AgTechスタートアップの農業ソリューションにおける6つのIoT

AgTechスタートアップの農業ソリューションにおける6つのIoT – 記事

この地球上には約76億人もの人々が住んでいます。その数は、世紀半ばまでに約100億に急増すると予測されています。それは将来増加する人口を養うために2050年までに食料カロリーを60~70%増やす必要があることを意味しています。あまり遠くない未来、中国国内だけでアメリカより大きい可処分所得を持つ人口が生まれます。これらすべては、私たちが食べ物をどのように育てるかよりスマートに考える必要があるということを示しています。IoTを使用しこれら農業の問題を救済する技術について話しましょう。

農業におけるモノのインターネットとは、土壌センサー、カメラ、気象観測所、農業活動に関するデータを収集するその他の技術的ガジェットを含む一連の技術のことです。それら全てのデータはアルゴリズムやその他のソフトウェアを使うことによってさらに精査され、土壌に欠かせない重要な栄養分について、害虫について、または乳牛の機嫌が悪くなっていないかなど、さまざまなインサイトにつながります。

農家の10〜15%がソリューションのために、何らかのIoTを使用し10億ドル近くを費やしている、と農業専門の調査会社アルファ・ブラウンが推定しているとAgFunder Newsは報告しています。言い換えれば、まだ農業市場にIoT浸透の可能性は多く秘められているということです。トップファンドのアグテックのスタートアップは、収穫高と収益性を高められるよう操業を管理するために、膨大なデータを収集しています。以下にて、IoTを開発して農業ソリューションに導入する前に、今までに触れたことのない6つのスタートアップを紹介します。

酪農のためのIoT

Stellapps:牛の肥やしと市場には多くの可能性があります。インドのバンガロールにあるStellapps社が多様な組織や企業から5月に1,400万ドルを調達したのも当然でしょう。そのうちの一つの企業であるQualcommは、間違いなく同社が開発した牛のデータを収集する26種類もの異なるセンサーに興味があります。すべての情報は収集されるとクラウドで照合されます。この他にもクラウドをベースとし、スタートアップが開発したモニタリングシステムがあります。それは、最近230万ドルのシードラウンドを調達した新興企業、HerdDoggのものです。


Stellappsは、乳製品供給チェーンを扱うためのIoTソリューションスイートを提供します。クレジット:Stellapps

Stellappsは、牛乳生産から調達まですべてを網羅したアプリケーションを提供しています。また、モバイルペイメントアプリ、さらに、牛の健康と生産に関するIoTデータに基づいた見積もりを提供する保険アプリもあります。

農場における天気予報のためのIoT

ARABLE:ニュージャージー州で2013年に設立されたArableは、マークと名付けられた多面的な作物および気象センサーのために、980万ドルを調達しました。マークは、雨や雹、灌漑ニーズ、さらには大気汚染など、約40種類のデータを収集することができます。

穀物貯蔵を監視するためのIoT

TELESENSE:2014年に設立されたSilence ValleyのTelesenseは、8月に650万ドルのシリーズAを発表しました。同社は、犬の玩具のように見えるボール状のセンサーを開発しました。それは穀物の山に投げ込まれ、腐敗やその他の問題を避けるため、保管施設内の温度と湿度に関するデータを1日に複数回送信します。同社の人工知能プラットフォーム、GrainSafeは利益を上げるために最適な販売時期などの決定にも役立ちます。 Telesenseは、冷蔵や食品輸送用のセンサーやソリューションも提供しています。

害虫管理のためのIoT

FieldIn:イスラエルのスタートアップFieldInは2013年に設立され、1月に400万ドルを含めて合計500万ドルを調達し、専門家が害虫駆除を管理するのを支援しています。特殊センサーは農薬の用途を監視し、AIアルゴリズムは、センサーデータや気象などの情報を引き込み、より正確な農薬のアプリケーションに役立ちます。近年、人間の健康と環境の両方に影響する農薬や除草剤などの化学物質の使用を改善し、制限する必要性が高まってきているのです。

農業経営管理のためのIoT

WEXUS:サンフランシスコに本拠を置き、設立以来480万ドルを調達しているWexus Technologyと呼ばれるスタートアップを通じ、 Wexusは、灌漑ポンプ、建物、処理装置、およびソーラーアレイをクラウド技術によって追跡するために、農場のユーティリティデータを接続します。たとえば、灌漑ポンプの効率をリモートで追跡し、メンテナンスが必要なポンプについて、故障の危険性があるポンプについて、または水位の低下などをユーザに警告することができます。

ドローン展開のための農業におけるIoT

AMERICAN ROBOTICS:問題を特定したり生産性を向上させたりするために農地をモニタリングするドローンの使用は別の成長分野です。数年前、分析可能で洗練された近赤外線センサーを使用して何千もの超高解像度画像を収集することが可能なドローンを構築する小さなキャップ会社を紹介しました。ボストンの新興企業であるAmerican Robotics社は、データを雲にアップロードして作物の健康に関するリアルタイムの洞察を得る自律型無人機システムに対して約310万ドルを調達しました。


自律型無人機スカウト クレジット:American Robotics

結論

私たちは今後10年以内、世界がより正確なシステムに移行するにつれ、より多くの栽培者がIoTテクノロジーを採用するでしょう。最終的には、無駄を減らし、多くの成果をもたらすでしょう。

原文はこちら: 6 IoT in Agriculture Solutions from AgTech Startups

世界中でテストされている5G。その技術情報、テスト方法、投資情報を分析 世界のIoTに関するレポート公開中