【日本海外事例集】東芝デジタルソリューションズとNebbiolo Technologiesは、産業用IoT戦略的パートナーシップ契約を締結

東芝デジタルソリューションズNebbiolo Technologiesは、産業用IoT戦略的パートナーシップ契約を締結 – 記事

東芝デジタルソリューションズ株式会社(東芝)とNebbiolo Technologies Inc.(Nebbiolo)は本日、最先端のフォグ・コンピューティング技術を使用して産業用IoTソリューションを導入する戦略的パートナーシップ契約に調印しました。
この戦略的パートナーにより、産業用IoTアーキテクチャと、仕様をサポートする新しいビジネスを推進するインフラ製品の完全な組み合わせが実現されます。

今回のパートナーシップは、統合された集中管理、アップグレードされたセキュリティ、高可用性を実現するための仮想化されたフォグプラットフォームを使用して、古くなっている産業用オートメーションフロアに配置されているハードウェアおよびソフトウェアの近代化をすることで、全体的な運用効率を向上させます。

さらに、このコラボレーションは、コンピューティングノードに使用されるフォグインフラストラクチャと産業機械をサポートするIoTゲートウェイで、東芝のSPINEX IoTアーキテクチャを拡張します。
このコラボレーションの目的は、高度なデータ分析と機械学習を提供する能力と統合された、資産管理とライフサイクル管理を可能にすることです。

Nebbioloは前述の目標を達成するために東芝のIoTソフトウェアプラットフォーム機能を強化します。
東芝は、Nebbioloのフォグ・コンピューティング・プラットフォームを活用して、接続、セキュリティ、データ蓄積、ビジュアライゼーション、および管理を備えた完全な産業用IoTソリューションを開発し、統合します。

東芝は、IoTアーキテクチャのSPINEXを顧客に提供し、ビジネス効率を向上させることを支援します。
SPINEXは、データ接続プラットフォーム「Meister Digital Twin」、エッジコンピューティングおよび分析AIサービス「SATLYS」から構成されます。
SPINEXは半導体、産業および社会インフラシステムのさまざまなセクターに適用される東芝グループの豊富な産業知識と専門知識を活用して開発されました。
東芝は、自社工場で生成された膨大な量のデータを実用的なインテリジェンスに変換する必要があるので、エッジコンピューティングの重要な役割を認識し、Nebbioloのフォグコンピューティングプラットフォームを使用してこの技術の開発と改良に注力しています。また、東芝の分析AIサービス「SATLYS」は、正確な認識、予測、原因推論、異常検出、故障予知、行動推論を可能にします。

Nebbioloのフォグコンピューティングプラットフォームは、高度に機能的なfogOSスタックによって駆動され、fogSMシステム管理者によって集中管理されるfogNodeに基づかれており、現在の産業オートメーションの課題の多くに対応しています。
これはハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを仮想化して統合します。
またエッジで分散アプリケーションのソフトウェアライフサイクル管理を集中管理します。
リアルタイムのワークロード、分散セキュリティ、ソフトウェアSDK/API、ITのようなデータ管理のためのOT/OTおよびOT/IT分離とTime-Sensitive Networking(TSN)のためのアプリケーション定義のネットワーキングをサポートし、産業制御の未来フォグベースのアーキテクチャにより、混乱を最小限に抑えつつ、現代の産業インフラストラクチャを徐々に実装することが可能になります。

「このパートナーシップは、産業界におけるIoTソリューションの開発に貢献しています。」

東芝デジタルソリューションズの社長兼CEOである錦織弘信氏は述べています。

「産業界の顧客は、IoTソリューションをビジネスに活用したいと望む一方で、セキュリティリスクや不透明なROI問題などの懸念から、投資を躊躇しています。
Nebbioloの高度なフォグ・コンピューティング・インフラストラクチャを使用して、顧客の懸念を払拭し、最適なソリューションを提供していきます。」

Nebbiolo CEOのFlavio Bonomi氏は、次のように述べています。

「当社は、業界のフォグインフラストラクチャの戦略的パートナーとして、新しいアーキテクチャの初期提案者である東芝デジタルソリューションと提携するのを、とても嬉しく思っています。
優れたカスタマーサポートとシステムインテグレーションを組み合わせた革新的な技術を提供する東芝の戦略は、お客様にとって非常に重要であり、産業IoTエッジアプリケーション向けのハイパーコンバージドインフラストラクチャの開発と展開を加速することができます。
OTとITの深い統合により、お客様が望む結果を達成するためには、機械学習やフィールドバスが必要不可欠です。
私たちは、東芝との緊密な連携により、日本国内外でのプレゼンスを広げ、産業の未来を推進していきたいと考えています。」

東芝デジタルソリューションズ株式会社について

東芝グループは、社会インフラ、エネルギー、電子デバイス、デジタルソリューションの4つの主要ビジネス領域に焦点を当てた世界的に競争力のある会社組織です。
東芝デジタルソリューションズは、グループの主要な事業のうちデジタルソリューション事業の中心的な推進役であり、デジタル変換を加速するシステムインテグレーションとデジタルサービスソリューションを提供しています。
東芝デジタルソリューションズは、社会インフラ事業や製造業で東芝が140年以上培ってきたノウハウをもとに、IoTやAIなど最新のICTを組み合わせて、顧客や社会との新たな価値提案を創造します。

Nebbiolo Technologies Inc.について

Nebbioloは、産業用および商業用IoTソリューション向けの最初の「フォグ/エッジインフラストラクチャ」の開発とフォグ・コンピューティングのパイオニアです。
Nebbioloのソフトウェアプラットフォームは、産業IoTエッジアプリケーション、高度化されたAI解析、リアルタイムIoTデバイス制御、および「モノ」からクラウドまでのエンドツーエンドのセキュリティを実現する先進的なハイパーコンバージドインフラストラクチャを業界にもたらします。

Nebbioloのテクノロジーは、レガシーOTを簡素化し、近代化しますが、新しいクラスの産業IoTアプリケーションである、監視と診断、機械性能の最適化、予測保守、高度なリアルタイム制御ユースケースに高度なデータサービスを提供することによって、産業界の発展に寄与します。

原文はこちら: Toshiba Digital Solutions Corporation and Nebbiolo Technologies Inc. Sign an Industrial IoT Strategic Partnership Agreement

世界のLTE&5G市場 – 2021年までのデータと予測 世界のIoTに関するレポート公開中