多様化するスマートメガネ:「ジョギング、サイクリングに最適化されたスマートサングラス」など最新技術3つをご紹介

多様化するスマートメガネ:「ジョギング、サイクリングに最適化されたスマートサングラス」など最新技術3つをご紹介 – 記事

KOPIN 「SOLOS」 ジョギング、サイクリングに最適化されたスマートサングラス

SOLOS(ソロス)は、アスリートが視覚と聴覚を通じて重要なパフォーマンス情報を受け取ることを可能にする、スポーツ用スマートサングラスです。

SOLOSには、独自の拡張現実ディスプレイとオーディオ技術が使われています。
SOLOSスマートサングラスをかけると、走行距離、時間、速度、走行リズム、心拍数などのデータが目の前に浮かんでいるかのように表示されます。ディスプレイに表示する映像を瞳の動きに応じて表示・非表示できる、光学技術「瞳分解方式」を採用しており、視界の邪魔をすることなくデータを確認しながら走ることができます。

また、フレームに内蔵されたスピーカーから目標到達状況やガイダンスを聞くことができ、音声によってSOLOSに関連メトリックを表示させたり、電話をかけるといった他の機能を実行することもできます。低消費電力のデジタルWhisper Voiceチップは、ウェアラブル電子機器が正確な音声認識を実行し、ノイズの多い環境でもより自然な音声品質を提供します。
従来のようにスマートフォンを自転車のデックに取り付け、ハンズフリーにするよりも、よそ見をする必要がなく、足取りが乱れて集中力が途切れることもありません。専用アプリでアクティビティ数値や経緯をグラフ化し、スマートフォンから確認することもできます。

Aira Tech Corp 「AIRA」 AIで目の不自由な人を支援する

Aira(アイラ)は、人工知能とリアルタイムエージェントを組み合わせたスマートメガネで視覚障害を持つ人々を支援します。
Airaの顧客の中で最も求められている機能の1つは、投薬承認です。そこで、AiraはAT&Tとパートナーシップを結び、新しい人工知能(AI)プラットフォームである「Hey Chloe™」を利用した認識ソリューションを開発し、視覚障害を持つ人々が処方箋と市販薬を正確に識別できるよう支援しています。利用者は、スマートメガネのフレームをワンタッチするか、「Hey Chloe™、AIアシスタントを起動する」と呼びかけ、AIアシスタントを起動します。対象物を視界に入れ、「Hey Chloe, これを読んで」と呼びかけるとAIシステムはアルゴリズムを使ってテキストを分析して理解し、読み上げます。120度の広角レンズを使用しているので、対象物を視野に入れるために利用者が頭をめぐらす必要はありません。

また、Airaのスマートメガネはエージェントと会話することも可能です。利用者が困った状況に陥ったとき、スマートメガネをタップすると、Airaのエージェントを呼び出すことができます。Airaのエージェントは皆、視覚障害者を支援するための訓練を受けています。エージェントが応答すると、彼らのモニターには、利用者の情報、ライブビデオフィード、Googleマップが表示され、利用者の現在地や状況を把握することができます。エージェントはスマートメガネに内蔵されたカメラを使い、視覚障害者がリアルタイムで見ているものを見て、それがどんな状況なのかを利用者に伝え、彼らをナビゲートします。例えば、混雑した通りを案内する、スーパーで食料品を選ぶ、街の看板を読むなどの日常的な作業や活動を支援することができます。

Daqri 「Daqri Worksense Suite」 スマートメガネと拡張現実アプリケーションで労働力を強化する

Daqri Worksense Suite(ダクリ・ワークセンス・スイート)は、Daqriスマートメガネと拡張現実アプリケーションを組み合わせた新サービスです。デジタルデータとホログラフィックデータを物理環境に組み込み、既存のビジネスプロセスを合理化します。

Daqri Worksense Suiteは、リモートワーカーサポートやガイド付きの作業指示などの一般的なタスクソリューションを提供し、さらに3D環境スキャンや現場でのモデル表示など、より豊かな要素を追加します。Daqri Worksense Suiteには以下の5つのアプリケーションが含まれています。

ビデオと音声のコラボレーションを可能にするDaqri Showは、他の人を自分のライブワークスペースに招待し、自分が見ているものを見せることができます。 彼らはあなたの視点を導き、デジタルツールと指示によってあなたが実世界で見ているものに注釈を付けることができます。それは、遠隔地の専門家と一緒に働く場合や、電話だけでは説明が難しい製品サポートなどを目的としています。

Daqri Scanは、環境、設備、機器を即座にスキャンして、現実的な3Dデジタルモデルを作成することができます。これは、高価な手持ち型専用スキャナに取って代わることができます。

また、Daqri Tagを立ち上げ、情報やメモを現実の施設、物件、資産に添付することができます。さまざまなタイプのコンテンツタイプをタグに割り当てることができます。また、資産情報管理のためのIBM Maximoなどの既存のシステムから、デジタル情報が属する現実世界に情報を移行させることができます。

さらに、Daqri Model、BIM 360 Editionを使用すると、Autodesk BIM 360 Docsの3Dオブジェクトをビューに表示し、レビュー、ディスカッション、トレーニングを行い、実際の作業と実際のデザインを比較することができます。

最後にDaqri Guideは、タスクリスト、作業手順、およびさまざまなデジタルコンテンツタイプ(ドキュメントからビデオまで)を含むリファレンスを使用して、新しい作業を行う方法を学ぶのに役立ちます。

参考リンク

多様化するスマートメガネ:「ジョギング、サイクリングに最適化されたスマートサングラス」など最新技術3つをご紹介 世界のIoTに関するレポート公開中