2018年、備えておくと便利なスマートホーム・テクノロジー

1999年にディズニー・チャンネルで「Smart Home」が放映されたときには、そこで紹介されたテクノロジーはまさにファンタジーの世界でした。しかし、それから20年も経たないうちに、アメリカの家族は「スマート・ホーム」で暮らしています。
室内の照明を点けたり消したり、室内を快適な温度に保ったりするテクノロジーの利用は、とどまるところを知りません。

最新のテクノロジーに囲まれて暮らしていたいあなたのために、備えておくと便利なスマートホーム・テクノロジーをご紹介します。

スマート・ブラインド

部屋にエアコンがついていない、とかその理由は様々でしょうが、ブラインドやカーテンなど窓を覆うものは、電気代を節約するのにとても役に立ちます。
季節やその日の天候に合わせて、ブラインドやカーテンを開けたり閉めたりするのは、私たちの生活環境を快適なものにしてくれますが、これに一日中気をとられているのは簡単なことではありません。
こんなときに便利なのがスマート・ブラインドです。これを使えば、その日の天候や自分のスケジュールに合わせて、自分で煩わしい作業をすることなく、ブラインドを開け閉めできるのです。

この製品の詳細はこちら

スマート冷蔵庫

スーパーマーケットまではるばる出かけたのに必要なものを買い忘れたり、同じものを重複して買ってしまった経験は、誰にでもあるかと思います。
スマート冷蔵庫には、冷蔵庫内部にカメラが設置されていたりするので、外出先でも冷蔵庫の中に何が入っているか確認できます。
扉に装備されているタブレットにも、使い道が沢山あります。冷蔵庫に入っている食品の賞味期限を教えてくれたり、レシピを表示することも出来ます。このようなタブレットの中には、忙しい家族全員のスケジュール管理ができるものすらあります。ホワイトボードの進化したものとして、それぞれが予定を書き込んでいくことが出来るのです。
家庭の食費を抑える為にも、スマート冷蔵庫の購入には検討の価値があります。

この製品の詳細はこちら

スマート天井ファン

扇風機の用途は、人に涼しい風を送ることで、部屋の温度を下げることではない、と言うのはご存知でしたか?誰もいない部屋で扇風機をつけっぱなしにしていても、部屋は涼しくならないのです。
WiFiに接続された天井取り付け型のスマート扇風機を使えば、必要なときに扇風機をオン・オフすることが簡単に出来ます。ロケーション察知機能がついているものもあり、人が扇風機に近づいたら風量を調節するものもあります。

この製品の詳細はこちら

スマート蛇口

公共の場所の洗面所で、手を近づけると自動で水が出てくる蛇口にお目にかかったことがあると思います。この機能がようやく、家庭のキッチンにもやってきました。
これで、生ものを触った手や石鹸の泡だらけの手で蛇口をひねる必要はありません。キッチンの衛生面での心配が大きく解消されます。
中には、ボイス・コマンド機能がついていて、例えば汚れたお皿をシンクに持ち込むときに、お湯が出るように指示することも出来る、進化した蛇口もあります。

この製品の詳細はこちら

スマート・マグ

これは、家の中だけに限らず、移動中や職場でも使える便利な製品です。
このマグは、お気に入りの飲み物を、長時間の間一番美味しい温度に保っておくことが出来まず。逆にやけどするほど熱いときには、それを警告してくれます。
一日の水分補給量もモニタリングしていて、もっと水分を摂る必要があるときには、リマインドしてくれたりもします。

この製品の詳細はこちら

参考元記事はこちら: New 2018 Smart Home Technology You Might Want

世界のLTE&5G市場 – 2021年までのデータと予測 世界のIoTに関するレポート公開中