【IoTおすすめ本】まるわかり! IoTビジネス 2019 50の厳選事例 (日経BPムック)

IoTおすすめ本】まるわかり! IoTビジネス 2019 50の厳選事例 (日経BPムック) – 記事

気になる会社のIoT事例が分かる。IoTビジネスのヒントが詰まった1冊

内容紹介

モノのインターネットと訳される「IoT(Internet of Things)」。いまやIoTは家の中からオフィス、工場、工事現場、農場、養殖場、さらには医療の現場、インフラの裏側にまで浸透し、人々の活動に欠かせない存在になっています。そんなIoTの事例を「生活・家庭編」「工場編」「フィールド編」「医療・インフラ編」に分けてそれぞれ紹介。コネクテッドホームから、IoT歯ブラシやIoTコンタクトレンズといった生活に入り込む製品、店舗でのAIスピーカー活用、工場の生産工程や工作機械での採用、稲作や水産業の現場での利用、ガスや水道の遠隔自動検針、病院の先進集中治療室など50を超える厳選事例に加え、IoTを支える通信技術の1つであるLPWA(Low Power、Wide Area)などについても詳しく解説します。IoTビジネスのヒントが詰まった1冊です。

書籍情報

書籍名 まるわかり! IoTビジネス 2019 50の厳選事例 (日経BPムック)
著者 記載なし
販売開始日 2018-10-11
金額 ¥2,592(本記事記事公開時点)
ページ数 216
出版社 日経BP社

関連情報

情報の更新: 2018年10月22日現在

IIoTとスマート・マシンの統合が物理的資産と仮想コントロールの関係を変える 世界のIoTに関するレポート公開中