【動画】オープンギガビットイーサネットドライブ三菱電機の自動化戦略

【動画】オープンギガビットイーサネットドライブ三菱電機の自動化戦略

三菱電機は電気・電子機器の製造、マーケティング、セールスのグローバルリーダーです。三菱電機のプロダクトマネージャであるAlberto Griffini氏は、なぜCC-Link IEオープンギガビットイーサネットがインダストリー4.0の基本であり、その技術が三菱電機の産業オートメーション製品にとって重要なのかを説明しています。
三菱電機は電気・電子機器の製造、マーケティング、セールスのグローバルリーダーです。産業機器部門はPLC、エンジン・マイニング・スキャター、高速モーションServoシステム、ロボットスイッチングディバイス等を含む製品のソリューションを提供します。

CC-Linkはハイパフォーマンス、インターネットベース、オープンネットワーク技術でI/O、運転、安全、コミュニケーションをサポートします。

CC-Link IEの最も有利な点は、帯域幅がギガビットイーサネットをサポートしており、これは産業コミュニケーション市場では独特だという点です。これらのプラットフォームはインダストリー4.0の要件にとってとても重要です。

この現場からの大容量の情報を共有することで、監視、診査、メンテナンスを含むサービスを評価する事を可能にします。

パフォーマンスは顧客の生産性を向上させます。三菱電機はほぼ全てのCC-Link IEをサポートしています。e-factoryは三菱のインダストリー4.0のコンセプトです。CC-Linkはこの戦略の鍵となります。異なるオートメーションのパートナーの300以上のメーカーの1,700以上の製品にオープンな接続を提供します。CLPAの最も有利な点は、CC-Link IEのデバイスが相互運用で完璧に動作している事を確実にするためのデバイスパフォーマンステストを含め、フェアやイベントなどのマーケティング活動への参加、CLPAが提供する製品の開発のためのガイダンスやサポートがあることです。独立した市場調査では、CC-Link IEは世界で最も速く成長しているネットワークだと言われています。私共は2000万以上のデバイスをインストールしており、これがCC-Link IEを成功させています。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
工場のあらゆるニーズに対応するIoTプラットフォーム。経済動向、技術動向、市場需要を分析 世界のIoTに関するレポート公開中