【IoTトレンド】「IoT Edgeとは何か」など最新の解説記事まとめ

IoTトレンド】「IoT Edgeとは何か」など最新の解説記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoT Edgeとは何か

Azure IoT Edgeとは、利用者がエッジコンピューティングを実行するのを可能にする、IoT Hub上で構築されたIoTサービスです。エッジ・コンピューティングとは、データの解析をクラウドの中ではなくデバイス(つまり、ネットワーク上のエッジ)で実行することです。このおかげで、帯域幅にかかる経費を削減し、リスポンス・タイムを向上し、情報の交通量を減らすことが可能です。
Azure IoT Edgeを介して、Azure Functions、Azure Stream Analytics、Azure Machine LearningなどのAI機能を利用することも出来ます。
Azure IoT Edgeは、IoT Edgeモジュール、IoT Edge ランタイム及びクラウドベースのインターフェースという3つのコンポーネントを有します。
IoT Edgeデバイスをゲートウェーとして利用するには、透明性、プロトコル解釈、アイデンティティ解釈と言う3つのパターンが考えられます。この場合の利点は、エッジでの解析が可能な点、下流のデバイスの安全性を高められる点、データ交通量を抑えられる点、などです。
しかし、デバイスはサイバーアタックに対する脆弱性が高い為、安全性を確保することが重要です。

話題の元記事はこちら: What is IoT Edge

5GとIoTトランスフォーメーションにおける、通信キャリア・クラウドの役割とは何か

今から5年ほど前に、テレコムオペレーターの収入とコストの曲線は2018年頃に交差するだろうという予測が出されました。コストが収入を上回るということです。
これに対処するにはどの様な方策があるのでしょうか?
端的に言えば、ネットワーク・ファンクションのバーチャル化(NFV)です。これにより、通信キャリア・クラウドは未来を見据えることが可能になります。しかし、現状ではこのコンセプト自身がそのゴールを充分に理解していないこともまた事実です。
NFVのミッションとして提案されているのは、IMSやEPCで構築されたモバイル・インフラでしょう。しかし、通信キャリアがこの分野を5Gへの対応だけに焦点を当てていることは、課題の一つです。
これらのことから、キャリアのクラウドが未来を見据えておらず、現状の市場にのみとらわれていることは明らかです。これを解決する唯一の方法がIoTです。IoTが持つポテンシャルは早急に正しく理解されるべきです。

話題の元記事はこちら: What is carrier cloud’s role in 5G and IoT transformation?

IoTセキュリティ・アーキテクチャに関して、全ての会社幹部が理解しておくべきこと

ビジネスをインターネット無しで運営することが、益々難しくなってきています。スタッフの通信手段としてだけでなく、工場の機械や医療関連のデバイスなどにもネットに接続されたデバイスが利用されるようになってきています。
ここで重要なのが、セキュリティです。
セキュリティを評価するには、様々なモデルがあります。自社のセキュリティ度合いを正確に評価する為には、いくつかのモデルを併用することをお薦めします。ここで留意するべきことをまとめたのが“STRIDE”です。これは、成りすまし(Spoofing)、改ざん(Tampering)、否認(Repudiation)、情報開示(Information Disclosure)、サービス拒否(Denial of Service)、特権の昇格(Elevation of Privilege)の頭文字を繋げたものです。
同様に重要なのが“DREAD”で、これは、ダメージ(Damage)、再現性(Reproducibility)、悪用可能性(Exploitability)、影響を受けるもの(Affected People)そして発見可能性(Discoverability)を指します。
IoT環境を、データ保存、データ・フロー、実用、外部エンティティなどに分け、そこでの危険性を評価します。

話題の元記事はこちら: What every executive needs to understand about IoT security architectures

スマート・シティとは何か?

太古の昔から、都市が技術革新の中核でした。人類は都市生活の利点を理解して、僻地から都市部への流入を続けてきたのです。2017年の世界銀行の報告書によれば、全世界の人口の54%は都市部に居住しているそうです。国連の予測によれば、2050年までには全人口の68%が都市部に居住するであろうと言われています。
このような状態で、都市部の行政は旧式の水道や電気のネットワークを限界以上に稼動しています。温室ガスやその他の環境問題も深刻です。
スマートシティ評議会は、スマートシティを「全ての都市機能にデジタル技術が埋め込まれた都市」と定義しています。これを人体で例えると、テクノロジーと言う神経網が張り巡らされている、と言うことでしょうか。
スマートシティは、センサーやコミュニケーションネットワークといったインフラだけでなく、データを収集・解析・活用することで、理想的に機能できるボディとなります。

話題の元記事はこちら: What is a Smart City?

IOTAとは何か? IOTAがIoTのマシーン・トゥ・マシーン経済を支える

2025年までには、コネクテド・デバイスの数は750億を超えると予測されています。これらのデバイスを介して交信されるデータ量が膨大になることは想像に難くありません。IOTAのビジョンは事実と取引決済の検証を通じて、全てのコネクテドデバイスを有効にすることです。
IOTAは2015年に創設され、MIOTAを通貨とし、2,779兆を超えるコインを提供しています。これは、第3世代の暗号通貨と呼ばれています。
IOTAの3つの特徴は、スケーラブルで、無料で利用でき、IoTの背骨となろうとしている、と言うことです。IOTAはブロックチェーンを利用せず、Tangleと呼ばれる数学のコンセプトである有向非巡回グラフ(DAG)に基づいた技術を利用しています。Tangleを利用したトランズアクションは、3段階のステップを踏みます。デバイスのPrivate Keyを使った署名、Tip Selection、最後にTangle内で新たなTipとなることです。Tangleは従来のブロックチェーンが持つ、スケーラビリティとマイニングと言う課題を解決します。マイニングにかかっていた膨大な経費が無料となります。

話題の元記事はこちら: What is IOTA? IOTA supports IoT machine to machine economy

関連記事はこちら:【IoTトレンド】「セルラーIoTとは何か?」など最新の解説記事まとめ

セルラーIoTと低電力ワイヤレスネットワークの最新動向と発展を分析。中国で新しい波が起こると予測 世界のIoTに関するレポート公開中