Verizon、SAP向けに次世代のグローバル・ネットワーク・インフラストラクチャを構築

VerizonSAP向けに次世代のグローバル・ネットワーク・インフラストラクチャを構築 – 記事

Verizonは、次世代のグローバルネットワークを構築するために SAP によって選択されています。Verizon は、SAP のグローバルネットワークインフラストラクチャを統合し合理化し、よりコスト効率の高いネットワーク管理を容易にします。SAP の最終目的は、社内の接続性とコラボレーション、顧客向けアプリケーションをサポートする安全な安定したプラットフォーム、および世界中の従業員と顧客にとってより優れたエクスペリエンスを向上させることです。

「SAP は、世界中の顧客のための非常に明確なビジョンを持っています。」

と、Verizon Enterprise Solutionsの社長George Fischerは語っています。

「世界は、リアルタイムで企業全体にインテリジェンスを提供し、彼らのビジネスを実行するミッションクリティカルなアプリケーションのために SAP 上でカウントされます。それは私たちが同様に注意を集中する必要があり、それはクリスタルクリアになるように目的のその明快さは、非常に重要です。これは、SAP の急激な成長をサポートできる将来のインフラストラクチャを構築するために、Verizonの革新的なネットワークソリューションを使用する絶好の機会でした。企業がSAPのように急速に成長している場合、ネットワークは基本です。そして、ネットワークは、私たちの中心にあります。」

従来、SAP の社内チームは、Verizonを含むさまざまなテクノロジー企業によってサポートされているグローバル IT 不動産の面倒を見ていました。SAP は、クラウドビジネスの急激な成長により、ソフトウェア定義ネットワーキングを含む次世代ネットワーク技術を使用して、グローバルネットワーク環境の管理を統合し、弾力性と拡張性を実現することを決定しました。顧客に直面する活動に焦点を当てるために自分のまわりの人々を解放します。Verizon は、同社のグローバルリーチ、その広大な、安全で高容量のグローバルネットワーク機能、およびその技術的な専門知識のために選ばれました。
ビジネスをクラウドに移行することによって、SAPはグローバルネットワークインフラストラクチャに注目しました。クラウドベースのアプリケーションにとって重要なのは、グローバルSaaSビジネスを実行するための、大容量で可用性が高く、セキュリティで保護されたネットワークプラットフォームです。

「セキュアで弾力性のあるグローバル接続は、当社のビジネスを実行するために私たちの将来のビジネスの成功と重要なために重要です。」

とThomas Saueressig、SAPのチーフインフォメーションオフィサーとグローバルクラウドインフラストラクチャの副社長は述べています。

「より多くのビジネスをクラウドに移行するにつれて、お客様の成功は、アプリケーションに接続する能力と、それらのアプリケーションが最高水準のパフォーマンスとセキュリティを実現できるよう支援することにかかっています。」

Verizonは現在、2つの主要プロジェクトで SAP をサポートします。まず、Verizonは、データや音声サービスなど、世界中の SAP オフィスをリンクするための新しいグローバルネットワークを開発しています。第2に、Verizon は、SAPのクラウドビジネスを可能にするプラットフォームである、世界中のSAPの顧客向けデータセンターを接続するために、可用性と拡張性に優れたセキュアなインターネット接続を提供しています。

Verizon Communications Inc. (NYSE、Nasdaq: VZ)は、ニューヨーク市に本社を置き、2017の収益で$1260億になりました。同社は、アメリカで最も信頼性の高いワイヤレスネットワークと全国有数のオールファイバーネットワークを運営しており、世界中の企業に統合ソリューションを提供しています。その子会社は、メディアや技術のブランドのダイナミックなハウスで、世界中の人々に達しています。
ここに記載されているSAPおよびその他のSAP製品およびサービスは、それぞれのロゴと同様に、ドイツおよびその他の国におけるSAP SE (またはSAP関連会社) の商標または登録商標です。追加の商標情報および通知については、http://www.sap.com/corporate-en/legal/copyright/index.epx を参照してください。記載されているその他の製品およびサービス名は、各社の商標です。
Verizonのオンラインメディアセンター: ニュースリリース、ストーリー、メディアの連絡先やその他のリソースは http://www.verizon.com/about/news/でご利用いただけます。ニュースリリースは、RSS フィードを介してもご利用いただけます。購読するには、http://www.verizon.com/about/rss-feeds/をご覧ください。

注釈

  • 「グローバル・ネットワーク・インフラストラクチャ」

    グローバル・インフラストラクチャー事例(出典:http://www.fujitsu.com/jp/services/infrastructure/global/

    グローバル・インフラストラクチャー・サービスの特長
    近年、日系企業の海外進出がまずます活発化し、今や海外での拠点設立は珍しいことではなくなりました。しかしながら海外におけるITインフラの構築・運用に関してはノウハウを持つ企業はまだ少なく、多くの企業が何らかの課題を抱えています。
    「海外拠点のITインフラを把握出来ていない。」「国毎にバラバラにITシステムを導入している。」というのは海外ITインフラにおける課題の代表例です。
    富士通は世界各国に展開しているサービス基盤から標準化されたサービスを提供することにより、上記のような課題を解決し、お客様のグローバルIT戦略に準拠したコスト効率の高いITインフラを実現します。

    富士通の取組み
    ○ 海外グループ拠点のサービス基盤強化
    全世界の主要地域にデータセンターおよびサービスデスク拠点を配置し、お客様ビジネスを強力にサポートする環境を整備しています。今後もお客様のニーズに対応するための基盤整備・最適化を積極的に推進していきます。

    ○ グローバル規模での運用プロセス標準化
    サービス品質標準化のコンセプトである「TRIOLE」の下、コスト・信頼性・性能・運用・管理などの要件を考慮しながら、ワールドワイドにサービス基盤とサービス手法の標準化を推進しています。
    6つのサービスカテゴリーにおいても、IT運用のグローバルスタンダードであるITILのベストプラクティスに基づき、サービスレベルの標準化、サービスデリバリープロセスやフローを体系化し、富士通グループ標準のモデルとして整備・適用を順次進めています。各種モデルは、必要に応じて、地域、国、お客様固有の要件に対応することも可能です。
    高度な人材の育成
    運用サービスにおいて核となるサービスマネージャーや運用要員の品質維持・向上のために、富士通グループ各社と共同で教育プログラム「グローバルサービスマネージャー養成プログラム」を開発し、適用を進めています。スキル向上のために、サービス要員相互のナレッジ共有推進の仕組み作りなど、高度なスキルをもつ技術者の育成に取り組んでいます。

原文はこちら: Verizon to create next-generation global network infrastructure for SAP

AIの採用により製造プロセスの完全自動化、応答性の高いマシンを実現。コグニティブ・ファクトリーを可能にする 世界のIoTに関するレポート公開中