VinFast、Siemensのイノベーションプラットフォームを選択して接続されたデジタルエンタープライズを構築

VinFastSiemensのイノベーションプラットフォームを選択して接続されたデジタルエンタープライズを構築 – 記事

  • エンドツーエンドのデジタル・イノベーション戦略は、VinFastが次世代eScooterと自動車生産を達成するのに役立ちます
  • VinFast、Teamcenter、Teamcenter製品原価計算ソリューション、Tecnomatix、SiemensのMESを利用して接続されたデジタルエンタープライズを構築

Siemensは本日、ベトナム初の量産車メーカーであるVinFastが、Siemens PLMソフトウェアのツール群を選択して、次世代自動車および輸送設計の計画を実現することを発表しました。Siemensは、自動車OEMのバリューチェーン全体にわたるデジタル化ソリューションを提供しています。VinFastは、ベトナム製自動車およびeScooterブランドを最初に作成し、ベトナムの産業および製造業の発展を促進するという当社の目標を達成するのに役立ちます。
VinFastは、デザインと製造の両面で、接続されたデジタルツインを活用する予定です。VinFastは、デジタルライフサイクル管理のためのTeamcenter®ポートフォリオを含む統合デジタルプラットフォームを使用する予定であり、MES(製造実行システム)層をカバーするディスクリート製造用のSIMATIC IT UAと組み合わせて、コストと価値のエンジニアリングをサポートするための製品原価計算のためのTeamcenterソリューション、業界をリードするデジタル製造ソフトウェアであるTecnomatix®ポートフォリオを含みます。
Teamcenterはデジタルツインを一貫したデジタルスレッドと接続し、VinFastが開発のスピードと柔軟性を高め、製造プロセスを最適化し、製品やプラントの操作から得られた知見を使用して将来のパフォーマンスを向上させることができます。

VinFastのCIO(最高情報責任者)、Jason Buxtonは次のように述べています。「製品ライフサイクル管理と製造オペレーション管理技術の両方を組み合わせて使用することは、デジタル化の重要な部分です。自動車業界のイノベーションを推進するためには、適切な技術を確保することが不可欠です。Siemensのクラス最高のソリューションは、自動車メーカーや車両電化サプライチェーンの開発時間を短縮し、プロセスのあらゆる段階で簡単に変更に対応する能力を備えています。
VinFastは最近、同社がベトナム初の電気自動車を発売すると発表しました。接続されたPLMおよびMESデジタルエンタープライズソリューションを使用することは、この目標を達成するために重要であることがわかります。VinFastは、デジタルエンタープライズを構築することにより、運用の各段階で新しく破壊的なテクノロジーを活用して、サイクルタイムを短縮し、歩留まりを向上させ、新しいビジネスチャンスを育むことができます。」

「Siemens PLM Softwareは、VinFastが革新サイクルを加速するのを支援するために、ベトナムの最初の自動車プロジェクトでVinFastとこの優れたパートナーシップを結んでいることを誇りに思っています」

と東南アジア向けSiemens Industry SoftwareのAlex Teo副社長は語っています。

「VinFastが展開する予定のSiemensソリューションの膨大なポートフォリオは、デジタル世界から現実世界へ製品を取り込む際の当社の実証済みの能力にお客様の信頼を示すものです」

自動車産業向けソリューションの詳細については、https://www.plm.automation.siemens.com/global/en/industries/automotive-transportation/を参照してください。Twitterでもフォローします:http://www.twitter.com/siemens_press

Siemensデジタルファクトリー事業部のビジネスユニットであるSiemens PLM Softwareは、業界のデジタル変革を推進するソフトウェアソリューションの世界的なリーディングプロバイダであり、製造業者が革新を実現する新たな機会を創造しています。Siemens PLMソフトウェアは、テキサス州プラノに本社を置き、世界中で14万人以上の顧客を抱えており、あらゆる規模の企業と協力して、アイデアの生き方、製品の実現方法、操作中の製品と資産の使用方法と理解方法を変えます。Siemens PLMソフトウェア製品およびサービスの詳細については、http://www.siemens.com/plmをご覧ください。

Siemens AG(ベルリンとミュンヘン)は、170年にわたりエンジニアリングの卓越性、革新性、品質、信頼性、国際性を誇った世界的な技術力です。同社は、電化、自動化、デジタル化の分野に焦点を当て、世界中で活躍しています。Siemensは、エネルギー効率の高い省資源技術の世界最大の生産者の1つであり、効率的な発電および送電ソリューションのリーディングサプライヤであり、インフラストラクチャソリューションのパイオニアであり、業界向けのオートメーション、ドライブおよびソフトウェアソリューションも先駆けています。同社はまた、コンピュータ断層撮影や磁気共鳴イメージングシステムなどの医療画像機器のリーディングカンパニーでもあり、臨床診断用の診断薬や臨床ITのリーダーです。2017年9月30日に終了した2017年度のシーメンスの収益は830億ユーロ、純利益は62億ユーロでした。2017年9月末現在、世界中に約37万7000人の従業員がいました。詳細はインターネットhttp://www.siemens.comを参照してください。

注: Siemens、Siemensロゴ、Simatic ITは、Siemens AGの商標または登録商標です。TecnomatixおよびTeamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービスマークは、それぞれの所有者に帰属します。

注釈

  • 「エンドツーエンド」:エンドツーエンドとは、「両端で」「端から端まで」という意味の英語表現。通信・ネットワークの分野で、通信を行う二者、あるいは、二者間を結ぶ経路全体を意味する。通信ネットワークやプロトコルの設計原理の一つに「エンドツーエンドの原則」(エンドツーエンド原理)と呼ばれるものがある。これは、高度な通信制御や複雑な機能を末端のシステムが担い、経路上のシステムは単純な中継・転送のみを行うというものである。
    インターネットを始めとするTCP/IPネットワークはこの原理に基づいて構成されており、誤り訂正やフロー制御、再送などの機能はTCP層のシステムが、単純な送受信・転送処理をIP層のシステムがそれぞれ担当している。

原文はこちら: VinFast selects Siemens’ innovation platform to create a connected digital enterprise

スマートファクトリー市場は2017年から2022年の間に9.3%のCAGRで成長。技術、コンポーネント、エンドユーザー産... 世界のIoTに関するレポート公開中