医療、自動車産業で拡大する超音波センサー市場。2018〜2023年の間にCAGR10.96%で成長し、55億米ドルの価値に達する見込み

医療、自動車産業で拡大する超音波センサー市場。2018〜2023年の間にCAGR10.96%で成長し、55億米ドルの価値に達する見込み – 記事

レポートの概要

世界の超音波センサー市場は2017年に29億4,000万米ドルと評価され、予測期間(2018〜2023年)の間にCAGR10.96%で成長し、2023年までに55億米ドルの価値に達すると見込まれています。報告対象範囲に含まれる地域には、北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東、アフリカなどがあります。

これらのセンサーの基本的な動作原理は、最初の波を受信した後にそれを光源に反射する、対象物への超音波の送信を含むエコーロケーション(echolocation)に基づきます。超音波センサーは、対象物によって生成された「エコー」からの距離を計算することによって、対象物の正確な位置を検出します。超音波センサーは、自動車、医療、産業、食品およびエレクトロニクス分野で広く使用されています。従来の超音波装置は、複数の産業で使用されるように商品化されており、これらの装置は、非破壊的な方法で内部の対象を探索する能力を有します。センサーはより高い測定範囲、周波数、感度、透過力などの有利な特性を持つので、検出プロセスをより効率的にします。高周波および短波長の超音波センサーの処理により高精度が達成され、高解像度の画像や正確な距離測定が可能になります。しかし、光センサーに比べて応答速度や精度が低く、製造優位性が低いなど他のセンサーとの競争は市場の成長を阻害しています。

医療業界における超音波センサーの需要の増加
超音波センサーは、医療アプリケーション産業における技術進歩の最前線に位置しています。これらのアプリケーションは、生活の質を向上させ、この分野におけるより優れた診断能力を保証する最先端の革新的なソリューションを提供してきました。医療産業における超音波センサーの使用は、2つの異なる分類、すなわち検出と測定の下で研究することができます。これらのセンサーは、複数の形状やサイズで入手可能であり、身体の表面上で使用することができ、健康診断の性質に応じて特定の部位に挿入することができます。超音波センサーを使用して、人体を通して超音波を送信し、視覚画像を生成することができます。妊娠中の女性の胎児は、これらのセンサーを用いて描写されます。これは、ラジオグラフィソリューションに代わる、リスクのない方法です。超音波センサーは、圧電センサーに代わる費用対効果の高い方法を提供し、より広い範囲の条件で動作します。これらのセンサーは、腹部症状、甲状腺、心臓病、血管系や経直腸系の診断に使用することができます。複数のセンサーが、物理的な病気の検出に使用されることもあるでしょう。このように、優れたヘルスケア施設の需要が、超音波センサー市場の成長を促進します。

超音波センサーの巨大な需要を創出する自動車産業
超音波装置は、パーキングアシスト、安全アラーム、衝突回避、物体検出、自動ブレーキシステムなどの自動車用センサーで使われており、次世代のドライビングアシストと自動運転システムの未来を形作る上で重要な役割を果たします。車載センシングシステムは、高性能プロセス向けの先進車で提供されています。これらのシステムは、車からの物体の相対距離を測定するための超音波センサーに依存しています。長距離レーダー機能は、車両間の衝突を避けるために、クルーズコントロールシステムと統合されています。これらのセンサーは、パーキングアシストやブレーキコントロールのため、自動車の後部の距離の検出にも使用されています。さらに、ベンダーは、オープン構造、防水、損傷を減らすためのアウターケーシングなどの機能を強化した、超音波センサーの様々なバリエーションを提供しています。将来予想されるADASシステムの値上げにより、超音波センサーも比例して上昇するでしょう。

アメリカは市場における相当なシェアを占めると予想される
超音波センサー市場では、多くの要因により北米が伝統的なリーダーです。この分野では市場浸透率がかなり高く、いくつかの自動車や大手製造企業の存在は非常に重要な成長因子です。北米諸国のなかでは、米国が市場シェアの大部分を占める一方、カナダ市場は米国より速く成長すると見込まれています。米国の一人当たりの医療支出は非常に高く、ヨーロッパの発展した対応国よりも高いです。超音波センサーは、人体の内部を損傷することなく視覚化することができるため、X線撮影が適用できない出生前検査を含む様々な医療検査に広く使用されています。さらに、健康意識の高い市民による外科手術の改善に対する需要の高まりが、この地域の超音波センサー市場を推進しています。

その上、OICAによると、北米の自動車産業は2010年の100億ユニットから2016年の160億ユニットと急速に増加しています。この地域の推進産業では、北米は市場における大きなシェアを占めることが予想されます。

目次

  1. 第1章 はじめに
  2. 第2章 研究アプローチと方法論
  3. 第3章 市場分析
  4. 第4章 テクノロジースナップショット
  5. 第5章 市場動向
  6. 第6章 テクノロジースナップショット
  7. 第7章 グローバル超音波センサー市場セグメンテーション
  8. 第8章 ベンダー市場シェア
  9. 第9章 競合情報分析 – 企業プロファイル
  10. 第10章 投資分析
  11. 第11章 超音波センサー市場の今後の展望

レポート情報

レポート名 Global Ultrasonic Sensors Market
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年05月
金額 $4,250(本記事記事公開時点)
ページ数 120
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

15498

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

成長が見込まれる消費者向けAIアプリケーション。2016年から2025年のAIハードウェア、ソフトウェア、サービスの市場... 世界のIoTに関するレポート公開中