログラマブルオートメーションコントローラへの移行が容易になる可能性があります。

2017年10月:三菱電機は、最新のMELSEC iQ-Rシリーズ汎用プログラマブルコントローラ、IEC 61508 SIL 2準拠の冗長プログラマブルコントローラを冗長機能SIL2 CPUと組み合わせ、高性能と高信頼性を実現することを発表しました。

2017年9月:ダッソー・システムズは、製品エンジニアリングのシミュレーションソフトウェアの世界的イノベーターであるExa Corporationを買収しました。今回の買収により、3DEXPERIENCEプラットフォーム上の次世代の流体力学機能により、同社のシミュレーションポートフォリオが強化されます。

主要企業:ABB Ltd、Honeywell International Inc.、Rockwell Automation Inc.、三菱商事、Schneider Electric SE、Emerson Electric、Eaton Corporation、ダッソーシステムズ、Yokogawa Electric Corporation、Siemens Corporation、Robert Bosch GmbH、Texas Instruments Inc.、 Johnson Controls Inc.などが挙げられます。

目次

  1. 第1章 はじめに
  2. 第2章 研究方法
  3. 第3章 市場分析
  4. 第4章 市場動向
  5. 第5章 産業政策
  6. 第6章 技術概要
  7. 第7章 グローバルプロセスオートメーション市場セグメンテーション
  8. 第8章 頭字語および略語リスト
  9. 第9章 競争力のあるインテリジェンス
  10. 第10章 投資分析
  11. 第11章 市場の未来
  12. 第12章 免責事項

レポート情報

レポート名 Global Process Automation Market
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年09月
金額 $4,250(本記事記事公開時点)
ページ数 182
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

  • 独立系調査会社によるロボットプロセスオートメーションの強力な実績を持つKofax
    https://mono-watch.com/11499/

  • Deloitte、Blue Prismとの提携により、グローバルエンタープライズクライアントにロボットプロセスオートメーション(RPA)ソリューションを提供
    https://mono-watch.com/12538/

  • Automation Anywhere、2017年に記録的な成長
    https://mono-watch.com/4603/

16030

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

関連記事はこちら:Deloitte、Blue Prismとの提携により、グローバルエンタープライズクライアントにロボットプロセスオートメーション(RPA)ソリューションを提供

コスト削減とビジネスプロセス改善を推進するプロセスオートメーション。成長が見込まれる地域、最新の開発、マーケットシェア、... 世界のIoTに関するレポート公開中