Umbra Applied Technologiesグループが配当政策の変更を発表

Umbra Applied Technologiesグループが配当政策の変更を発表

UATグループは本日、株主配当の将来性を決定するための総資本構成、収益予測、製造能力の見直しを現在行っていると発表しました。 さらに、同社は、UATグループ製品に対する株主割引などの将来の配当金を除き、追加の株主優待を提供する可能性も評価しています。このような割引の事業計画がため、記録にある株主にのみ提供されましたその様な背景から同社は株主が証券会社や投資ファンドではなく、自分の名前で株式に登録するように促しています。

アレックス アンブラ最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。

「過去10ヵ月間、株主価値と参加へのコミットメントを踏まえ、市場からの株式の購入を認め、また現在株主の皆様へより多くの価値を提供する企業の能力を見直しています。」

U ATGは現在、内部監査を完了しており、S1提出書類作成のために、年末までに監査を独立監査人に引き渡す予定です。これは、QX社にアップリスト意向を長年にわたり同社がコメントしてきたものです。

アンブラ氏はさらに次のようにコメントしています。

「当初は2ヶ月間マーケティングをしていないHygieiaソックスを発売しました。そうすることにより製造、フルフィルメント作業、オペレーションプロトコルを効率的に運用できるようにしました。これは多くの顧客に影響を及ぼす潜在的に致命的な障害の代わりに小さな規模で必要な時に必要な修正を行うことができました。Hygieiaの最初の販売開始は非常に順調に進み、予想を上回ったことを報告いたします。11月末までには、堅調なマーケティング装置を導入する予定であり、結果として売上が当面40%増加すると予想しています。」

同社は、今後数週間で抗菌Hygieia製品ラインのさらなる拡大を発表する予定で、待望のHygieia HP(ハイパフォーマンス)ソックスは間もなく発表される予定です。同社はまた、Hygieiaの靴下ラインアップは様々な色で提供される一方で、同社はそこに止まらず、HygieiaのメンズボクサーブリーフとHygieiaの寝具が、今後数ヶ月で発表される予定です。

トーマス・クロム最高財務責任者(CFO)は最近次のように述べました。

「UATバイオテクノロジー部門は、今後7〜8ヶ月間収益を伸ばしていくことが期待されており、さらに2018年中頃には事業部門を増やす予定です。UATは現在いくつかの買収を見直しているため、近い将来収入と資産の拡大が見込まれます。」

UATグループは現在、最近の製品ラインアップから繁栄しており、同社の最近の成功を基に構築することを決定しました。UATグループおよびその子会社は、市場拡大のための新たな機会を模索し続けており、現在、その取り組みを支援するために複数の契約交渉に臨んでいます。

アンブラ・アプライド・テクノロジ-(Umbra Applied Technologies, Inc)について

アンブラ・アプライド・テクノロジ-(Umbra Applied Technologies) はアンブラ・アプライド・テクノロジーグループ(Umbra Applied Technologies Group (OTC: UATG))の一員です。フロリダ州タンパに本社を置くUATグループは、防衛、民間政府、技術ソリューションに特化した技術革新のリーダーです。 UATグループは主に、先端技術システムの研究、設計、開発、製造、統合、維持に主に従事しており、米国および国際的に防衛、民生および商業アプリケーション用の製品およびサービスを提供しています。 また、管理、エンジニアリング、技術、科学、ロジスティック、情報サービスも提供しています。
詳細情報は、 www.uatgroup.comまたは www.umbraappliedtechnologies.comをご覧ください。
Investor and Media Contact: Everest Corporate Advisors, Inc.
(702) 902-2361     (702) 982-1339
証券取引審議会および規制当局のいずれのサービスも、本ニュースリリースの妥当性または正確性について責任を負うものではありません。

将来の予測に関する記述についての注意事項

このニュースリリースには、予測、見積もり、期待、将来の事業の目的を含む「将来の予測に関する記述」が含まれる場合があります。第三者、資産の売却、資本や新規株式公開(IPO)のリターンとOTCの二次上場で企業結合を締結する能力を含みますがこれらに限定されません。前述したように、アンブラ・アプライド・テクノロジーの制御を超えた多数の仮定、リスク、不確実性の対象となる合弁事業パートナーによる資金調達、株式や債務資本の調達を通じ、資産の探査に資金を提供する能力の結果として、資本市場、証券リスク、技術開発の継続的な成功などが含まれますが、これらに限定されません。上記の活動のいずれかが、当社およびその株主が受け入れ可能な条件、または管轄権を有する規制当局によって承認された条件で完了または完了されるという実際に生じるまたは黙示の保証はありません。これら将来の予測に関する記述は現在入手可能な情報に基づいた経営者の最善の判断によるものであり、将来の予測に関する記述は補償されておらず、実際に生じた結果と著しく異なる可能性があります。アンブラ・アプライド・テクノロジーの事業に関するリスクと不確実性については、カナダの証券管理局に提出され、www.sedar.comで公開されているMD&Aを含む同社の開示資料に詳しく記載されており、読者はこれらの資料を読むことが求められます。アンブラ・アプライド・テクノロジーは、適用法で要求されている場合を除き、将来の予測に関する記述を更新する義務を負いません。

原文はこちら: Umbra Applied Technologies Group Announces Change In Dividend Policy

IIoTで農業機器のリアルタイムデータを収集し、農業の生産性を向上させる 世界のIoTに関するレポート公開中