AMH装置市場は、CAGR(年平均)8.2%で2018年の334億米ドルから2024年の535億9,000万米ドルに達すると予測

AMH装置市場は、CAGR(年平均)8.2%で2018年の334億米ドルから2024年の535億9,000万米ドルに達すると予測 – 記事

自動マテリアルハンドリング(AMH)装置市場は2018年から2024年の間に大幅な成長を示します。

AMH装置市場は年平均8.2%で2018年までの334億6000万ドルから2024年まで535億9000万ドルに達すると予想されます。市場の成長を主導する主な要因は、自動化倉庫のためのロボットのソリューションを提供する新興企業の出現の増加、主な産業間AMH装置の人気の増加、グローバルな製造部門の大幅な回復と人件費と安全性の問題の上昇を含みます。しかし、中小企業のためのAMH装置の高い初期コストと高い統合と移行コストは市場の成長の主要な阻害要因です。

予測期間中に高い成長を示すロボットのAMH装置市場

ロボット市場は、2018年から2024年の間に最も高くなると予想されます。ロボットを実装する製造および倉庫運営会社の効率と生産性が大幅に向上します。

また、ロボットを使用すると、人件費を削減し、人材や従業員を負傷から保護し、投資収益率を向上させることができます。これらの利点は、製造装置や倉庫施設でロボットの需要を触発させています。
「予測期間中にCAGRが高まると予想される単位負荷材料処理システムのAMH機器市場」
単位荷重処理システムのAMH装置の市場は2018~2024年の間にCAGRが高まると予想されます。単位負荷処理システムは、簡単に移動することができる単一のデバイスで構成された適切なサイズの項目が含まれています。

一度に多数のアイテムを移動することが迅速かつ経済的な方法です。ユニットロードマテリアルハンドリングシステムは、コスト効率が高く、複数のアイテムを同時に処理することができますので、取り扱いコストとロードとアンロードに必要な移動回数と時間を与えるので、様々な産業分野で広く使用されます。

予測期間中に最も高いCAGRで成長するパッケージング市場

パッケージのためのAMH装置の市場は2018-2024年の間に年平均最高の成長率で成長すると予想されます。パッケージの役割は、電子商取引、飲食、化学薬品、医薬品などの産業で重要になっています。

包装の主な目的は、注文の履行の過程で何度も処理される品目や製品を保護することです。包装工程でAMH装置を使用すると、パッケージの品質が向上します。

この装置は、様々な製品のさまざまなパッケージデザインと複数のパックのサイズで作業することができます。人のミスをなくし、小さく大きく壊れやすい製品の包装を最適な速度で最適化することができます。

APACのAMH装置の市場は、予測期間中に最も高いCAGRで成長します

APAC市場は2018-2024年までの年平均の最高の成長率で成長すると予想されます。この成長は、中国日本インドとのように、世界で最も大きく、急速に成長している経済の一部に起因します。

製品やサービスのための巨大な国内需要と重要なビジネスの成長の機会のために地域の自動車、金属、重機や半導体や電子製品など、さまざまな業界の製造および倉庫単位が設立されました。これは、APACのAMH装置市場にとって魅力的な成長機会を提供します。

CEMAT Asia(2018)、Intermodal Asia(2019)、LOGMAT China(2019)、CEMAT India(2020)、インド倉庫物流ショー(2019)、LOGMATインド(2019)、Chemlogistics India(2019)などの様々な展示会、Logis-Tech Tokyo(2018)は、世界の輸送および物流分野の主要な国際的意思決定者を集めることを目指しています。 これらの展示会では、倉庫とロジスティクスのコミュニティが集まり、ネットワークとビジネスパートナーシップを結びつけることができます。

以下のような報告書の主要参加者のプロファイルのブレークアップ:
•企業の種類別 – Tier 1 – 45%、Tier 2 – 30%、Tier 3 – 25%
•指定別 – Cレベル – 50%、ディレクターレベル – 35%、マネージャーレベル – 15%
•地域別 – 北米 – 40%、ヨーロッパ – 35%、APAC – 20%、RoW – 5%

市場の鍵となる企業には、Toyota Industries(日本)、Jungheinrich(ドイツ)、Daifuku(日本)、Hyster-Yale Materials Handling(米国)、Hanwha(韓国)、John Bean Technologies(米国) KUKAドイツ)、BEUMER(ドイツ)、Fives(フランス)、KNAPP(ドイツ)、Murata Machinery(日本)、SSI Schaefer(ドイツ)、TGW(オーストリア)、Viastore(ドイツ)があげられます。
世界のAMH装置市場は、製品、システムタイプ、機能、産業、地域別に分類されています。製品をベースとしたAMH装置市場は、ロボット、コンベア、ソートシステム、ASRS(Automated Storage&Retrieval System) 、および自動誘導車両(AGV)が含まれます。

システムタイプに基づいて、AMH装置市場は、単位負荷マテリアルハンドリングシステムとバルクロードマテリアルハンドリングシステムに分割されています。AMH装置市場は、自動車、化学、航空、半導体、エレクトロニクス、 食品、飲料、ヘルスケア、金属、重機械などが含まれます。

AMH装置市場は、北米、欧州、アジア太平洋地域(APAC)、およびその他の地域(RoW)の4つの地域に分けられています。

レポートを購入する理由:

  • 製品、システムの種類、機能、業界、地域に基づく市場の例示的なセグメンテーション、分析、予測が実施され、AMH装置市場の全体像が把握されました。
  • バリューチェーン分析は、AMH装置市場の詳細な洞察を提供するために行われました。
  • AMH装置市場の成長の主な推進要因、抑制要因、機会、および課題は、この報告書で詳述されています。
  • 主要企業、詳細な分析、主要企業の収入とともに詳細な競争環境がレポートに提供されました。

Reportbuyer情報

Reportbuyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

注釈

  • 「自動マテリアルハンドリング(AMH)機器」
    出典https://www.jte.co.jp/creative/process/process02.html
    マテリアルハンドリング装置とは
    さまざまな目的、場所、手段で物を移動させたりセッ卜したりして製造や保管、パッケージングなどを補助するマテリアルハンドリング装置です。生産現場ではコンベアシステムを始め、搬送、吊り下げ、昇降、保管、移動など多様なタイプが利用され、経済性、生産性、品質の向上に活躍しています。

原文はこちら: The AMH equipment market is expected to reach USD 53.59 billion by 2024 from USD 33.46 billion by 2018 at a CAGR of 8.2%

IIoTとスマート・マシンの統合が物理的資産と仮想コントロールの関係を変える 世界のIoTに関するレポート公開中