成長が見込まれる消費者向けAIアプリケーション。2016年から2025年のAIハードウェア、ソフトウェア、サービスの市場機会の詳細な調査

成長が見込まれる消費者向けAIアプリケーション。2016年から2025年のAIハードウェア、ソフトウェア、サービスの市場機会の詳細な調査 – 記事

レポートの概要

人工知能AI)への研究と投資が約60年間のにわか景気と落ち込みを経ても、技術に対する消費者の魅力は続いています。最近のデジタル化、ビッグデータ、改良されたアルゴリズム、処理速度の上昇により、消費者向けAIアプリケーションが主流になり始めています。映画のおすすめから検索エンジンクエリまで、AI、具体的にはディープラーニングは、デジタルライフスタイルに対する消費者の期待を組み込んださまざまなアプリケーションを強化しています。現代の巨大なインターネットを中心に、消費者向けAIの使用事例は、今日まで市販されているAIの最も高度な証明の1つです。Google、Amazon、Facebook、Baidu、Appleなどの企業は、人間の能力を模倣し、力を与えるために、消費者の交流にAIを使用する先駆的な存在です。

TracticaのAI市場の分析と予測によれば、消費者向けAIは現在、AIソフトウェア、ハードウェア、およびサービス収益の大部分を占めています。他の業界セグメントよりも大きく、2016年には約18億8000万ドルとなりました。この市場の成長はインターネット企業に限られていません。消費者向け産業のブランドとサプライヤーが製品やプロセスにAIを組み込むにつれて、消費者向けAIは、現在の消費者との意思疎通の基準を置き換えます。消費者向けAIを含む市場全体はまだ初期段階にとどまっていますが、Tracticaは大きな成長を見込んでいます。Tracticaは、消費者向けAIハードウェア、ソフトウェア、およびサービスの市場は、2016年の18億8000万ドルから2025年には421億ドルに増加すると予測しています。このレポートは、2016年から2025年の消費者セクターにおけるAIハードウェア、ソフトウェア、およびサービスの市場機会の詳細な調査を提供します。

対象となる技術には、機械学習ディープラーニング、自然言語処理、コンピュータビジョン、機械推論、強いAIなどがあります。このレポートの予測では、収入、投資、市場活動に基づく消費者向けAIの上位23のユースケースがカバーされています。新興の消費者向けAI市場のエコシステムには20の主要参入者のためのプロファイルも含まれています。

目次

  1. 第1章 エグゼクティブサマリ
  2. 第2章 市場の課題
  3. 第3章 消費者の人工知能の利用事例
  4. 第4章 技術の問題
  5. 第5章 主要企業
  6. 第6章 市場予測
  7. 第7章 主な発見、推奨、結論
  8. 第8章 頭字語および略語リスト
  9. 第9章 企業ディレクトリ
  10. 第10章 内容一覧
  11. 第11章 図表の一覧
  12. 第12章 調査の範囲、情報源と方法論、注釈

レポート情報

レポート名 Artificial Intelligence for Consumer Applications: Image Recognition, Speech Recognition, Recommendation Engines, Personalization Services, Search Tools, Virtual Assistants, and Other Consumer AI Use Cases: Global Market Analysis and Forecasts
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2017年09月
金額 $4,200(本記事記事公開時点)
ページ数 144
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

15301

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

【IoTレポート】通信インフラストラクチャ、ネットワーク技術、チップセットタイプ、アプリケーション、および地理による5G... 世界のIoTに関するレポート公開中