10月1日発売のVerizon 5Gウルトラワイドバンドについて知っておくべき5つのこと

10月1日発売のVerizon 5Gウルトラワイドバンドについて知っておくべき5つのこと – 記事

Verizonは、火曜日、10月1日にアメリカの4つの都市で、世界で初めての商用5Gブロードバンドインターネットサービスを開始すると発表しました。

Verizon 5G HomeというサービスがVerizonのウルトラワイドバンド5Gネットワークを使用して開始されます。同社は、これは世界初の5Gを用いたサービスおよびモバイル商品となると述べています。

以下にて、Verizon 5Gサービスについての知っておくべき5つのことを紹介しましょう。

1、発売日時: Verizon 5G Homeサービスは10月1日に運用が開始されます。9月13日からは、アメリカの顧客に限って、FirstOn5G.comのウェブサイトにて専用会員になる手続きや、5Gについて事前知識を学べる場が提供されます。

2、発売場所: 5G Homeサービスは、まず初めに、ヒューストン、インディアナ、ポリス、ロサンゼルス、サクラメントにて利用可能となります。報道官系の電子メールによると、ベライゾンがベンダーから新しい標準に準拠した機器をインストールすると、サービスエリアは急速に拡大するだろうと言われています。

3、値段: ヒューストン、インディアナ、ポリス、ロサンゼルス、サクラメントの顧客で、初期メンバーとして登録することで、5G Homeサービスの3ヶ月の無料期間が提供されます。その後は、対象のスマートフォンプランを使用しているVerizon ワイヤレスの顧客は月額50ドルを支払うこととなります。
月額にはずべての税と手数料が含まれており、年間契約は必要とされません。またハードウェアの費用もかかりません。
Verizon 5G Homeの顧客は、初めの3ヶ月YouTube TV無料期間が提供されます。(その後は月額40ドルとなります) そして、インストール時にはApple TV 4KまたはGoogle Chromecast Ultraが無料となります。初期の5Gメンバーは2019年に全てのWi-Fiデバイス、無料ルータ、およびルータのアップグレードを無償でインストールして設定することができます。この顧客は5Gモバイルが販売されるとすぐにそちらも購入することでしょう。

4、スピード: Verizon 5G Homeの顧客は平均で300 Mbps、場所によっては最高で1Gbpsのスピードを得ることができるでしょう。

5、技術: Verizon 5G Homeはエンドツーエンドの深層ファイバーリソースを含むVerizonウルトラワイドバンド 5G ネットワークを構築し、小型モバイルの大規模な展開や、ミリ波帯での強力なスペクトル保持が含まれます。これは、容量、スループット、およびレイテンシの点で最大の5Gの帯域幅を持つ唯一のスペクトルです。

「無線ネットワークプロバイダは、5Gの潜在的可能性を引き出すために、フィアバーリソース、小型モバイルの大規模展開、重要なスペクトル保有という3つの基本的な資産を持たなければなりません。それはウルトラワイドバンドです。」

とVerizon CTOのKyle Malady氏はプレスメールで述べています。

Verizonはこの最初の商用ローンチで、独自の5G標準を使用すると報道されました。

Verizon CEOのHans Vestberg氏は、

「まず、生態系の他の人々があらゆるステップでより迅速に進むことを推奨しています。」

と述べました。

「私たちは、この重要なマイルストーンに到達できたことを、ネットワーク機器メーカーや、デバイスメーカーや、ソフトウェア開発者やチップ製造者にとても感謝しています。ワイヤレス産業自体が祝福することでしょう。」

今週のはじめ、Verizonは5Gラボをアメリカ国内のロサンゼルス、ワシントンDC、パロアルト、マサチューセッツ州のウォルトサムの4つの新しい場所に拡張子、5G技術とユースケースの開発とテストに集中すると発表しました。

原文はこちら: 5 things to know about Verizon 5G Ultra Wideband launching Oct 1

【IoTレポート】トップインダストリアルロボティクス、トップサービスロボットによるトップロボット市場 – 2... 世界のIoTに関するレポート公開中