初めてのラインサイドアプライアンスサーバー:IIoTA™の紹介

初めてのラインサイドアプライアンスサーバー:IIoTA™の紹介 – 記事

単一のアプライアンス内でのマシンの視覚化とローカルデータベースストレージの「ITオプション」。

elliTekIIoTA™ラインサイドサーバーは、普通のPCベースのサーバーがありません。この製品は、エンジニアに欠陥流出防止や製品の追跡性、シンプルで効果的な手段を提供するために開発された最初のラインサイドアプライアンスサーバーです。

IIoTA™の特徴:

  • 統合プロセス検証
  • スタンドアロン「ITの選択」のネットワーク機能
  • 履歴の追跡データの保存とリアルタイムの可視化

IIoTA™アプライアンスサーバーは、生産ラインとネットワークのエッジに位置します。ラインサイドのデータベースは、特許取得済みのData Commander™MESプラットフォームとデータベースサーバーを組み合わせて製造エンジニアをサポートします。PCベースの技術を除去することによりelliTekは、アプライアンスのデータ通信、ファームウェア、およびネットワークの分離の組み合わせが安全で追跡可能な生産データを提供することを証明しました。

生産ライン装置(PLC、ハンドツールなど)を安全に接続するためのプログラミングの経験は必要ありません。インストールソフトウェアが含まれており、生産監視、視覚化、プロセスの検証に追加のソフトウェアは必要ありません。

IIoTA™アプライアンスサーバ-は、製造エンジニアが設定とリアルタイムダッシュボードを数分で作成することができる互換性のあるロット管理システム(LMS)を生成することができるようになります。重要な利点、セキュリティ上の利点とコスト削減を実現してください。IIoTA™は2018年10月23-25日にシカゴで開催される2018年のアセンブリのショーでデビューする予定です。elliTekのブースは2014です。

elliTekの所有者であるBrandon Ellisは2018年10月24日に「ITオプション」データベースサーバーおよびMESゲートウェイ機器と可視化ソリューションを結合する利点を提示します。2018 Assembly Showに無料で登録するhttp://www.elliTek.comをご覧いただくか、(865)409-1555に電話してください。急いでください、このオッファーは2018年10月16日に有効期限が切れます。

注釈

  • 「アプライアンスサーバー」

    https://www.weblio.jp/content/%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC 

    アプライアンスサーバーとは、提供する機能をあらかじめ特定用途に限定・特化したサーバー製品の総称である。アプライアンスサーバーは、多くの場合、用途に応じた機能があらかじめセットアップされた状態で出荷される。そのため、導入や管理が比較的容易である。専用OSが搭載されていることも多い。また、目的が限られているため、特定のスペックのみ強化させやすいという利点もある。汎用的なサーバー製品に比べて用途は限られるが、イニシャルコストは必ずしも汎用製品より低いとは限らない。アプライアンスサーバーとして提供されることがある主な機能としては、Webサーバー、キャッシュサーバー、プロキシサーバー、メールサーバー、ファイヤーウォール、ウィルスチェック、ロードバランサなどを挙げることができる。アプライアンスサーバーの主なブランドとしては、国内メーカーではNECが販売しているExpress5800シリーズの「InterSec」などを挙げることができる。

原文はこちら: First Ever Lineside Appliance Server – Introducing IIoTA™

自動車業界に革命を起こすブロックチェーン技術。スマートマニュファクチャリング、IoTなどブロックチェーンの使用可能な部門... 世界のIoTに関するレポート公開中