【動画】NB-IoTにおける初のエンド・ツー・エンドのデータ通信呼び出し

Telefonica社のネットワーク上でバンド20を使用し、Ericsson社と提携したTelit社のNE910 LTE Cat NB-IoTモジュールは、NB-IoT(狭帯域IoT)を顧客に提供しています。この実演で提供されているすべての製品とサービスは3gpp標準に準拠しており、マルチベンダー環境を駆使して達成しています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

バルセロナで開催されたMobile World Congress 2017で、Ericsson社、Telefonica社、Telit社はNB-IoTによる初のエンド・ツー・エンドのデータ通信通話を20バンドのナローバンドIoTとTelefonicaのネットワークを使用して行われ、成功しました。

この実演では、科学技術の共同制作でマルチベンダー環境に対応し、提供しているすべての製品とサービスは3gpp標準に準拠しています。

実演では、Ericcson社のパケットコアと無線技術をTelit社のNE910C1ナローバンドIoTモジュールに搭載しています。

次世代に接続されることになる何億にも及ぶ機器は、バッテリー駆動がとても重要になります。その為、バンド8と20に対応しているデュアルバンド接続がより良い浸透を構築し、全体をカバーする力があります。

会社が協力し共同制作する事で3つの良い要素が加えることが出来ます。1つはマンホール監視アプリケーション、2つ目はスマートパーキングアプリケーションでどこに自分の車があるかセンサーが反応し位置情報がわかるようになるサービス、そして3つ目はタンクにあるガスの容量を表示するシステムです。これらのアプリケーションサービスはバッテリー駆動で動いており、顧客の製品に組み込むことが出来ます。

異なる技術を持つ複数の機器を販売する事で、顧客がより多くの投資をしてくれることを望み、ゼロから再設計するのではなく、元からあるものを新しい何かに取り替えることを可能にする事ができます。

すでにある製品を他の会社と提携して新開発しているのは、もうすでに行っています。例えば、GSMは、3Gから始まり、今は狭帯域IoTで作業するのを手伝っています。すでにその個々の会社が持っている技術を活かしてより小さい製品を作ったり出来ます。

現在はWi-Fi技術を使った製品を開発しており、低電力で広範囲に電波を届かせることが重要だと考えています。

Ericssonについて

過去140年間、Ericsson社は、通信技術の最前線にいました。現在、Ericsson社は、ビジネスサポートを継続的に発展させ、ICT業界を先導する事で、顧客価値を最大化することに全力を注いでいる会社です。
詳しくは、https://www.ericsson.com/enをご覧ください。

Telefonicaについて

Telefonica社は、スペインのマドリードに本拠を置く大手通信事業者。です。スペインおよびスペイン語圏のラテンアメリカ諸国で最大の通信事業者であり、イギリスドイツアメリカ合衆国などでも事業を展開しています。
詳しくは、https://www.telefonica.com/es/homeをご覧ください。

Telitについて

Telit社は世界の中でも包括的な高性能IoTモジュール、接続サービス、ソフトウェアを提供している会社です。この会社は、ハードウェア、接続性、及びプラットフォームにおいて、IoT技術によってビジネスを変革しようとしている会社です。厳しい環境要件や業界標準を超える妥協のない技術者と設計手法を用いて、顧客満足度の向上に日々勤めています。
詳しくは、https://www.telit.com/をご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
製造、サプライチェーン管理におけるブロックチェーン技術の分析とユースケース 世界のIoTに関するレポート公開中