インダストリー4.0が世界の製造業に及ぼす5つの影響

インダストリー4.0が世界の製造業に及ぼす5つの影響 – 記事

製造業を営む会社で働いている人は、おそらく誰しも「インダストリー4.0」という言葉を聞いたことがあると思います。インダストリー4.0とは一体何なのでしょうか。

インダストリー4.0とは、私たちが今第四の産業時代に入ることを表しています。第四次産業革命と呼ぶ人もいます。

第四次産業革命? その他の三つの革命はいつ起こったのでしょうか?

第一次産業革命は、蒸気と最も古い機械が到来し、大きなヒゲと黒いハットと蒸気機関車がシンボルでした。

第二次産業革命は、1900年の初めに起こったものです。第一次世界大戦時の電球や電話などの組み立てラインや、電気と大量生産が盛んになった時代です。

第三次産業革命は、そんなに古い話ではないと言う人もいます。1970年代頃に起きたこの革命は、コンピューターや自動化や原子力、携帯電話やラップトップなどが開発されました。

これらの革命がインダストリー4.0に繋がります。新しいエネルギーを開発することで現れた先述の3つの「革命」とは異なり、インダストリー4.0は、水、電気、電子力に至るまで、デジタル化によって仮想世界を出現させます。

それはとても良いことじゃないかと言うかもしれません。しかし、あなたにどのような影響を及ぼすか知っていますか?以下にてインダストリー4.0が世界の製造業に及ぼす5つの影響を紹介していきましょう。

機械がお互いにコミュニケーションをとる

2000年初頭のサイエンスフィクション映画のように、機械同士がしゃべるんです!人類の破壊をプロットするのではなく、時間を節約し、無駄を減らし、お金を節約する手助けをしてくれています。
これは、IoTと呼ばれるもののおかげです。これは簡単に言えば、デバイス同士をインターネットを通じてつなぐものです。このリンクを使用すると、デバイスをスマートに共存させることができます。
この例はスマートなドアベルです。
モーション検知のドアベルが開発され、人が来た時には、ドアを開けるか、ライトを灯すか、または危険だと感じた時にはアラームを鳴らすか、選択ができます。

時間の節約

インダストリー4.0を正しく利用すると、製造業者がすべきこと、「製造をする時間」をより多く作り出すことができます。パーツを自動的に並べ替えるマシンは、ダウンタイムの短縮と手間のかかる作業を手作業で行うことを意味します。
あなたはよく道に迷いますか?もしあなたの電子カレンダーが車とリンクしていたなら、朝、車に乗るとすでにあなたの行き先がナビに映し出されていることでしょう。シンプルな時間の節約が、あなたにより多くの時間をもたらしてくれるのです。

改善された安全性

スマートセンサーは、工場の安全基準を向上させるのに役立ちます。機械同士が話すことや、重要な情報を監視して記録したりするだけでなく、セキュリティの脅威を発見した際には、機械を止めることもできます。本質的に問題が発生する前に問題を止めることができます。
これと同様に、これらのスマート機器は、人間が不可能な安全でない仕事をこれまで以上に装備し、信頼性を高めています。人間が危険なガスや化学物質、極端な熱や危険な工具を使用する環境で作業することはありません。

お金の節約

インダストリー4.0のセットアップは高価になるかもしれませんが、古く騒々しい機械を使用するコストは、より新しく高度な技術を使用するコストに比べ高い場合があります。
例えば、予測保守を備えた機械を使用すると、ダウンタイムがなく、信頼性が向上するため、より多くの製品を製造することができ、手作業による修理のコールアウト費用を節約できます。

人間が未来を前進させられる

インダストリー4.0は人間を必要としなくなると言うことではなく、むしろそれを使用することで技術を進歩させ、面倒な仕事から解放されることを意味しているのです。
インダストリー4.0は、データ管理、顧客サービス、販売、戦略化など、本当に重要なことを行うための「人間の時間」を解放し、データの入力、レポート作成、会議の準備を自動化し、あなたの会社の将来を形作るのに役立ちます。

これらはインダストリー4.0が製造に影響を与えるほんの一部に過ぎません。新しいアイディアは毎日のように出て来ているのです。さあ、あなたのアイディアは?

原文はこちら: 5 WAYS THAT INDUSTRY 4.0 IS GOING TO AFFECT THE WORLD OF MANUFACTURING

産業用ロボット市場、2024年末までに700億ドル超。各分野の種類別、地域別、企業別の世界予測はどうなのか? 世界のIoTに関するレポート公開中