【日本海外事例集】日本を基盤とするTAKE Energy企業と同意を結んだ後、Pavoは日本で発売される予定

日本海外事例集】日本を基盤とするTAKE Energy企業と同意を結んだ後、Pavoは日本で発売される予定 – 記事

Pavoは農業業界向けの有料IoTブロックチェーンソフトウェアソリューションを提供するソフトウェア企業です。すでにカリフォルニアとトルコで稼働され始めている同社のプラットフォームは、ヘーゼルナッツの生産量を30%増加させることができることが証明されています。

名前が示しているように、TAKE Energyプラットフォームは電気製品とも関わりを持っています。現時点で、日本にソーラーパワーを含むいくつかのパワープラントを構築しています。通常では、この企業は合法でクリーンで信頼のおける電気パワーを生産していると保証しています。PavoとTAKE Energy間における契約によると、PavoはTAKE Energyのプラットフォームに、同社のオンライン市場と暗号通貨の支払いソリューションを統合する予定です。

PavoのCEOであるErhan Cakmakはこの契約について、TAKE Energyとの提携は、新規市場に自社のサービスを展開する当社のビジョンの重要なマイルストーンであると述べています。同氏は、持続可能で信頼性の高いサービスを顧客に提供することを目標としていることから、日本市場への顕著な影響についてエネルギー会社を称賛しました。

TAKE Energyの設立者でありCEO の竹本一真は自社の持つ地域市場の知識はPavoを支援するだろうと述べています。

Pavoについて

Pavoは農家が作物を管理し、マーケティングできるよう支援するように設計されたブロックチェーン駆動のモノのインターネット(IoT)プラットフォームを開発しています。本質的に、このソリューションは、正確なリアルタイムデータに基づいて、農業者がより迅速で農業上および事業上の意思決定を行うことを可能にします。

同社はまた、農場と農産物のリアルタイム管理を容易にするクラウドコンピューティングプラットフォームを備えています。このソリューションは、持続可能な農法を使用し、収量を最大限に生産するために農家を最適化する方法についてアドバイスします。

原文はこちら: Pavo IoT Blockchain Software Forms Partnership with Japan’s TAKE Energy

【IoTレポート】インダストリアルインターネット(IIoT)と製造業の将来、2021年までの予測 世界のIoTに関するレポート公開中