IoTが医療を変える:「ガン患者や妊婦を落ち着かせるためにVRを使用する」など最新技術3つをご紹介

IoTが医療を変える:「ガン患者や妊婦を落ち着かせるためにVRを使用する」など最新技術3つをご紹介 – 記事

Sight Diagnostics 「Olo」コンピュータビジョンを使用して血液サンプルを分析

Oloは、患者の目前や在宅で行われる検査であるPOC(point of care)用の最初の完全血球計数装置です。

Oloはオーブントースターほどの大きさで、人工知能AI)を活用してスキャンを処理します。まず、着色された顕微鏡画像に血液を「デジタル化」し、サンプル中の細胞タイプを特定して計数する洗練されたコンピュータービジョンアルゴリズム(4年間の臨床研究からの匿名化データの半分のペタバイトで訓練された)を実行します。
指紋や静脈血からの採取から10分以内に、感染検査、貧血検査、特定の癌などのさまざまな疾患を検査する完全血液検査(CBC)を専門機関と同レベルで実施することができます。
Oloは、専門職でない人が操作できるほど簡単であり、スライドの準備で発生し得る不正確さやエラーを説明するのにも十分堅牢です。

今年初め、イスラエルのShaare Zedek Medical Centerで287人の臨床試験を完了し、欧州連合(EU)からCEマーク登録を受けました。Sysmex XNシリーズラボ血液分析装置に対して、Oloは19のCBCパラメータといくつかの診断フラグで等価性を達成しました。その後、欧州のいくつかの医療制度に導入され、米国コロンビア大学アーヴィングメディカルセンターやボストン子供病院で臨床試験が行われています。

VRHealth、Oculus ガン患者や妊婦を落ち着かせるためにVRを使用

VRHealthOculusの協力により、OculusのVRヘッドセットはストレスや外傷性の医療処置への対応を容易にし、患者の不快感を和らげるため、病院で使われています。

Oculus Connect 5イベントに先駆けて、同社は分娩中の妊婦や化学療法のガン患者、手術前後の患者が感じる痛みを管理するためにGoとRiftのハードウェアを使用していると発表しました。

VRHealthのソフトウェアは、VRヘッドセットに熱帯のビーチの景色を映すだけの簡単な方法ですが、特に医療用のユーザーエクスペリエンスを提供するために設計されています。

VRHealthのソフトウェアには、認知テストと心理学的評価ツールが含まれています。これらのツールは、ローカルまたは遠隔地から患者を診断するために使用できるAIおよびクラウドベースの分析アルゴリズムと組み合わせて使用されます。 データはリアルタイムでポータルに送信されます。ポータルでは、医療機関の専門家、プロバイダー、支払人、患者がアクセスすることができます。

VRHealthによると、同社のソリューションは、すでにスタンフォードスポーツ医学、スポルディングリハビリテーションネットワーク、Hoag病院ネットワーク、およびマス総合病院のスポーツ医学センターなどの機関に展開しています。

Butterfly 「iQ」従来のトランスデューサーに依存しない安価な高周波スキャナ

1956年の最初の臨床超音波装置の導入から数十年間に、高周波スキャナは、少なくとも先進国では多くの臨床医の診断用ツールの主力となっています。しかし、伝統的な超音波装置は水晶や他の特殊なコンポーネントを含むトランスデューサーに依存して画像を生成するため、非常に高価です。

Butterflyの超音波オンチップ技術は、従来のトランスデューサーとシステムを1つのシリコンチップに置き換えました。半導体ベースの超音波は、低コストで高性能のイメージングと多用性をもたらします。

iQは全身撮像が可能な世界で初めての超音波オンチップであるとButterflyは述べています。従来のトランスデューサーの結晶は、特定の深さの超音波を生成するように調整する必要がありますが、シリコンにはそのような制約はありません。

また、付属のスマートフォンアプリは、人工知能AI)をタップして設定プロセスを合理化します。コンピュータビジョンアルゴリズムは、ハンドセットのカメラからの映像を取り込み、リアルタイムでプローブの位置を検出し、拡張現実感(AR)をユーザに指示することによって、どこに配置するかを正確に促します。画像をアップロードするクラウドストレージサービスは、AES 256ビット暗号化とSOC II認証を受け、医療記録で収集された個人情報を保護するための1996年米国法HIPPAに完全準拠しています。

4月には、ButterflyとBrown Universityの超音波チームが、ケニアの病院の集中治療室でiQを試験的に実施しました。
今後18ヶ月間に4億台以上のデバイスを販売する予定です。Butterflyはすでに超音波を使用して患者を監視するパッチと、体内から癌を調べられる摂取可能な錠剤という2つの新製品の開発に尽力しています。Butterfly創始者のRothbergはいつか、このプラットフォームが聴診器に取って代わると考えています。

参考リンク

5G技術により進歩する無人自動車 市場、標準化、技術を分析 世界のIoTに関するレポート公開中