IoTが物流業界に影響を与える3つの主要な方法

IoTが物流業界に影響を与える3つの方法 – 記事

1.効率的なヤードと倉庫管理

サプライチェーンのエコシステムで最も重要な部門は、流通センター、倉庫、ヤードです。企業がこれらのユニットのパフォーマンスを向上させると、それは会社機能の効率の向上となります。

 IoTが物流業界に浸透すると、管理者ははクラウドを介して商品、在庫、車両を追跡できます。
これは、RFIDタグを介して互いに接続された何千ものマシンによって可能になることです。ローカルレベルでは小包とパレットが相互に通信し、グローバルレベルでは企業ベースのサーバーが移動の状況や進行状況を絶えず追跡します。

現在移動中の場所がデジタル情報に変換されると、荷物の追跡を自動化できます。
また、人が介在する役割が減ることによって、ヒューマンエラーを減らし、過重労働を減らすことができます。

2.移動中の視認性を高める

荷物が出荷された時点から到着した時点までを追跡するのは簡単です。
これは、特定の配送ポイントに配置された人間によるバーコードのスキャンによって行われます。

ところが追跡システムにIoTを実装すると、すべての小包/バン/パレット/トラックにRFIDタグを付属し、その場所のデータが自動的に更新され、人の労力は荷物の積載をするのみとなります。

荷物が車両に積載されると、運送業者はその情報をクラウドを介して会社(およびそのデジタルプラットフォーム)に送信します。送信されるデータは、位置から温度情報までの広い範囲を網羅しています。

3.フリート管理の強化

現在、サプライチェーンは、イベントが発生した後に対策が行われるリアクティブモードで動作しています。
将来、IoTがロジスティック領域に完全に浸透すると、サプライチェーンはプロアクティブモードで実行されるようになります。
ネットワークの異なるノード(小包、トラック、バンなど)からのセンサデータは、RFID受信データおよびGPSデータと融合され、荷物の状況に関する情報を受信します。天候や事故の可能性がある場合には、デバイスを制御するだけでなく、遅延を顧客に知らせるといったように、積極的な対策を講じることができます。

サプライチェーンの運営者は、ドライバーと車両の性能をチェックすることができます。エンジンの回転やギヤボックスの故障のような要因は即座に検出され、時間のかかる修理を避けるために社内に情報が送信され、タイムリーな修理が可能になります。

Internet of Thingsは、物流業界を次の進化への段階に導くためにあります。

原文はこちら: 3 major ways in which IoT will affect the logistics industry

保険業界におけるブロックチェーンの影響。IoTとスマートコントラクトを組み合わせることで、新しい製品やサービスを提供する... 世界のIoTに関するレポート公開中