【IoTトレンド】「PowerShellを使ってAzure IoT Hubを作り出す方法」など最新のハウツー記事まとめ

IoTトレンド】「PowerShellを使ってAzure IoT Hubを作り出す方法」など最新のハウツー記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

PowerShellを使ってAzure IoT Hubを作り出す方法

この記事では、Azure PowerShell cmdletsを利用してAzure IoT Hubを作る方法を紹介します。IoT Hubとは、フレキシブルなクラウド・プラットフォームで様々なプロトコルとオープン・ソースSDKをサポートし、膨大な数のIoTデバイスを管理しています。
先ず、Azure PowerShellモジュールとAzure IoTモジュールをインストールしてください。
次に、Connect-AzureRmAccount cmdletを使ってAzure Portalに接続します。これが完了したら、Azure上でNew-AzureRmResouceGroup cmdletsを使ってResource Groupを作ります。
これが完了したら、New-AzureRmIotHub cmdletsを使ってAzure IoT Hubを作ることが可能になります。この際必要となるのが、ResourceGroupName、IoT Hubの名称、Azureデータセンターのロケーション、ストレージ・アカウントのSkuNameです。

話題の元記事はこちら: How to create Azure IoT Hub with Powershell

IoT戦略が失敗する5つの理由(そして、如何にそれを回避するか)

最新のBusiness Insider Intelligenceレポートによれば、2025年までには550億のコネクテドIoTデバイスが存在し、これに対する投資も15兆ドルに達すると予測されています。この中には、戦略を誤って高価な代償を支払うことになる企業も現れることでしょう。
戦略が失敗する5つの理由を挙げてみましょう。

  1. IoT戦略とビジネスの現実との乖離
  2. IoT戦略と実行計画が密接に統合されていない
  3. IoT戦略が組織の実像からかけ離れている
  4. IoT戦略自体が、成功の為のデータの重要性を正しく認識していない
  5. IoT戦略が、俊敏性を中核機能に位置づけていない

IoT成功の可能性というのは現実的なものです。事業者にとって必要なのは、実際の顧客価値をもたらす、的確なビジネス中心のアイディアです。相互接続性とコラボにより、組織の学習とイノベーションが加速されます。社内の様々な部署や顧客、関係会社とブレーンストームを行うことも重要です。先ず機敏で創造的で、実行に重点を置いた組織を作成した後、初めて成功可能なIoT戦略を構築することができます。

話題の元記事はこちら: 5 Reasons Your IoT Strategy May Fail (And How You Can Save It)

Fedora IoTを利用してLEDを点灯する方法

この記事では、先ずFedora IoTを紹介し、プレビュー画像をRaspberry Piにインストールする方法を紹介し、LEDを点灯する為にどのようにGPIOと相互作用させるかも学びます。
Fedora IoTは、現在行っているFedoraプロジェクトの目標の一つで、完成すればFedora Editionとなる予定です。
先ず最初に、このプロジェクト用にFedora 28ベースの画像をダウンロードします。(正式なFedora IoT画像はFedora29のリリースと合わせて可能となる予定です)システムがインストールされて準備ができたら、次にネットワーク接続をコンフィグします。
次にPodmanを使ってコンテナを作ります。そして、コンテナを起動して実験を開始します。
Pythonを利用してLEDを作動することも可能ですし、コンテナ内部でi2cを使うことも可能です。

話題の元記事はこちら: How to turn on an LED with Fedora IoT

まだ間に合ううちに - IoTプライバシーの向上と、セキュリティーには雲泥の差がある

この記事では、Dinesh Abeywickramaがセキュリティの懸念とそれにどのように対処するべきかを語ります。
現状で、CSOを脅かしているセキュリティへの懸念には次のようなものがあります。

  • 資格情報の変更  デバイスのデフォルトIDとパスワードを変更し個人特有の設定にする
  • 電源の再接続   マルウェアはメモリーに保存されていることが多いので、再接続してメモリーを消去する
  • UPnP サポートを無効にする
  • システムをリブートする際に備えて、バックアップをとっておく
  • エンドポイント保護のソフトウェア
  • vデバイスのアップデート
  • 2段階式の認証プロセスを採用する
  • MDMアプローチ

快適なユーザー・エクスペリエンスを保ったままで強力なセキュリティを享受するためには、セキュリティ機能の可視化、フィードバック、セキュリティステップ緩和に対する制約、セキュリティ・マッピング、余裕を持ったセキュリティ対策、利用者が知識を持つこと、などが大切です。
また、サイバーと実際のセキュリティをコーディネートすることも重要です。

話題の元記事はこちら: BEFORE IT’S TOO LATE HOW TO IMPROVE IOT PRIVACY AND SECURITY CAN BE WORLDS APART

データとりまとめをどのように考慮するか

IoTと安価なセンサーのおかげで、ビジネスはデータであふれかえっています。しかし、多くのビジネスではこれらのデータをどう扱ってよいのか判断しかねていることも事実です。
SAS社のBill Robertsは、10年前には125の異なるデータソースから情報を収集していた自社の顧客が、今では5000にも上るデータソースを抱えている、と語ります。データソースが余りに多すぎて、この会社では何が生産ラインに有効なのか、最早分からなくなってしまっているようです。異なるデータストリームを読み取る方法を習得する為には、測定したいビジネスプロセスを詳細に渡って理解しておく必要があります。データを理解する為のアルゴリズムが準備できたら、企業は次に、その情報から得られたものをどう提示するかを考慮する必要があります。この段階で結果をスタッフに正しく伝えられない為に、ビジネスが失敗することも多々あります。
最後に、データだけではビジネスを行うことは出来ず、このデータをどのように活用するかが大切だと覚えておいてください。

話題の元記事はこちら: How to think about organizing data

【IoTレポート】通信インフラストラクチャ、ネットワーク技術、チップセットタイプ、アプリケーション、および地理による5G... 世界のIoTに関するレポート公開中