インダストリー4.0が小売業に与える3つの影響

インダストリー4.0が小売業に与える3つの影響 – 記事

インダストリー4.0がスマートで先進的な製造業に向けて進展するにつれて、ビジネスオペレーションを最適化する新技術で多くの産業が永久に変わることでしょう。小売りとファッションと聞くと、ショッピングや、トレンドのスタイルや、SNSのインフルエンサーなどを思い浮かべると思います。しかしその背景でメーカーは、厳しい締め切りのもと世界中のサプライヤーから材料を調達し刻々と変わる消費者の好みに合わせてデザイナーが作った製品コレクションをまとめているのです。複雑なように見えるかもしれませんが、先端技術は小売業界や製品の設計および開発に大きな影響を与える可能性があります。

モノのインターネット(IoT)

スマートで接続された店舗のレイアウトを最適化することから、RFIDタグを使用して盗難を防止するに到るまで、小売店ではIoTのユースケースが増えています。IoTコンピューティングによって在庫管理が自動化されると、在庫レベルの改善がより行い易くなります。人気で売れている商品を適切に再入荷するよう保証するアラートシステムを設定することもできます。また、PLMシステムへの接続性は、サプライチェーンを編成する際にその価値をより高めるでしょう。

その他に、IoTを用いた予測分析ツールは、様々なシステム間でデータを迅速に接続して可視化することで、小売業者にビジネス上の意思決定に役立つインサイトを提供することもできます。IoTデータに機械学習を適用することによって、小売業者はトレンドに積極的に対応し、データに基づいた競争力と顧客に対する理解を深めることができます。

3Dプリンター

インダストリー4.0の技術の中で最も小売業者にダメージを与える可能性のあるものの一つが、3Dプリンターです。どのようなスタイルが最も売れるかを予測して、店舗やオンラインの在庫にするための衣服を一定数生産する代わりに、3Dプリンターを用いると、顧客が特定のデザインを選択したり、デザインをしたり、そのアイテムを作成したりできるのです。作成する前に製品を購入するというコンセプトは、無駄で過剰な生産や在庫不足といった製造プロセスを頭から覆すでしょう。これは小売業者が、在庫を離れ、まず第一に最新技術に投資をするよう導くことができるでしょう。

ロボット

ロボットもまた、店舗の在庫レベルを管理することに役立ちます。多くの小売業者がすでにロボットを使用して、梱包や物品の取り扱いなどの倉庫のプロセスを自動化しています。ロボット工学がますます主流になるにつれ、買い物客は、B&Mショッピングの体験の一環として、ロボットを見たりロボットと対話することを期待するようになるでしょう。買い物客が商品を見つけるのを手助けしたり、チェックアウトを手助けするなど様々な機能を果たすことができます。

スマートで接続されたデバイスや3D印刷機と同様に、小売店でのロボット技術の使用は多くのデータを作り出し、顧客の好みをより良く理解し、小売業者がより魅力的なビジネスを展開するのに役立ちます。その鍵となるのは、データを利用しそれを実行可能なインサイトに変えるということです。

原文はこちら: 3 Ways Industry 4.0 Will Impact Retail