Livescribe 3 Smartpen:紙に書かれる情報をシームレスにデータ化してくれるIoTペン

話題の記録端末「スマートな文房具」とは

Livescribe 3 スマートペン
高級ボールペンのような手触りと書き心地を追求した Livescribe 3 スマートペンでは、筆記した内容をすべて Bluetooth Smart を通じてスマートフォンやタブレットに送信できます。
デザイン賞を受賞したこのスマートペンでは、筆記したメモがメモリーに保存されるため、メモをキャプチャするアプリを使用する必要がありません。リングを回してから筆記してください。

Livescribe ドットペーパー
Livescribe ノートブックは革新的なドット パターンが特徴です。スマートペンはこのパターンによって、筆記された内容や描画された内容を正確に認識できます。さまざまなスタイルの Livescribe ペーパーを各種サイズでご用意しています。それぞれの用途に合わせたペーパーをお手頃価格でお求めいただけます。

Livescribe+ モバイル アプリケーション
Livescribe 3 はメモを複数のデバイスと同期できるため、ご使用のすべてのデバイスで貴重な情報を表示させることができます。
Livescribe+ は最新の手書き認識技術を採用しているため、必要なメモを簡単かつ正確に検索できます。メモはデジタル テキストに変換することもできるため、他のアプリで送信したり使用したりすることができます。

なぜ良いのか、どんなメリットがあるか、どんなことが可能になるか

専用のノートにスマートペンを使って文字やイラストを書いていくと、その紙に書かれた情報がスマホやタブレットに転送されます。いちいち紙データをスキャンしたり、カメラで撮影しなくても大丈夫!というスグレモノです。

商品動画

提供会社「Livescribe」とは

Livescribeはスマートペンの設計、製造における世界有数のリーディング カンパニーです。スマートペンを使用することで、毎日使用しているデジタル デバイスの手書きノートをキャプチャ、検索、共有できます。Livescribe のスマートペンは、唯一手書きノートを録音オーディオと同期でき、ユビキタス ペンを日常生活でさらに便利に使用できます。Livescribe スマートペン シリーズには、Echo スマートペン、Livescribe 3 スマートペンがあり、どの製品にも各プラットフォーム用のソフトウェアが付属しています。

Livescribeスマートペンは手書きノートやオーディオをデジタル形式に変換するため、毎日使用しているデバイスからアクセスできるようになり、手書きノートへのアクセスや共有方法を根本的に変えます。ペンと紙は今でもメモにもっともよく使われており、キーボードと画面を使うよりずっと自然で集中できます。

Livescribe は今日のデジタル ライフスタイルでペンと紙をさらに使いやすくしました。Livescribe スマートペンには赤外線カメラが内蔵されており、専用の Livescribe ペーパー上でのペンストロークを検出し、ノートをリアルタイムでデジタルに記録できます。

Livescribeは栄えあるレッド ドット デザイン賞、CES の Envisioneering および Showstoppers 最優秀賞、東京ギフト ショー グランプリ、Hexus イノベーション賞、SIIA CODiE 最終選考作品、Scholastic Teacher’s Pick、BusinessWeek 誌の Best Tech Startups、MacLife 誌の Editor’s Choice に選ばれました。
Livescribe は2007 年に設立され、カリフォルニア州オークランドに本社があり、Scale、VantagePoint、Crosslink Capital、その他出資者から資金提供を受けています。

Q&A

  • ペンキャストとは?
    ノートやオーディオをデジタル化して、インタラクティブなドキュメントとしてファイルに変換したものがペンキャストです。ペンキャストを使用すると、ノートを取ったときとまったく同じ状態でノートを聴いたり、見たり、再現したりできます。ペンキャストは(デフォルトで)黒インクと緑インクで記録されます。緑インクは、ノートにオーディオが添付されていることを示します。黒インクは、同期したオーディオが存在しないことを意味します。
  • Livescribe スマートペンは手書き文字をどのように認識しますか?
    Livescribe スマートペンは、ペン先にカメラが付いています。このカメラは、ユーザーが筆記したインクを見ているわけではありません。ページ上の図形を見ているわけでもありません。その代わりに、Livescribe ペーパーに印刷されているドットのパターンを読み取ります。各 Livescribe ノートブックの各ページには一意のパターンのドットが印刷されており、スマートペンはこれを読み取って、インクが書かれている場所を追跡し記憶できます。スマートペンは、各ページの下部にある録音ボタンや一時停止ボタンなどのコマンドの座標も認識します。
  • スマートペンのインク カートリッジを交換する方法は?
    スマートペンのインク カートリッジを交換する方法は簡単です。インク カートリッジのペン先をつまんで、引き抜くだけです。新しいインク カートリッジは、それを挿入したらペン先を何かの表面に押し付けて静かに取り付けます。
  • 手書き文字は検索可能ですか?
    はい。Livescribe社製の各スマートペンは、それぞれ異なる方法で手書き文字を検索できます。Livescribe 3 スマートペンは、Livescribe+アプリで同期したノートの手書き文字の検索やテキスト変換ができます。エコー・スマートペンは、パソコンのEcho Desktop ソフトまたはLivescribe Desktopソフトまで、ノートを保存、整理し、手書き文字の検索やテキスト変換ができます。
    録音したオーディオをデジタル テキストに変換できますか?

Echo、および Pulse スマートペンは、弊社パートナーの TranscribeMe によってオーディオをデジタル テキストに変換できます。このサービスの詳細については、http://transcribeme.com/livescribeをご覧ください。

価格・販売

19,800円

購入はこちらより

関連商品・種類

Eco Smartpen

キャプチャし、再生し、送信する。
エコー・スマートペンは、USBケーブルでパソコンに接続してノートと音声を簡単に転送できます。ノートを Echo Desktop で検索、整理、共有できます。

録音と再生
筆記したもの、聞いたもの、話したものを、すべて記録します。
ノートをタップするだけで、会議や講義を再生できます。

保存、検索、および整理
USB ケーブルでパソコンに接続してノートと音声を転送しておくと、Echo Desktop で重要なページを検索できます。
送信と共有
Echo Desktop はノートとオーディオを標準的なPDFやオーディオファイルに書き出して簡単に共有できます。

参考URL

https://blog.codecamp.jp/iot-case
https://www.livescribe.com/ja/smartpen/

成長が見込まれる消費者向けAIアプリケーション。2016年から2025年のAIハードウェア、ソフトウェア、サービスの市場... 世界のIoTに関するレポート公開中