OMRON、2つの産業用安全ネットワークをサポートするNXシリーズ安全ネットワークコントローラを世界で初めて(*1)導入

OMRON、2つの産業用安全ネットワークをサポートするNXシリーズ安全ネットワークコントローラを世界で初めて(*1)導入 – 記事

産業用ロボットシステムの高度な安全制御

OMRON Corporation(京都市下京区)は、産業用ロボットが採用されたCIP安全(TM)(*2)の二つの安全プロトコルを世界で初めてサポートする新しいNXシリーズ安全ネットワークコントローラを発表しました。メーカーに高速応答を提供するEtherCAT®(*3)(FSoE)を通じた安全性を提供しています。
多種多様な製品が生産されている自動車および食品工場では、NXシリーズ安全ネットワークコントローラは、産業用ロボットを使用した生産ラインの安全システムの構築と変更を容易にし、安全システムを高速で制御し、メーカーが労働者の安全と生産性を保証する製造現場をつくるのを支援します。
安全システムは、人間を危険から守るために、人がロボットなどの危険(ハザード)に近づくと生産ラインや設備を安全に停止します。
Image1:NXシリーズ安全ネットワークコントローラ(NX-SL5x00 + NX-CSG320)
https://kyodonewsprwire.jp/img/201810028685-O1-g95jTguD

自動車や食品メーカーは、現在、少量高混合製品を生産して、短い製品ライフサイクルを処理するために生産ラインのレイアウトを柔軟に変更する必要があります。しかし、従来の安全コントローラは、ラインの一部を変更しても、全体のラインの安全システムをチェックする必要があります。また、世界中でロボットが採用され、製造拠点が増えて経験豊かな安全管理者が不足しているため、高度な安全システムの導入やメンテナンスを容易にしたいという要求が高まっています。

これらのニーズを満たすためにOMRONはNXシリーズ安全ネットワークコントローラを開発しました。このコントローラは、産業用ロボットを使用する大規模生産ラインと高速制御が必要な製造装置の安全システムを容易に構築し、モジュール式安全制御を提供するため、レイアウトを変更したり、メンテナンスする際に全体の生産ラインを停止する必要がありません。安全システムのための「自動プログラミング」と安全プログラムのチェックのための「オフラインシミュレーションとオンライン機能のテスト」は、設計から安全検証までの時間を短縮します。また、「安全データロギング」を使用すると、経験が不足している労働者も急激なライン停止の原因を把握し、生産性を最大化することができます。

OMRONは「革新的な自動化」というコンセプトを提示しました。これは、3つのイノベーション、すなわち「頭文字がi」「統合」(制御進化)、「インテリジェント」(ICTによるインテリジェンス(知能)の開発)、「インタラクティブ(対話型)」(人々と機械の新しい調和)の3つの要素から構成されています。OMRONは、現在のコンセプトを具体化して製造現場に革新をもたらしています。OMRONはNXシリーズ安全ネットワークコントローラを使用してグローバルな製造業界の生産性と安全性を継続的に向上させ、「革新的な自動化」の実現をクライアント企業と加速します。

特徴

1.顧客のニーズを満たす単一安全システムの2つのネットワーク

  • NX102機械自動化コントローラと接続されたNXシリーズ安全ネットワークコントローラは、EtherNet / IP(TM)+ CIP Safety(TM)とEtherCAT(R)+ FSoEを同時に使用することができます。
  • さまざまなベンダーのCIP 安全(TM)ロボット安全システムを容易に構築することができます。
  • NX-SL5700安全CPUユニットは、最大254個のCIP安全(TM)接続を提供するため、大規模な生産ラインの構築と安全システムを実装することができます。
  • NXシリーズ安全ネットワークコントローラとNX102機械自動化コントローラは、EtherCAT(R)とFSoEを使用して、最大12個のモーターのリアルタイム安全制御を提供します。

Image2:システム構成
https://kyodonewsprwire.jp/img/201810028685-O2-WqrpcGPL

2.迅速な安全プログラミングのための統合開発環境Sysmac Studio

  • 自動プログラミングは、安全制御プログラミング時間を短縮します。
  • オフラインシミュレーションを使用すると、ハードウェアを接続していなくても、プログラムを確認することができます。
  • オンライン機能テストは、回線設定時出力の安全システムのチェックでは、画面の指示を提供するための専門知識がないユーザーでも安全システムをテストすることができます。

3. 容易なメンテナンスと迅速な問題解決

  • 安全データロギングは回線停止の原因を迅速に把握するのに役立ちます。
  • 安全装置の復元は、ソフトウェアを使用していなくても、簡単にハードウェアを交換することができます。

(Image3:https://kyodonewsprwire.jp/img/201810028685-O3-Wdr524U0
ログ設定が含まれているSDカードは安全データロギングに使用されます。開始トリガ条件が満たされると、指定したデバイス変数と公開変数を時系列に記録し、メモリカードに入れることができます。この機能は、システムの突然の停止の原因を迅速に把握し、予防措置を決定するのに役立ちます。

NXシリーズ安全ネットワークコントローラは、次のような装置で構成されます。

  • NX-SL5500/5700安全CPUユニット
  • NX-CSG320通信制御装置
  • NX102-xxxx機械自動化コントローラ

(Image4:https://kyodonewsprwire.jp/img/201810028685-O4-vu2O9hLR)

(*1)2018年7月にオムロンの調査の結果。
(*2)CIP安全(TM)は、全世界的に広く使用されて産業用ネットワークEtherNet / IP(TM)に安全機能を追加します。
(*3)Safety over EtherCAT(R)は、産業用ネットワークEtherCAT(R)の安全プロトコルです。

SysmacはOMRON工場の自動化製品の日本およびその他の国のOMRON Corporationの商標または登録商標です。
EtherCAT(R)は、ドイツBeckhoff Automation GmbHで承認された登録商標と特許技術です。
Safety over EtherCAT(R)は、ドイツBeckhoff Automation GmbHで承認された登録商標と特許技術です。
EtherNet / IP(TM)およびCIP Safety(TM)は、ODVAの商標です。
この記事に出てくる他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

「革新的な自動化!」

最近OMRONは、「革新的な自動化」という製造技術革新コンセプトを開発しました。このコンセプトにより、OMRONは、現在、3つの革新的な技術革新を通じて、製造現場に革新を導入するために努力しています。OMRONは、これらの自動化の分野の技術革新を通じて、高付加価値の製造を達成するために、製造現場での大幅な生産性の向上を達成することを目標とします。頭文字の第一の「i」、「統合」(制御進化)に対してOMRONは、自動化された制御技術を発展させ、経験のない作業者でも経験豊富な労働者の専門知識を必要としていた作業を簡単に行うことができます。OMRONは第二の「i」、「インテリジェント」(ICTによる知能開発)を介して常に進化する機器や生産ラインを開発します。様々な制御装置と人工知能AI)を採用することにより、機械は経験を通して学習し、最適な状態を維持することができます。OMRONは、人間と機械の調和のとれた新しい関係の発展を追求します。同じワークスペースで一緒に働いて機械は人間の思考と行動を認識し、人間オペレーターを助けることができます。

OMRON Corporation紹介

OMRON Corporationは、「センシング&コントロール+思考」の核心技術をベースにした自動化の分野の世界的リーダーです。OMRONの事業分野は、産業自動化、電子部品から自動車、電子部品、社会基盤施設のシステム、ヘルスケア、環境ソリューションに至るまで、幅広いスペクトルをカバーします。1933年に設立されたOMRONは、世界中の36,000人の従業員を擁しており、117カ国で製品やサービスを提供するために努力しています。産業自動化分野でOMRONは、高度な自動化技術と製品を提供して広範なサポートを通じて、製造の革新をサポートし、より良い社会を作るのに役立ちます。詳細については、次のWebサイトをご覧ください。http://www.omron.com/

注釈

  • 「安全ネットワークコントローラ」
  • 出典https://www.omron.co.jp/press/2018/08/c0801.html
    2つの産業用安全ネットワークに同時対応:世界初※1「NXシリーズ セーフティネットワークコントローラー」発売 グローバルで導入が進む産業用ロボットシステムの高度な安全制御を容易に実現
    オムロン株式会社は、産業用ロボットメーカー各社が採用する安全通信規格「CIP Safety™」※2と高速応答を実現した安全通信規格「FSoE (Safety over EtherCAT®)」※3の2つの産業用ネットワークに世界で初めて対応した安全システム用コントローラー 「NXシリーズ セーフティネットワークコントローラー」を、2018年8月1日より発売します。

    安全システムとは
    製造現場において、ロボットなどの危険源と人が接触することを防ぐため、危険源に人が近づいた際に生産ラインや設備を安全に停止させるシステム。

    NXシリーズ セーフティネットワークコントローラー(NX-SL5□00+NX-CSG320)



    システム構成イメージ
    1. 統合開発環境「Sysmac Studio」の進化により、安全プログラム設計の工数を大幅に軽減
    2. 安全保守メンテナンス性の向上、ライン停止の原因を迅速に特定し早期復旧を実現

    安全システムのロギングには、あらかじめ設定したロギング条件を書き込んだSDカードを使用します。開始トリガ条件が成立すると、設定されたデバイス変数、公開変数の値が時系列データとして出力されます。意図しない設備の停止要因の早期特定と再発防止の対策検討に活用することが可能です。

    原文はこちら: OMRON to Introduce NX-series Safety Network Controller That is World’s First (*1) to Support Two Industrial Safety Networks

    【IoTレポート】インダストリアルインターネット(IIoT)と製造業の将来、2021年までの予測 世界のIoTに関するレポート公開中