【動画】インダストリー4.0:衛生廃棄物用1/3 HP医薬品ガラスバイアル粉砕機の設計

【動画】インダストリー4.0:衛生廃棄物用1/3 HP医薬品ガラスバイアル粉砕機の設計

ケソンシティにあるフィリピン技術研究所の機械工学の学生がデザインをした医薬品ガラスバイアル粉砕機をご紹介します。保健省の危険なグラスバイアルの要件の導入にインスピレーションを受け、危険な化学物を入れるバイアルの再利用、再循環を避けることを意図して作られました。交互回転による圧縮力、1/3馬力の電気モーター、2段階の粉砕要素等により、完全にバイアルを粉砕します。
私たちはケソンシティにあるフィリピン技術研究所の機械工学の生徒です。私たちのプロジェクト・デザインをご紹介したいと思います。プロトタイプは1/3馬力の産業廃棄物用の医薬品ガラスバイアル粉砕機です。

このデザインは再循環、または危険な化学物を入れるバイアルの再利用を避けることを意図しています。このデバイスのインスピレーションは保健省の危険なグラスバイアルの要件の導入です。これから先はデバイスの機能をご紹介します。装置を実際に動かしてみます。

装置は2つの1/3馬力の電気モータで構成されています。パワーは一連のチェーンとスプロケットで送信されます。グラスバイアルは脆性材料の例です。私たちはグラスバイアルに圧縮力を発揮するために交互回転の概念から主な粉砕メカニズムをデザインしました。

メインの粉砕要素は大きなサイズのグラスバイアル向けにデザインされています。小さなサイズのバイアルを粉砕するために私たちは二次的な粉砕要素をデザインしました。メインの粉砕要素はホッパーによって二次粉砕要素に繋げられます。二次粉砕要素は4つのバーのリンケージメカニズムで構成されています。パワーは同じように電気モーターから来ており、チェーンとスプロケットで送信されます。そして、圧縮力を掛ける事によって小さなバイアルを確実に粉砕します。

二次要素で粉砕されたバイアルは廃棄ビンに運ばれます。その結果、全ての粉砕の対象となった梱包材料は、完全に粉砕されたと結論付けました。

これでこの種の包装材料は、この特定の設計の主要な目標以外の目的のために意図的に使用することはできません。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する国

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
グローバル5G市場 – 5年間で約97%のCAGRで拡大し、2025年には251億米ドルの価値に達する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中