【IoTおすすめ本】IoT時代の競争分析フレームワーク

IoTおすすめ本】IoT時代の競争分析フレームワーク – 記事

自動車業界はどこへ向かうのか?Uber、Airbnbは何を変えたのか?マイクロソフト、アップル、グーグル、アマゾンの戦略とは?業界の競争構造を分析。ネットワーク化で競争の構造が変わる!

内容紹介

あらゆる業界で従来のビジネスを大きく変える“レイヤー構造化(多層化)”が進行している!
ネットビジネス/リアルビジネスそれぞれについて,従来の業界構造を分析し,どのような要因によって業界構造がどのように変わるのかを示す。

目次

  1. 第1章: バリューチェーン戦略ではもう勝てない
  2. 第2章: 市場のレイヤー構造化と競争戦略 ― マイクロソフト、アップル、グーグル、アマゾン
  3. 第3章: 業界別動向1 ― ネットビジネス
  4. 第4章: 業界別動向2 ― リアルビジネス
  5. 第5章: どのようなビジネス/サービスが求められているのか
  6. おわりに: 産業のレイヤー構造化(多層化)に対応する戦略のポイント

書籍情報

書籍名 IoT時代の競争分析フレームワーク
著者 早稲田大学ビジネススクール根来研究室
販売開始日 2016-06-30
金額 ¥2,700(本記事記事公開時点)
ページ数 234
出版社 中央経済社

関連情報

情報の更新: 2018年09月26日現在

エネルギー、公益事業分野に変革をもたらすAI。再生可能エネルギー管理、需要管理、インフラ管理で進むAI技術を調査 世界のIoTに関するレポート公開中