実装MESソフトウエア PanaCIM-EE Gen2を受注開始

実装MESソフトウエア PanaCIM-EE Gen2を受注開始 – 記事

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、プリント基板に電子部品を実装する現場において、フロア全体を統合管理する実装MESソフトウエアPanaCIM-EE Gen2(※1)を2018年10月中旬より受注開始します。

実装現場では、品質・生産性の向上やコスト削減を図りながら、マスカスタマイゼーションを実現するため、IoTやM2M技術を活用したスマートファクトリー化の需要が高まっています。パナソニックはこうしたニーズに対応するため、業界に先駆け、2016年10月より統合ライン管理システム iLNBを提案しています。iLNBは1台のPCで複数のメーカー設備が混在する実装ライン全体において、稼働状況をリアルタイムで収集、自動機種を切り替える事などが可能で好評を頂いています。

この実装ラインをフロアレベルで統合管理するためには、各工程の状況把握やオペレーターへの支援などを行う製造実行システム(MES)が必要です。PanaCIM-EE Gen2は、現行の実装MESソフトウエアPanaCIM-EEの機能を継承・進化させ、iLNBと組み合わせることで、他社製設備(※2)も含めたラインごとの分散制御を可能としました。ラインごとにリアルタイムで情報収集や分析、制御を行うとともに、複数のラインが並ぶフロアレベルで求められる材料管理やメンテナンスなども一括管理し、フロア全体の最適なQCDバランスを実現します。

また外部システムにつながるインターフェースの汎用性も向上しました。Android(TM)(※3)版スマートフォンを活用したスキャナーや他社製の部品照合システムなど、広くお客様の現場で使われているシステムにも対応することで、導入時のコストを抑えることができます。

パナソニックは長年培ってきた製造ノウハウをベースに、これからも工場全体にさまざまなメリットをもたらすスマートファクトリーの実現に向けて取り組んでいきます。

※1 Gen2はGeneration2の略。
※2 他社製設備接続には制限があります。詳しくはパナソニックご相談窓口(電話:03-5796-2562)までお問い合わせください。
※3 Android は Google LLC. の商標です。

【お問い合わせ先】

パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社
プロセスオートメーション事業部 経営企画部 広報課
TEL:050-3487-3587

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 実装MESソフトウエア PanaCIM-EE Gen2を受注開始(2018年10月11日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2018/10/jn181011-1/jn181011-1.html


パナソニックのIoTへの取り組み

パナソニックは、自社のセンシング・通信技術を活用したワンストップIoT/M2Mソリューションズの提供を行います。接続・収集・可視化/分析・運用といった項目ごとに、遠隔監視・制御、予防保守、製品開発への反映など様々なサービスを提供し、顧客の機器やサービスの価値向上をワンストップで実現することを目指しています。
パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社がシーメンスAGとの提携により開発し2016年10月に発表した、「総合管理システムiLNB」は、2017年7月に市場に投入されました。iLNBは、(1)自動機種切り替え(2)E-Link(情報入力・出力・設備制御)(3)通信機能(GEM/PLC)を備え、他社設備を含むライン全体の制御を可能にし、PC1台で管理することができます。具体的には、iLNBを利用し自動機種切り替えレシピ登録を行うことで、ラインの自動機種切り替えやモニターが実行でき、E-Linkで計画の取り組み・修正、稼動情報や設備状態の出力を行い、生産開始抑制などを管理することが可能となります。
iLNBは3年間で100億円の受注達成を目標にしており、導入例には、フィリピンを本拠とするエレクトロニック・サービス・プロバイダー、iONICS EMS Inc. (アイオニクス)があります。

公式プレスリリースはこちら: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003236.000003442.html