OTSL、死角ゼロの自動運転シミュレーションの実現を目指して、3Dリアルタイムセンサーシミュレーター製品ラインナップを完成

OTSL、死角ゼロの自動運転シミュレーションの実現を目指して、3Dリアルタイムセンサーシミュレーター製品ラインナップを完成 – 記事

― 世界初の動的なリアルタイムシミュレーションを可能にする、赤外線シミュレーターの新製品、カメラシミュレーター、および超音波シミュレーターの3製品の世界同時発売 ―

近距離無線システムと組込みシステム開発および販売代理店であるOTSL社は、自動運転用のCOSMOsim用3Dリアルタイムセンサーシミュレーター製品ラインナップを強化し、10月17日に、自動車メーカー、システム部品サプライヤー(車載センサーメーカー)、および半導体メーカーに使用される赤外線/雨量計(*)、カメラ、および超音波センサー用の3つの新しいタイプのシミュレーターを発表しました。注)(*)u =マイクロ

昨年、OTSLは、アドバンストミリ波レーダーシミュレーター(AMMWR Simulator)とアドバンスドレーザレーダー/ LIDARシミュレーター(ALR Simulator)を発表し、自動運転のためのリアルタイムシミュレーターの事業に参入しました。今回は、アドバンスド赤外線/マイクロボロメータ(*)シミュレーター(AIRBシミュレータ)、アドバンストカメライメージセンサーシミュレーター(ACISシミュレーター)、アドバンスド超音波シミュレーター(AUSシミュレーター)をシミュレーター製品ラインアップに追加し、合計5種類のシミュレーターが自動運転用のすべてのセンサーシステムに使用できます。

「自動運転への期待は世界中で拡大しており、実際の運転条件に厳密に合致する環境で安全性と正確性を検証できる高性能シミュレーターの需要が高まっています」

と、OTSLのCEO、Shoji Hatanoは述べています。OTSLの自動運転シミュレーター製品ラインナップは、5つのタイプのシミュレーターを1つの画面上でリアルタイムに同時に操作できる統合プラットフォームを提供します。OTSLは、自動運転のほとんどすべての盲点を排除することを目指しています。実際の運転テストでは、さまざまな機能を備えた複数のセンサーを使用したシミュレーションを組み合わせることで実現します。

AIRBシミュレーターは、すべての道路オブジェクトの遠赤外線(温度)データを3Dマップ上に重ね合わせ、任意の方向および任意の速度で自由に動かしながらリアルタイムで可視化します。赤外線/雨量計(*)センサーは、夜間に物体を認識できるだけでなく、雨や雪などの悪天候の影響をほとんど受けないため、高速道路の照明インフラがしばしばある道路状況を持つヨーロッパやアメリカを中心に使用されることが期待されます開発が遅れています。AIRBシミュレーターは、分子構造から3Dマップ上のオブジェクトの材料データを解析し、リアルタイムで高度な計算処理を行い、吸収スペクトル、黒体放射モデルに基づく熱放射、および放射エネルギーによる温度上昇をもたらすできるだけ実際の遠赤外線(温度)データに近い太陽光を使用してください。AIRBシミュレーターは、ダイナミックなリアルタイムシミュレーションを可能にする、自動運転用の世界初の赤外線センサーシミュレーターです。

ACISシミュレーターを使用すると、カメラだけでなくレンズ構成の自律駆動のシミュレーションが可能になります。カメラを用いた自動運転技術は低コストで実現できるため、夜間照明インフラの普及により道路状況が比較的良好な日本などの地域で有効な解決策となります。しかし、自動駆動用の一般的なカメラシミュレーターでは、レンズ表面で反射した光が画像に表示されるゴースト現象や、画像が歪んだゴースト現象など、レンズごとに異なる詳細な光学特性を設定することはできません。レンズの光屈折によって変形します。したがって、シミュレーション画像は現実世界の画像とは異なるままです。ACISシミュレーターでは、レンズごとに異なる収差や被写界深度などの光学特性や、反射防止膜の有効/無効などのレンズ特性の設定や、より正確なリアルタイムシミュレーションを可能にします。

AUSシミュレーターは、主に自律駐車または駐車支援技術に使用される超音波センサー用に設計されています。センサーの数、取り付け高さと角度、取り付け場所の材質や取り付け方法に応じた検出能力を自由に設定することができ、超音波照射角度と強度は、駐車だけでなく自動走行の様々な状況でリアルタイムシミュレーションが可能です。

OTSLの3Dリアルタイムセンサーシミュレーター「COSMOsim」は、ミリ波レーダー、LIDAR、カメラ、赤外線/超音波センサー(*)、超音波センサーの5種類のシミュレーターを同時に操作できる世界で唯一のプラットフォームで、リアルタイムで1つの画面に表示されます。自動車メーカーは、センサーベースのモデリングで運転状況をシミュレートし、自動運転の認識と制御を確認し、車両のセンサー搭載位置を効率的に検証することで、実車でのテスト運転の必要性を排除します。システム部品サプライヤ(車両センサーメーカー)は、車両センサーの挙動を視覚化することにより、設計パラメータを確認し、到達距離とセンシング領域を高効率で確認することができます。センサーデバイスを開発する半導体メーカーは、開発中のデバイスをモデル化してシミュレーションし、高速で検証することができます。

詳細については、OTSLのウェブサイトをご覧ください。
https://otsl-biz.jp/en/product/cosmosim/

OTSL紹介

2003年に設立されたOTSLは、組込みシステム、リアルタイムシステム、近距離無線通信システムの計画と開発により高度な技術力を提供する技術企業です。論理思考で人間の発達に貢献し、人々の生活を豊かにする製品を生み出すための信頼性の高いシステムを提供することを企業理念としています。その事業活動には、システム開発、ソフトウェア開発、品質保証に関する相談、教育サービスの提供が含まれます。

注釈

  • 「自動運転シミュレーション」http://www.afpbb.com/articles/-/3193602
    OTSL、世界初の自動運転向け赤外線シミュレーターを世界同時発売
    2018年10月17日 14:00 発信地:東京/日本

    OTSLでは昨年、ミリ波レーダシミュレーターの「Advanced Millimeter Wave Radar Simulator (AMMWRシミュレーター)」およびLIDARシミュレーターの「Advanced Laser Radar/LIDAR Simulator(ALRシミュレーター)」を発売し、自動運転向けリアルタイムシミュレーター事業に参入しました。今回新たに、赤外線シミュレーターの「Advanced Infrared/μBolometer Simulator(AIRBシミュレーター)」、カメラシミュレーターの「Advanced Camera Image Sensor Simulator(ACISシミュレーター)」、超音波シミュレーターの「Advanced Ultrasonic Simulator(AUSシミュレーター)」を製品ラインアップに追加し、自動運転向けのあらゆるセンサー方式に対応できる5種類のシミュレータ製品が揃いました。

    赤外線シミュレーターの「AIRBシミュレーター」は、道路上のあらゆる物体の遠赤外線(温度)データを3Dマップに重ね合わせ、任意の方向や速度で自由に動かしながらリアルタイムに可視化します。赤外線センサーは、夜間における物体認識だけでなく、雨や雪などによる悪天候下でも影響を受けにくい特性を持つことから、高速道路の照明が乏しいなどの道路事情がある欧米を中心に期待されています。「AIRBシミュレーター」は、3Dマップ上の物体の材料データを分子構造から解析し、吸収スペクトラム、黒体放射モデルによる熱放射、太陽光の放射エネルギーによる温度上昇など、限りなく現実の遠赤外線(温度)データに近づけるための高度な計算処理をリアルタイムに行います。自動運転向け赤外線センサシミュレーターとして、動的なリアルタイムのシミュレーションを可能にしたのは、本製品が世界で初めてです。

    カメラシミュレーターの「ACISシミュレーター」は、カメラ本体だけでなくレンズ毎の自動運転向けシミュレーションが可能な製品です。カメラを活用した自動運転技術は低コストで実現できることもあり、日本国内をはじめ、夜間照明の普及などで比較的道路事情のよい地域において有効です。しかし、これまでの一般的な自動運転用カメラシミュレーターでは、レンズ面で光が反射して画像に写り込むゴースト現象や、レンズ内での光の屈折が原因で画像が歪んだり変形したりする光学収差など、レンズ毎に異なる光学特性を詳細に設定できず、現実とは異なる画像でのシミュレーションに留まっていました。「ACISシミュレーター」は、レンズ毎に異なる収差や被写界深度などの光学的な詳細設定、さらには反射防止コーティングの有無などのレンズ特性の設定もできるため、これまでにない高精度のリアルタイムシミュレーションが実現できます。

    超音波シミュレーターの「AUSシミュレーター」は、自動駐車もしくは駐車のアシスト技術として用いられることが多い超音波センサー向けのシミュレーターです。センサーの数や設置される高さ・角度、設置箇所の素材や設置方法による検知能力、超音波の照射角度や強度などを自由に設定できるので、駐車の際だけでなく自動運転における様々な状況でのリアルタイムシミュレーションが可能です。

    OTSLの自動運転向け3次元リアルタイムセンサーシミュレーター製品群「COSMOsim」は、ミリ波レーダ、LIDAR、カメラ、赤外線、超音波の各センサーに対応した5種類のシミュレーターを、単一の画面上でリアルタイムに同時稼働させることができる世界で唯一のプラットフォームです。自動車メーカーは、センサーのモデル化により実車によるテスト走行を実施することなくシミュレーションで走行を再現し、自動運転の認識、制御などの確認、車両へのセンサー取り付け位置の検証を効率的に行えます。システムサプライ・メーカー(車載センサーメーカー)は、車載におけるセンサーの挙動を見える化することで、各種センサーの設計パラメータの検討、到達距離・認識領域の確認を効率化できます。センサーデバイスを開発する半導体メーカーは、開発中のデバイスをモデル化してシミュレーションし、高速に検証を行うことが可能になります。

原文はこちら: OTSL Completes 3D Real-time Sensor Simulator Product Lineup Aimed at Realizing Zero-Blind-Spot Autonomous Driving Simulation

OTSL、死角ゼロの自動運転シミュレーションの実現を目指して、3Dリアルタイムセンサーシミュレーター製品ラインナップを完... 世界のIoTに関するレポート公開中