【IoTトレンド】「Windows 10 WoAをRaspberry pi 3にインストールする方法」など最新の動画記事まとめ

IoTトレンド】「Windows 10 WoAをRaspberry pi 3にインストールする方法」など最新の動画記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

Windows 10 WoAをRaspberry pi 3にインストールする方法

Novasprit Techが、Windows 10 WoAをRaspberry pi 3にインストールする方法を紹介します。
まず初めに、Windows on Raspberry Imagerのウェブページを開き、Zipアーカイブをダウンロードします。この作業が終了したら、次にダウンロードページに進み、0.21バージョンをダウンロードします。
その後は、AndreyのGetupページから、全てのファイルをダウンロードもしくはクローンを作成します。これでWoR.exeのファイルを始動する準備ができました。
言語とSDカードを指定して、WoAのイメージを選択します。イメージがない場合は、画面に表示されているリンクからこれを設定することができます。
次にドライバーとUEFIファームウェアを選択し、コンフィグ画面に進みます。インストレーション・オーバービューに問題がなければ、このまま実行します。
Raspberry piを始めて使う場合には、BIOの設定が必要になります。これは、デバイス管理画面から実行することが可能です。
Window 10を始めてブートする際には、一旦PCからケーブルをはずす必要があります。設定は自動で行われますが、この段階ではEthernetやBluetoothには接続されていないことを留意してください。

話題の元記事はこちら: How to install Windows 10 WoA (not iot) on raspberry pi 3

Alteration Innotechによるインド初の全自動IoTスマート・ロック

VeltorはAlteration Innotech社の旗艦ブランドです。スマホを利用して自宅のドアを自動で開くシステムは、まるで魔法のようです。
Veltorはインド初の、全自動、キーレス、360度をカバーするカメラつきのスマート・ロックです。Veltorアプリを利用して、自宅やオフィスを世界中どこからでも管理・監視することができます。
主なフィーチャーは、IoTでコントロールされたAndroid/IOSアプリ、キーパッド、BluetoothVR360度カメラ、モーション・ディテクション、双方向通信、ビルドイン・ドアベル、バッテリーのバックアップ、暗号化などです。

話題の元記事はこちら: Veltor- India’s first fully automatic IoT Smart Lock by Alteration Innotech Private Limited

新たなデータエコノミーの構築

このビデオでは、Streamr社CEO、Henri Pihkalaが同社の2018年前半の成果を紹介します。
同期には、世界のデータを分散化するソースプロジェクトのデータ市場への進出、新たなブランドデザイン、Electrify、Fysical、Ruuvi、HPENokiaそしてOSIsoftとのパートナーシップの提携、などの物事が非常に速いペースで展開しました。
また、主要なイノベーションでの賞を受賞したりもしました。

話題の元記事はこちら: Streamr: Building a New Data Economy

IoTと先進技術の落とし穴

ミシガン州の上院議員Patrick ColbeckがIoTやその他の先進技術(セルフォン、セルタワー、5Gテクノロジー、WiFiなど)に関して、Dafna Tachoverと話し合います。私はテクノロジー関連の製品やサービスが大好きですが、今日話し合うのは良いことばかりではありません。
Dafna Tachoverは弁護士で、We Are The Evidenceという団体に関わっています。この団体は、ワイヤレステクノロジーが発する放射線が原因で体調を崩した大人や子供たちを代表するものです。ワイヤレステクノロジーの弊害は既に科学者が指摘していますが、実際にこれを起因とする症例も多く記録されています。この団体は、ワイヤレステクノロジーの弊害を広く市民に啓蒙する活動を行っています。その発起者は、イスラエル軍のワイヤレス部門で専門職についていたことがある、ニューヨーク州の弁護士で、ワイヤレステクノロジーが原因の体調不良を起こすまでは、新製品が出たらすぐに飛びつくテクノロジーオタクでした。
WiFi技術の周波数は、家電に比べて非常に高周波で、これがもたらす人体への悪影響は科学的にも照明されています。

話題の元記事はこちら: Colbeck: Pitfalls of IoT and Emerging Technologies

IoTを利用した気候変動の早期警戒システムのパイロット・プロジェクト

ルワンダでは、気候変動は農家にとって大きな挑戦課題です。すぐ隣の集落には雨が降っているのに、また別の集落には雨が降らないことなどもあります。更に、普通は12月に収穫されるMaizeを今年は2月に収穫しています。
正確な情報が得られないことで、作物を無駄にしてしまうこともあります。
この状況を改善する為に、ルワンダ気象協会とUNDPが共同で、正しい気象情報を提供できるパイロットプログラムを始動しました。このプログラムでは、情報の収集、同化、普及、情報の活用、に焦点を当てています。
多くの若者の参加を得て、情報を如何に活用し、計画を立て、タイムリーに提供するかと言うことに取り組んでいます。
農家への情報提供だけでなく、自然災害への準備などにも役立てられています。

話題の元記事はこちら: Pilot Project for the Internet of Things (IoT) for Climate Early Warning

ブロックチェーンがソフトウェア業界のインフラストラクチャを向上させる。2018年〜2022年の市場価値、成長パターン、現... 世界のIoTに関するレポート公開中