【IoTおすすめ本】イラスト図解 スマート工場のしくみ IoT、AI、RPAで変わるモノづくり

IoTおすすめ本】イラスト図解 スマート工場のしくみ IoTAI、RPAで変わるモノづくり – 記事

生産性を上げて儲かる工場にするための新しいシステムのしくみがやさしくわかる。

内容紹介

スマート工場でグローバル競争に勝つ
グローバル競争の生き残りをかけ、日本の製造業は工場のスマート化が急務です。
「スマート工場」とは、工場のIoT化(工場内のセンサーや機器、設備などをインターネット接続する)やAI導入などを行ない、「工場の見える化」「工場のつながる化」を実現した工場です。
スマート工場では人と機械が効率よく働き、生産性の高いモノづくりが可能になります。
本書では、工場業務のシステムがスマート化で具体的にどう変わるのか、どう活かしていくのか、工場全体の業務についてくわしく解説します。

基本的な工場システムについてもやさしく解説
本書はスマート工場についての解説のほか、「生産形態の分類」など基礎知識から、「生産管理」「品質管理」「在庫管理」など工場業務を支える管理システムのしくみも解説。最新情報だけでなく工場業務の基本もわかる内容なので、管理職などベテラン社員から新入社員まで役立つ1冊です。

目次

  1. 1章: 工場経営とモノづくりのしくみ
  2. 2章: 工場の業務を支える基準情報と情報システム
  3. 3章: 最新サプライチェーンのすべて
  4. 4章: モノづくりを支える大切な機能と世界の最新事情
  5. 5章: 工場におけるIoTの活用
  6. 6章: 工場におけるAIビッグデータ、RPAの活用
  7. 7章: 製造業が勝ち残るためのグローバルIT戦略

書籍情報

書籍名 イラスト図解 スマート工場のしくみ IoT、AI、RPAで変わるモノづくり
著者 川上 正伸
販売開始日 2018-08-30
金額 ¥1,944(本記事記事公開時点)
ページ数 192
出版社 日本実業出版社

関連情報

情報の更新: 2018年10月24日現在

産業用ロボット市場、2024年末までに700億ドル超。各分野の種類別、地域別、企業別の世界予測はどうなのか? 世界のIoTに関するレポート公開中