AI及びブロックチェーン分野を中心とする 「SBI AI&Blockchainファンド」への出資のお知らせ | エスビーアイ

AI及びブロックチェーン分野を中心とする 「SBI AI&Blockchainファンド」への出資のお知らせ | エスビーアイ

『IT』×『都心』×『不動産』で価値を創造する企業、プロパティエージェント株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中西 聖)は、SBI(エスビーアイ)ホールディングス株式会社(代表取締役社長:北尾 吉孝)の子会社であるSBIインベストメント株式会社(代表取締役執行役員社長:川島 克哉)が設立・運営する「SBI AI&Blockchainファンド」(名称:SBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合、以下、「本ファンド」という。)へ出資いたしましたのでお知らせいたします。

■出資の背景

本ファンドは、AI又はブロックチェーン技術を保有し、もしくはFintech、IoT、ヘルスケア、ロボティクスシェアリングエコノミーといった市場成長期待の高い領域においてイノベーション創出が期待できる独自性の高い技術・サービスを保有する国内外のベンチャー企業への投資を実行し、投資先事業者の企業価値向上を全面的に支援し、上場後の株式売却や事業会社への持分譲渡等によりキャピタルゲインを得ることを目的とするファンドであります。

当社といたしましては、本ファンドを通じて、国内外のAI、ブロックチェーンベンチャー企業の情報を入手することにより、いち早く先進的かつ広範囲な技術・サービスの取り込みを図り、当社が中期ビジョンとして掲げている「事業領域拡大」の機会を獲得することができると考え、本ファンドへの出資を決定いたしました。

■ファンドの概要

名称     :SBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合

出資約束金総額:600億円

当社出資額  :1億円

投資対象   :AIおよびブロックチェーン分野を中心とした有望なベンチャー企業

設立時期   :2018年1月

運用期間   :10年

無限責任組合員:SBIインベストメント株式会社

■会社概要

会社名 : プロパティエージェント株式会社

代表者 : 代表取締役社長 中西 聖

所在地 : 〒163-1306 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー6階

設立  : 2004年2月6日

上場市場: 東京証券取引所市場第一部

資本金 : 3億5,800万円

事業内容: 不動産開発販売事業、プロパティマネジメント事業

URL   : http://www.propertyagent.co.jp/

<プロパティエージェント株式会社>

当社は、「IT×都心×不動産」をコンセプトに4つのオウンドメディアを運営し、それぞれのニーズにマッチングさせる事業展開を行い、ニーズに合わせた資産運用型の投資用不動産や住み方の多様性を提供する居住用コンパクトマンションを提供する企業です。社会的信頼に応え、誠実な企業運営を行い、持続的な成長及び発展を遂げることが重要であると考え、2015年12月に東証JASDAQに上場、2017年12月8日に東証二部へ市場変更、2018年7月24日に東証一部銘柄に指定されました。2018年3月(株)アイ・エヌ・ジー・ドットコム調べでは3年連続「投資向けマンションデベロッパー満足度調査」総合第1位を獲得しております。

<サービス一覧>

「ふじたろう」

AIによるLINEチャットボット機能を搭載した不動産売買マッチングプラットフォーム、不動産一括査定サイト。

https://www.fujitaro.com/

「不動産投資Times」

投資用物件の購入を考えている人や不動産投資について勉強したい人に向けて、プロからのアドバイスや物件情報などを提供します。

https://www.fudousantoshi-times.com/

「住み方ラボ」

「消えない選択肢」というコンセプトのもと、「住んでよし、貸してよし」という新しいマンションの持ち方を提案しています。

https://sumikatalab.com/


「SBI AI&Blockchainファンド」について

第四次産業革命と呼ばれる現在、様々なものがインターネットにつながっています。Iotで情報収集し、ビックデータに情報を蓄え、AIが集めた情報を分析して合理的かつ最善の判断をする、という産業革命の構造があらゆる分野を前進させることは間違いないでしょう。

SBI AI&Blockchainファンド、通称「A&Bファンド」はSBIインベストメント株式会社が設立した投資ファンドです。金融テクノロジーやIoTロボティクスといった今後の社会を牽引していくであろうAI、ブロックチェーンの分野に取り組んでいるベンチャー企業への投資を目的として設立されました。

はじめA&Bファンドは500億円の出資金を募集していましたが、大手金融機関や企業年金基金等からの出資、計100社超の出資者の参画により、2018年7月に募集予定金額に到達しました。そこで募集金額を600億円に引き上げ、さらなる資金の募集をおこなっています。

また、ファンドの活動であるベンチャー企業への投資も順調にすすんでいます。現在、国内外の有望なベンチャー企業であると判断した20社以上の企業に対して投資をおこなっています。

SBIインベストメント株式会社はA&Bファンドに投資していただいた企業、出資者の持っているスキル・サービスの高度化を支援します。そしてこれからの産業の成長をとおして、社会全体の発展に貢献したいと考えています。

公式プレスリリースはこちら: AI及びブロックチェーン分野を中心とする 「SBI AI&Blockchainファンド」への出資のお知らせ

世界の産業自動化制御市場、2018〜2222年の間に5.81%のCAGRで成長する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中