Bain&CompanyとBosch Connected Industry、I4.0の専門知識を活用してデジタル化操作の新たなトレイルを開拓

Bain&CompanyBosch Connected Industry、I4.0の専門知識を活用してデジタル化操作の新たなトレイルを開拓 – 記事

Nexeedという名前でインダストリー4.0のソフトウェアとサービスを統合した経営コンサルティング会社のBain&CompanyBosch Connected Industryは、業界内でのデジタルのメリットを最大限に活用しようとする企業に、インダストリー4.0の技術と管理の専門知識を集約するためのパートナーシップを締結しました。
Bain&Companyによると、同社の出発点と個別機会の確実な評価をベースにした体系的なアプローチが不可欠です。あまりにも多くの企業がデジタル変換を開始すると、デジタル変換の真の短期的および中期の可能性がある操作でデジタル化の価値を無視したり、過小評価し、ビジネスモデルの変更に焦点を当てています。運営のデジタル化は、内部資金調達の重要な源となり、正しく実行したら効率が15〜20%向上させることができます。

Bain&Company Munichオフィスの産業パートナーであるJörgGnammは

「生産の間接およびサポートのプロセスのようなすべての機能を使用して製造工場の効率性と柔軟性を最大化するように圧力を受けています。しかし、ほとんどの企業は、体系的ではなく分離されたデジタル化の努力をもたらす構造的なアプローチの不在により、デジタル変換の可能性を最大限に発揮することは困難です。」

と語っています。
Bain&CompanyとBosch Connected Industryは、革新的なのプロセスの最適化と技術ソリューションの実装をサポートに至るまで運営全般にわたる総合的なデジタル化の体系的最先端のアプローチを使用して未開拓の価値分野をより効果的に識別します。
Bain&Companyは、デジタル変換のすべての側面を管理するかなりの専門知識を持っています。同社は、デジタル機能をすべての産業と技能実習分野に適用して、人間中心設計、プロトタイピング、ソフトウェアエンジニアリング、デジタルマーケティング、高度な技術の専門家を含む、独自の高度デジタルおよびプロダクトチームに重要なコンサルティングサービスを強化します。

Bosch Connected IndustryはBoschのインダストリー4.0ソフトウェアとサービスをNexeedという名前でバンドルされて、顧客が全体の価値の流れを接続するようにサポートします。このソリューションは、従業員の日常業務を簡素化し、透明性、敏捷性、コスト、品質、時間の面で生産と物流プロセスを最適化します。Bain&CompanyとBosch Connected Industryは一緒にデジタル化のための150種類以上の使用事例を収集しました。お客様は、全世界の280以上のBosch工場の経験を活用することができます。

「私たちの目標は、企業や従業員が、透明で効率的であり、接続された工場のネットワークを構築することができるようにサポートすることです」

とBosch Connected Industryの代表Dr.-Ing. Stefan Assmannは語りました。

「そうすることで、私たちは正しいアプローチと適切なソリューションを決定するだけでなく、全体の変形プロセス全体の顧客をサポートします。私たちは、この分野での包括的な経験とBain & Companyの統合デジタルアプローチが産業や製造会社がデジタルの可能性を最大限に発揮できるように助けることを信じています。」

Bosch Connected Industryは、そのサービスを補完する最高のツール、技術、およびサービスプロバイダを一つに集めるBain Allianceエコシステムのメンバーです。Bainのチームは、これらのパートナーシップを活用して、より迅速かつスマートに業務を遂行することにより、企業が戦略コンサルティングビジネスを再定義し、そのポートフォリオから他の業界の最先端の技術革新を統合する使命に集中することができます。

Bain & Companyの紹介

Bain&Companyは、世界のビジネスリーダーが結果を望む時に来る経営コンサルティング会社です。Bainは、戦略、運営、情報技術、組織、プライベート・エクイティ、デジタル変換と戦略、合併や買収、顧客が行動して変更スティックを作る技術を移転する実用的な洞察力を開発し、お客様にアドバイスします。会社は手数料を結果に接続して、顧客とのインセンティブを調整します。Bainは1973年に創立されて以来、36カ国に56個の支社を置いており、その専門知識と顧客リストは、すべての産業と経済分野をカバーしています。詳細については、http://www.bain.comを参照してください。Twitter@BainAlertsでフォローしてください。

注釈

  • 「インダストリー4.0」:インダストリー4.0とは何か?ドイツが官民一体で進める「第4の産業革命」(引用元https://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20140717/268842/

    ドイツでは、「第4の産業革命」が進んでいる。工業のデジタル化によって21世紀の製造業の様相を根本的に変え、製造コストを大幅に削減する。「インダストリー4.0(Industrie 4.0)」と呼ばれるこの巨大プロジェクトにドイツが成功すれば、高コスト国としての悩みは一挙に解消できる。ドイツ連邦政府、州政府、産業界、学界は今、総力を挙げてこのメガ・プロジェクトに取り組んでいる。
    日本では知られていない巨大プロジェクト
    ドイツと同じ物づくり大国・貿易立国である日本で、インダストリー4.0はほとんど知られていない。新聞やテレビも、この革命の実態を詳しく伝えていない。だがこの産業革命は、日本にとっても大きなインパクトを持つ。もしも我が国の産業界がこの波に乗り遅れた場合、ドイツに大きく水を開けられる危険がある。
    「工業のデジタル化」というと、読者の皆さんの中には、「日本でも工業用ロボットなどによる生産工程の自動化は進んでいる」と思われる方が多いだろう。しかし今ドイツが官民一体で進めているこのプロジェクトは、これまでの生産工程の自動化よりも規模が大きく、深いものになる。
    インダストリー4.0は、生産工程のデジタル化・自動化・バーチャル化のレベルを現在よりも大幅に高めることにより、コストの極小化を目指す。現在ドイツの電子機器メーカーや自動車メーカー、IT・通信企業が必死に取り組んでいるのが、スマート工場つまり「自ら考える工場」の開発である。
    中核は「考える工場」
    毎年4月に、ドイツ北部の町ハノーバーで、世界最大の工業見本市ハノーバー・メッセが開かれる。今年のハノーバー・メッセでは、インダストリー4.0が焦点だった。
    見本市会場を訪れたアンゲラ・メルケル首相は、ある模型の前で足を止めた。それは、ベージュ色のプラスチック素材で作られた、未来の自動車工場の模型である。ドイツ最大の電機・電子メーカー、シーメンスが独フォルクスワーゲンと共同で開発中のスマート自動車工場の概念を立体化したものだ。
    シーメンスのジョー・ケーザー社長が、マイクを片手に解説する。スマート工場は、生産施設をネットで結んだ生産システムである。インダストリー4.0の世界では、製造に関わる企業は物理的に近い場所にある必要はなく、ネットによって結合されたバーチャル・クラスターを形成する。
    これまでクラスターというと、自動車部品メーカーや組立工場が一定の地域に集中するクラスターを指した。生産コストが比較的低い中東欧のチェコハンガリースロバキアなどに形成されていた。

原文はこちら: Bain & Company, Bosch Connected Industry Combine Their Industry 4.0 Expertise to Blaze a New Trail for Digitalizing Operations

グローバル5G市場 – 5年間で約97%のCAGRで拡大し、2025年には251億米ドルの価値に達する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中