ソフトバンク、Synchronoss、TBCASoftがRCSとブロックチェーンベースのモバイル決済サービスのために提携

ソフトバンクSynchronossTBCASoftがRCSとブロックチェーンベースのモバイル決済サービスのために提携 – 記事

日本テレコム事業者SoftBank Corp.、グローバルリーダーであり、クラウドやIoT商品のイノベーターであるSynchronoss Technologies, Inc.、クロスキャリアブロックチェーンプラットフォーム技術のイノベーターTBCASoft, Inc.は、本日、グローバルメッセージングのリッチコミュニケーションサービスと、TBCASoft’sのクロスキャリアブロックチェーンプラットフォームを基とした、クロスキャリアモバイル決済サービスの概念実証に提携することを報告しました。

SynchronossはSMSやemailやRCSなどをカバーする、リッチでセキュリティ性の高いマルチチャンネル通信プラットフォームを日本にもたらしました。このプラットフォームは今年の初めに開始されました。CCPSと呼ばれるクロスキャリアブロックチェーンプラットフォームを提供するために、TBCASoftはソフトバンクと協力しています。

この三社は、ユーザーが店舗やモバイルやデジタルで様々な購入をデバイスから直接行うことができるように設計されたモバイル決済サービスであるPoCの開発に成功しました。たとえば、日本に拠点を置くモバイル顧客は、米国に旅行し、SoftBankとSynchronossがサポートするRCS経由でドルで購入することができます。 RCSグローバルメッセージング規格は、支払いを送信するためにも便利に使用できます。

発表によれば、Softbank Corp.の副社長である福井武志氏は次のように述べています。

「このRCSとブロックチェーンベースのモバイル決済PoCは、オペレーター主導のサービスが提供できる価値を実証しています。かつては大手ブランドのみが利用可能だった規模で、新しいモバイル決済サービスを提供することができただけでなく、購買や旅行の習慣に関してより柔軟に対応できるようになりました。」

SynchronossのCEOでGlenn Lurie社長は、次のように述べています。

「私たちのPoCは、ブロックチェーンと新しいRCSベースのモバイルサービスを使用して、ソフトバンクが最先端の技術を市場に投入する方法を示しています。現在のメッセージングおよび決済市場は、顧客、ブランド、およびビジネスにとって新たな機会を創出し、オペレーターのメッセージングからの収益を増やします。Synchronossは、RCSだけでなく電子メール、IM、MMS、SMSなど、複数のメッセージングプラットフォームにわたる専門知識とグローバルな知識を備えているため、モバイルにおけるこの重要な新しいトレンドを活用する理想的な立場にあります。」

TBCASoftの創立者兼CEOであるLing Wu氏は次のように述べています。

「コミュニケーションサービスプロバイダー(CSP)の数が増えれば、安全な決済、個人認証、IoTアプリケーションなど、ますます広範囲にわたる新しい機能やサービスをサポートするためのブロックチェーン技術が注目されています。
今日のデジタル経済では、ブロックチェーンにより、CSPは新しいサービスを創り出し、確立された地域や市場を超えて、効率的で安全な方法でグローバルにサービスを拡張します。このPoCの成功は、当社のクロスキャリアブロックチェーンプラットフォームが、CSPがRCSのような一般的な標準を活用して顧客に破壊的なサービスを提供するのを助けることができることを証明しています。」

SoftBank、Synchronoss、TBCASoftは、カリフォルニア州ロサンゼルスで9月12日から14日まで開催されるMobile World Congress Americasカンファレンス(新しいウィンドウで開きます)でこの成功したモバイル決済サービスPoCを実演します。

原文はこちら: SoftBank, Synchronoss and TBCASoft partner on a Proof of Concept for an RCS and blockchain-based mobile payments service

産業制御および工場自動化市場は、2017年から2023年の間に7.4%のCAGRで成長する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中