5Gが将来のスマート工場を動かす5つの方法

5Gが将来のスマート工場を動かす5つの方法 – 記事

接続における次の革命が近づいています。最も利益を得るように設定された製造資産があります。

4つ目の産業革命、別名「Industry 4.0」はスマート工場内にデジタル移行をもたらしています。それは、機械とセンサー技術にコンピューティングパワーを加えたようなものです。5G (第5世代モバイルネットワーク) は、高速化、低レイテンシ、広帯域幅、エッジコンピューティング機能を提供し、さらにこの変革を大きくしています。
これまでにないレベルの機械学習AIを使用して、デザインから配布まで、より迅速で自動で完全につながった製造経験を想像してください。

4Gが携帯端末のストリーミングビデオのブロードバンドのスピードを高めている間に、5Gは世界中の接続されたデバイスの出現を適切に処理してくれます。

大規模な産業用IoT

最近の(IDC)iの調査によると、IoTに費やされる経費は、製造業と運輸業が他の産業と比べて高いそうです。中でも製造業は2022年までに他のどの産業よりも多くの経費をIoTに費やすと推測されているそうです。

これらの接続されたデバイスからの大量のデータと情報を管理するために、製造会社は5Gのさらなる容量とスピードを必要とします。調達から流入まで、5Gはよりよいサプライチェーンの可視化をもたらすでしょう。

ロボット工学

クーカ公式ロボティクス教育(KORE)認定プログラムは、専門家と学生にクーカロボットの動作確認だけでなく、ロボット工学の原理を学ぶ機会を提供します。

5Gは最終的にロボット工学の能力を発揮させるきっかけとなるはずです。5Gはコンピューティング機能を利用するため、データはそのソースの近くで利用されるようになります。これは、5Gの拘束性と広帯域性と相まって、小型で安価で無限のロボットの制作を始めるでしょう。

自動車メーカーはすでにコボットやコラボレーティブロボットを使用しており、人間の労働者が車の外で作業をしている間に、ロボットが車の下で難しい作業を完了させることができます。最終的に、このようなロボットがより迅速により機敏な意思決定を行い、ほぼリアルタイムで変化に対応するのに、5Gが役立つことでしょう。

柔軟なネットワーク

5Gは、想像企業の柔軟性を高め、必要に応じてネットワークを調整するのに役立ちます。オンプレミスエッジコンピューティング機能により、機密データをローカルでコントロールできるようになります。さらに、ネットワークスライスを使用して、単一の物理5Gネットワークを複数の仮想ネットワークに分割することができるようになります。

ネットワーク機能仮想化(NFV)とソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)とを組み合わせるこれらの機能は、製造業者が理想的なパフォーマンスを得るためにネットワークを最適化する重要な要素です。

拡張現実感とバーチャルリアリティ

製造会社はすでに拡張現実感とバーチャルリアリティを使用しています。しかしそれには広域な帯域幅が必要となるため、技術に完全に投資することができていません。技術を使うためには、スタッフもネットワークに物理的に接続される必要があるのです。

5Gを使うと、工場のどこにいてもその技術使って作業できるようになります。トレーニング、機械の保守、データの視覚化、設計などの活動に5Gを使用することができます。

AI機械学習

AIは将来のスマートな工場の重要な機能となるものですが、大量のリアルタイムの高品質なデータにアクセスして効率的に作業する必要があります。5Gの大規模なIoT接続と高速化とエッジコンピューティングパワーの組み合わせにより、最終的にAIは自身の間違いから迅速に「学習」し、よりスマートで信頼性の高い意思決定を行うことができます。

現在、AIは反復作業を完了するために小さな領域で使用されていますが、最終的には、AIが人間からの介入なく工場の生産を制御するために使用されるでしょう。将来的には、機械をコントロールするだけに留まらず、サプライチェーンの問題を予測し、不正を防ぎ、生産機会を評価するためにも使用することができるはずです。

将来の5Gスマート工場は、完全に接続されたものを中心とするでしょう。大規模なデバイス接続と革新的な技術体験からほぼリアルタイムの自動化とネットワークの柔軟性に至るまで、5Gはスマート工場に大きな進歩をもたらします。そして、製造業は最終的に業績の向上、業務の効率化、安全性の工場といった大きなメリットを実感することができるでしょう。

原文はこちら: 5 Ways 5G Will Power the Smart Factory of the Future

自動車業界に革命を起こすブロックチェーン技術。スマートマニュファクチャリング、IoTなどブロックチェーンの使用可能な部門... 世界のIoTに関するレポート公開中