スイスのメトラー・トレドが常州国家ハイテク産業開発区の3番目の工場で生産開始

Mettler Toledo (Changzhou) Measurement Technologyは2017年11月16日、新工場の第1段階である3442万米ドルの新施設で生産を開始しました。同社はスイスに本社を置くMettler Toledo (Holdings) Groupが常州国家ハイテク産業開発区(CND、Changzhou National Hi-Tech District)に設立した3番目の製造子会社で、既に同地区で工業用スケール(計量・計測機器)、システム、精密機械の生産を行っている同様の2つの子会社の設立に続くものとなります。メトラー・トレド(Mettler Toledo)は2015年、商業用スケールの製造施設を建設した際、同開発区への投資を拡大しました。

CNDに設立されたメトラー・トレドの複数の子会社は、国際市場と中国国内市場の双方に合わせた幅広い製品を開発するという全体的戦略の一環として、引き続き世界クラスの計量技術を展開し、活用していく計画であり、これらの製品には電子トラックスケール、プラットフォームスケール、レールスケール、クレーンスケール、計測スケール、バルクスケールなど特定できる市場需要のある機械的および電気的統合製品が含まれています。同社は40以上の発明特許を含む200超の特許を保有しており、この開発区にある3施設は現在、メトラー・トレド・グループのグローバルなR&D、製造、調達センターとして機能しています。

その地理的位置の優位性、完全なサポート施設および理想的な投資環境のおかげで、CNDには、同開発区域内に施設を持つ1000社以上の外国投資の企業が進出しています。これらの企業には、米国に本社を置くアルミニウム生産会社のNovelis、特殊化学品メーカーのAshland、カナダの自動車サプライヤーのMagna International、フランスの鋼管メーカーVallourec、スイスのパイピング・自動車・機械加工ソリューションプロバイダーのGeorg Fischer、オランダの塗料・塗装メーカーAkzoNobel、ドイツの特殊化学品メーカーLanxessが含まれます。同開発区内の外国投資プロジェクトには、新素材、ヘルスケア、太陽光発電、スマート機器、一般航空などの主要な産業チェーンが含まれています。さらにCNDは、単一の産業に特化した特別ゾーンを構築し、Sensor Valley(センサーバレー)と呼ばれるあらゆる種類のセンサーに特化した必須の産業クラスターを形成しており、CNDの最も成功した例としてしばしば取り上げられています。

原文はこちら: Switzerland-based Mettler Toledo starts production at its third plant in Changzhou National Hi-Tech District

拡大するAIサービス市場。市場動向、障壁、ビジネスモデルやテクノロジーの問題を調査 世界のIoTに関するレポート公開中