エネルギー、公益事業分野に変革をもたらすAI。再生可能エネルギー管理、需要管理、インフラ管理で進むAI技術を調査

エネルギー、公益事業分野に変革をもたらすAI。再生可能エネルギー管理、需要管理、インフラ管理で進むAI技術を調査 – 記事

レポートの概要

IoT、クラウド、ビッグデータによるAIの技術コンバージェンスにより、エネルギー分野における多くのアプリケーションの機会が開かれる

人工知能AI)は、世界中のあらゆるビジネス分野を変革する最大の技術トレンドの1つです。AIは、公益事業とアプリケーションにおいて当初の期待を超える新たな可能性をもたらしています。

AIは高度な機械学習(ML)アルゴリズムや深層学習(DL)アルゴリズム、高度なニューラルネットワーク(ANN)を活用することにより、テラバイトの構造化、半構造化、非構造化データをさまざまなソースから処理し、パターンを識別し、データの理解に基づいて予測と推奨を行うことができます。このインテリジェンスは、人間の介入なしに重要な意思決定を効率的に行うことができる無数のスマートアプリケーションを、自律的かつ正確に開発するために活用されています。

現在、世界のエネルギー市場は、脱炭素化、地方分権化、新技術の登場により大きな変貌を遂げています。電力会社、独立系発電会社(IPP)、その他のエネルギー企業は、需要と供給の不均衡を効果的に管理する方法を模索しています。発電に予測不可能な再生可能エネルギー源(RES)の使用が増加しています。

したがって、公益事業、エネルギー会社、送電系統運用者は、再生可能エネルギー技術のアクセシビリティと効率を向上させるためにAI技術を採用する方法を模索しています。AIは初期段階であるにもかかわらず、エネルギー・公益事業部門を変革する大きな可能性を秘めています。

ビッグデータIoTなどの他の技術と組み合わせることで、需要と供給のバランスを取って電力網の積極的な管理を支援することができます。

この市場の洞察は、エネルギー産業のバリューチェーン全体でエネルギーおよび公益事業分野におけるAIの現在および将来の応用を詳細に分析します。

この調査には以下が含まれます:

  • AI、その進化、AIが使用されているさまざまな分野を含む技術動向
  • 業種別動向:さまざまなビジネス分野でのAIの使用、使用例
  • グローバルなAI市場を支配する地理的な採用と主要企業
  • 再生可能エネルギー管理、需要管理、インフラストラクチャ管理の3つの主なアプリケーション分野でのAIの適用

ケーススタディは、業界の特定の分野における現在の課題の概要を示し、AIがマニュアルの方法よりも優れたソリューションになる方法を紹介します。

目次

  1. 第1章 エグゼクティブサマリ
  2. 第2章 研究範囲と方法論
  3. 第3章 技術状況、動向、およびビジネスモデル
  4. 第4章 エネルギーと公益事業
  5. 第5章 再生可能エネルギー管理におけるAI
  6. 第6章 需要管理におけるAI
  7. 第7章 インフラ管理におけるAI
  8. 第8章 成長機会と企業の行動
  9. 第9章 最後に
  10. 第10章 付録

レポート情報

レポート名 Impact of Artificial Intelligence (AI) on Energy and Utilities, 2018
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年09月
金額 $3,000(本記事記事公開時点)
ページ数 71
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

15083

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

製造業に多大な影響を与えているIIoT。その各分野での実装例と将来の成長予測について 世界のIoTに関するレポート公開中