【動画】eWon FlexyのためのRilheva IIoTプラットフォーム

【動画】eWon FlexyのためのRilheva IIoTプラットフォーム

eWon Flexyのために作られたRilhevaのIIoTプラットフォームIIoTのために使われます。ダッシュボードツール、オートメーション、スケジュールルーチン、アラーム表示など使い勝手の良い機能が豊富で、操作は簡単。クラウドにセットアップする必要もなく、IIoTを導入する際の調整や時間を削減できます。またこのプラットフォームは、会社名のラベル等を貼るなどして自社のソリューションとして再販可能です。
Moore IntegrationのWes Mooreです。eWon Flexyのために作られたRilhevaのIIoTプラットフォームのご紹介をしたいと思います。RilhevaはHMSのブランドであるeWonのパートナーです。そしてFlexyはリモートアクセスとIIoTのために使われる製品です。

ReilhevaでeWon Talk2mとデータメールボックス間の接続設定をするには、eWonのアカウント、そしてToolの中のデータ管理をクリックするだけです。そうする事で、Talk2mのクレデンシャルに入る事が出来ます。

設定内のこの部分は、Reilhevaプラットフォームのビューとログインが完全にユーザーから隠されているため、IIoTデータセンタライゼーションのデバイスのビューは必要ありません。

一旦アカウントが追加されると、全てのデバイスはデータメールボックスに情報を送り始め、デバイス名で自動的に表示されます。そしてデバイスをクリックするとFlexyで設定されている全てのタグの名前が全てのログデータとともに自動的に表示されます。

履歴のトレンドは「履歴」をクリックしタグを選ぶだけです。タイムフレームを選ぶのに、ここでは4カ月前をクリックします。そうする事でトレンドを素早く確認できます。

時間をかけずに沢山のログデータを見ることができ、問題がありそうな部分をハイライティングするだけでトレンドを掘り下げる事ができます。そしてそのタイムフレームの、それぞれのタグの最大値、最小値、範囲、平均価値を常に得る事ができます。また、自動レポートをこれらのエリアから作る事もでき、あなたが決定して入力した時間を基に自動でトレンドレポートを受け取る事もできます。また必要があればテーブルデータをダウンロードしてトレンドを保存する事もできます。そして作成したバッチワークを抽出する事もできます。

またドキュメントでは図やマニュアル、表記法、プロジェクト、システムに行われたメンテナンスなどをアップロードする事ができます。

ダッシュボードツールもあり、トレンドのオブジェクト、ゲージ、天候等を作成でき、ビューへのリンクをFlexyのページに追加する事ができます。もし値を読んだり書いたり、何かをオンにしたりオフにしたり、またはアナログ値を設定する必要がある場合、ボタンをダッシュボードで作成する事ができます。

グローバルまたはバーチャルプランを作成することもできます。ここでは複数のサイトからの値を1つのスクリーンに集計する事が可能です。

これらの値に対してKPI計算を実施する事ができるので、パワー消費量の分析等が可能です。

このスクリーンは表示を広げられるタイプで、デバイスが警告を発信した際、Alarmをクリックすると、アラーム状態のデバイスを表示させます。また地図で警告を発している場所を確認でき、デバイスをクリックすると重要な値を表示し、タグの値の概要に素早く移行できます。

この製品にはオートメーションも含まれており、ロジックを作成し、1つまたは複数のデバイスでRilhevaによって実行できます。

スケジュールルーチンも設定可能です。例えば毎週30分稼働させなければならないならば、それを自動で行い、ジェネレーターにより検査され、問題の有無について自動で作成されたレポートを得る事ができます。これにより多くの時間がセーブできます。

このプラットフォームは設定も使い方もとても簡単です。多くのIIoTプロジェクトはクラウド間で調整のための時間を必要としますが、こちらはクラウドのセットアップを必要とせず、デモアカウントクレデンシャルを追加しユーザーを作成、ユーザーがアクセスできるように定義するだけで使用できます。そしてこのプラットフォームはあなたの会社の名前、URL、IOS app、 Android appのラベルを貼る事ができるため、顧客にこのソリューションを自社のものとして再販でき、IIoTの導入する際に多くの企業が直面する課題に取り組む必要がありません。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
世界の産業自動化制御市場、2018〜2222年の間に5.81%のCAGRで成長する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中