【動画】業界をリードするOSIsoft 4.0イベント:私たちのビジョンは何でしょうか?

【動画】業界をリードするOSIsoft 4.0イベント:私たちのビジョンは何でしょうか?

120,000人もの人が世界中から集まるHannover Messeは世界で一番大きな産業イベントです。2018年にはOSIsoftはイベントの中でMicrosoft, Amazon Web Services, HPE そして Armの4つのブースを持ちました。OSIsoftのグローバルアカウントマネージャーTjidde Boers氏がOSIsoftのクラウドに対するビジョン、Hannover Messeの重要性と感想を語ってくれました。

今Hannover 2018、HMIに来ています。Tjidde Boers氏と一緒にHMIについて幾つか質問をしたいと思います。Tjiddeさん、今年のHannoverで開催されている内容について全体的にどのような印象を受けられましたか?

ここに来られてとても興奮しています。これは世界で最も大きな産業ショーで、12万人くらいの人が、アジア、アメリカロシアなど世界中から集まっていると思います。沢山の人がいて、特にこのHall6にはとてもよい波動が流れています。

今回ここで展示されているOSIsoftとは何でしょうか?

私共は今年4つのパートナーブースを持っています。これはパートナーとの関係が重要であるということを強調しています。まずマイクロソフトは信頼のおけるパートナーで、クラウドへの統合を示しています。アマゾンWeb Serviceも同様で、今私たちがいるところです。そしてクラウドへの接続の最先端をお見せするとても興味深いデモンストレーションをArmのブースで行っています。また大学でのPTCやWTHの興味深い使用例をHPEのブースでお見せしています。

いくつかの改善を達成するために、運用データのクラウドへのストリーミングについて沢山の事が行われています。この話題に関してOSIsoftのアプローチはなんですか?

OSIsoftはそれを購入する顧客のところへ何処へでも行きます。基本的にそれは、クラウド内のデータを必要とする場合、クラウド内のクリーンで実用的な、AmazonやMicrosoftGoogleのためのデータでサポートすることを意味します。私たちは先週の火曜日にAWSとの提携を発表しました。それはとても価値のあるパートナーシップで、両当事者にとって非常の補完的です。私たちは3つの事を発表しています。第一にPIシステムとAWS間の統合がクラウドの中身を提供します。目ざといAmazon Sagemaker Cloud machine learning のようなものです。私たちの統合されたテクノロジーを使用して、クリーンで実用的な状況に合わせたデータをアプリケーションスイートに組み込みます。第二に私たちはAWS Cloudの中にPIシステムをホストできることを望んでいます。これはもちろん顧客にとって利益になります。私たちはデバイスからのPIシステムへの二次データ入力を持つIOT分析を行っています。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連するイベント

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
産業用ロボット市場、2024年末までに700億ドル超。各分野の種類別、地域別、企業別の世界予測はどうなのか? 世界のIoTに関するレポート公開中